w-inds.「INVIDIBLE」福岡・広島・新潟・名古屋ライブ

神戸・大阪の後、4公演行って来た。
8/11(金) 福岡市民会館 (2列)
8/13(日) 上野学園ホール(3列)
9/9(土) 新潟県民会館 大ホール(7列)
9/16(土) 愛知県芸術劇場 大ホール (4列)
1つは当日の幸運だったのだけど、それにしてもにゃんと涼席続き。神戸も4列目だったし、今年は一体どうしたことでしょう成績優秀みたいな(笑)
あるときは、広島人。w-inds.好きじゃけぇcrew
DSC_0693.jpg
また、あるときは、名古屋人。w-inds.デラ好き組員
1505823140706.jpg
しかして、その実体は!?
img20090308_p.jpg

福岡の2列目は、本当に近くて、しかも慶太クンのソロの時、真正面
まさに飛び散る汗を目の当たりにした。
その夜は、やま中でもつ鍋。
慶太クン達は、ここのもつ鍋DHAF4pzUwAAV_Tp.jpg
DKPtv1yUEAAheDS.jpgDHA7jHMVwAAyUcd.jpg
INDOにも彼らは、行ったそう。会場のCD販売も、INDOさんだった。
DG8svODVoAAygRR.jpg

広島では、今年も美味しいランチを皆で食べた。
ライブでショックだったのが、アンコール曲が変わったこと。
ガガガ--ン
In Love With The Musicから、Feel The Fateに
もう、せっかく過去曲一切無しの新しいw-inds.ライブだったのにな。いつかのMCで龍ちゃんが言いそこ間違いで、「これまで盛り上がれなかった人は、次の曲で!」と言ったくらい、本当に最後の力を出し切って盛り上がれる曲なのに・・・・
花火大会で言えば、最後の最後にドドドン!ドーン!!と一番派手にぶちかますヤツだったのにな。
でも、古参ファンは、けっこう喜んでるらしいので、アンコールでは、そういう気持ちも考慮したのかな?

新潟では、友人mさんが、バクステ当選
なんか、当たる気がしてたんだよ。「ヤッター!!!」と、Bさんとも大喜び。おかげで、打ち上げが一層盛り上がった
私の新潟ライブは、今年で4回目。
新潟は、ほんとに食べ物が美味しい。今年はYさんには会えなかったけど、友人2人が歓迎してくれる新潟は、居心地が良い。
そう、私は新潟人でもあるのだった

名古屋では、久々に2人の友人に会えた。
ライブは見れないのに、「空気を吸いたい」「mayさんに会いたい」ということで来てくれたmくん。そして、久々にoちゃんも参戦。
久しぶりに話せて、とっても楽しかった。
2人とも、色々あってライブになかなか来れないのに、w-inds.愛と慶太愛は、全く変わってなかったよ
名古屋でのお知らせ
香港公演開催決定! 
11月11日(土)開場19:15 / 開演20:15
会場:Kitec-Star Hall 九龍湾国際展覧中心‐匯星
今年も、行けません~
自分は行けなくても、今年も香港で開催されることが、嬉しい。めでたい!!

さあ、残るは27日の武道館
私の涼運もついに尽き果てて、最後は宇宙からの参戦。
ままま、最初から「今年のライブは、遠くからも良いのよー!」と言ってたからには、きっちり責任を取りましょう。
武道館があるってことが、嬉しいもんね

幸運・強運な方からのお裾分け。
お借りします。
~名古屋ライブ~
     

社長さん!?

私がすっかりナマケモノに変身してる間にも、慶太クンは精力的に仕事に励んでいた模様。
個人事務所を作っていたとは!!
前から、いつか慶太クンは会社を作ると思ってた。まさか、こんなに早いとは(^^)
おそらく、私の想像では、曲を制作するようになりDMDも作るに至り、橘慶太名義の物が必要になったのだろうと。
で、今回、あややが前事務所を辞めるタイミングで、何かと都合が良いから橘事務所に入ったんだろね。その方が経済的。
いつぞや、週刊誌に「あやや、夫のプロデュースで復帰」なんて記事が出たけど、うーむ、つながったか!?実際、どんな活動をするのかしないのか分からないけどね。
ままま、確かに色々謎が多いのよ。大体、DMDのこともメンバーとか経緯とか知らされてないし。個人事務所のことも、初めて知ってビックリしつつも、「ほお、そうなんだー」と感心するしかない。とにかく、良い方向に進んでるのには間違いないと思う。

慶太クンのインスタの顔をポチッとしたら、こんな文が出てきた。あれ?こんなの前からあったっけ?
ちょっと意味深。
shot_2017-09-17_13-04-02_convert_20170918122654.png
私達が思っている以上にw-inds.の状況は過酷なのだろう。
そう言えば、慶太クンが曲作りをするきっかけは、「もし誰からも曲をもらえなくてもCDを出せるように」と思ったからだものね。
彼は、自分のことだけでなくw-inds.のことファンのことを考えて行動してるんだと思う。

mayQの呟き
「慶太クン、w-inds.crewは慶太クンが思ってるよりも強い人達が居るから、安心して進んでね。私も強くなったんだから、任せてください!」

今回のことは驚きと同時に謎が多いけど、そんなに騒ぐことでもなかろうと思う。
名古屋ライブは、いつものように楽しかったし、慶太クンは「曲を一杯作りたい。年内にw-inds.の新曲を出したいね!」と言ってた。TimeHasGoneが未だ発売前なのに(笑)でも、やる気満々なのが嬉しかった。
心配性のファンは、分からないことに不安感を持っちゃうんだろね。
しかし、ファン卒した人には、あれこれ言われたくないね。戦友だったなんて、とんでもない話だよ

「何の心配もなくw-inds.について行きます!」
この言葉は、永久不滅

武道館ライブ、香港ライブ、楽しみ
↑        ↑
宇宙席     行けない  →が、しかし、楽しみ

そうそう、実は最近、私と友人の中で「橘夫婦危機説」が出てたのよ
あまりにも慶太クンが、家で仕事に励み過ぎる上に(これは、仕方にとしても)、夜中にゲームにまで興じるようになって。これは妻としては腹が立つのでは!?と。
それと、バクステで間近に見た慶太クンがあまりにもカッコ良くてセクシーなもんだから、「家庭人が、あんなフェロモンを無駄に出すわけがない!」という理由から、危機説が浮上したの。
いやはや、何とも、全くの的外れでありました
外れて、良かった、良かった
そして、フェロモン万歳
インスタ2
     

とうとう、私は・・・・

こんな姿になってしまった。
ナマケモノ
可愛いような、気持ち悪いような・・・
4dMhm7jG_400x400.jpgナマケモノ

毎日、こんなん
img20090308_4_p.jpg

一体、私はブログを再開することができるのだろうか・・・・・
     

ツイッター

城田優くんが、突然呟いた。 

123_20170807214908c48.png

789.png

000_2017080721490817e.png



456.png

経緯がさっぱり分からないけど、楽しい

DGlKyIvU0AA4sDg.jpg
この彼は、小学生の頃からファンだったそう。「姉貴の人脈には驚かされる笑」って、そんな姉貴が欲しいぜ!
でも、おかげでお裾分け、ありがとうございます。

8月6日
XzYHEAs7_bigger.jpgスタジオを少しオシャレに改装中。
スタジオ
なんと妖艶なスタジオですね~

ツイッターは手軽に発信できて、手軽に反応できる良さがあるね。
私は8~9割受け身だけど、ぼちぼち楽しんでる。
慶太クンのツイッターは、「緩急剛柔」
時に優しく、時に厳しく、時にかたく、時に柔らかい。

7月28日は
「そこでしか輝かない音楽がある。
そこでは輝かない音楽がある。

宣伝の為に歌う訳じゃない。
無理に過去の名曲や最新曲を歌うのは好まない。

その場所で輝く音楽を選んで歌って踊る。
そうであって欲しい。」

スカパーサマーフェスのセトリのことかな?と思い、リプしたよ。
mayQ
「フルコーラス」と言う番組は、文字通りフルコーラス披露と生バンドが決め手ですものね。それを100%生かしたセトリだと思います。真っ向勝負に出ましたね!一方、INVISIBLEライブは、違う攻め方で現在進行中を魅せつける。w-inds.最強です。魂を売らず、理想を追求してほしい。

7月30日は
「スタバの優しいお姉さんがスヌーピーを書いてくれたよ。
過去一番の出来なんだって素敵な笑顔で言ってくれた。
でも、もはや象にしか見えないよ。笑
優しさをありがとう。
おやすみなさい。」
20481810_325282497895480_5025772272225353728_n.jpg
DF_1pqTU0AAQ-Aa.jpg

レインコートのCM発信は、緩く柔らかく、それでいて鋭く購買意欲を突いて来て、最高だったね
11_2017080423141265c.png
レインポンチョ、きょう、さっそく着たよ。きょうみたいな、雨だけでなく風が酷くて、とても傘なんてさせないとき、とっても重宝する。バッグも斜め掛けして着けたまま、ポンチョを着れるし。冬なら、コートの上からでも余裕ある。
袖は、ボタンで短くもできるの。
私みたいなチビッ子だと、全身すっぽり守れます
123456_convert_20170807231449_convert_20170807231617.png
売り上げUPするには、新曲のフリーライブをしなくっちゃ!雨の日に
     

w-inds. LIVE TOUR 2017 “INVISIBLE”大阪(追記有り)

8月5日(土)18:00~
グランキューブ大阪

今日は、最前列センター・・・と言ってもCブロック
「今年のライブは後ろが良い!!」とPRしてたら、ほんとに自分の担当の福岡チケットも後方になっちゃって、トホホなんだけど、実際、後方からの眺めは抜群。
やっぱり、後方の方が、遠近感を生かしたステージを堪能できる。
⑮Drop Dropは、斜面の電飾が立体的に浮き彫りになる仕組み。それも、後方の方がちゃんと見れる。⑯Time Has Goneでは、涼平ソロと龍一ソロの時に、慶太&ダンサーがそれぞれ歌ってない所に移動するのだけど、斜面だから全員の姿が見れて迫力がある。⑲SAY YES の床でのパフォーマンスも、斜面だからこそ、しっかり見れる。
⑯Time Has Goneは、MV同様、ライトも電飾も2色が基本で、シンプルな演出がかえってシックで良かった。これも斜面を生かしてた。
逆にネオンのように派手なライティング・電飾なのが、RemixのNew World やIn Love With The Music 。オーラ炸裂のド派手な演出が効果的だけど、ちょっとダンスが分かりにくくなる面もあると思った。
前の席だと、表情も動きもよーく見えて良いけど、手品の仕掛けが分かっちゃうみたいな感じにもなるのよね。後ろだと、目の錯覚もあって、すごく凝った作りに見える。
今回、2daysで、両方を味わえた私は、贅沢させてもらった。

そうそう!分け目速報
慶太クンは、前髪有りのイケメンヘア。
しかも、サングラスは、最初の3曲だけ!アンコールもNoグラサン。
慶太ソロの時、即興で龍一クンのギターに合わせて、慶太クンが歌ってくれた。これは、めちゃくちゃ嬉しい出来事!挑発してくれた関西ファン、ありがとう

今日も、アンコールのMCは、龍一クンの感謝と感動の言葉だけ。どうしちゃったんだろね?

関係者席の通路から3番目のお兄さんが、素晴らしいノリだった。終始、ステージ上のw-inds.やダンサー並のノリノリ。ついつい見てしまった。
いったい、どういう関係者だったんだろ?

ステージの図を訂正
DSC05583_convert_20170826205139.jpg

越谷で描いた図は、三角錐になってなかった
斜面の三角形は、私が前に描いたのよりも面積が広くて、側面の三角形は、直角・30°・60°の三角定規の感じ。
斜面でのダンスは脚に負担があると、以前言ってたけど、この傾斜は様々な効果をもたらしている。一体、誰の発案なんだろう?今年のライブの1番のお手柄だと思う。

今日のMCも絶好調
MCや、その他感想は、また明日

追記
MCとか気付いたこと(順不同)
①今回のライブでは、各自の自己紹介がない。
前に慶太クンが涼平クンの自己紹介の仕方について、話したでしょう?あれから?(^_^;)
②アンコールのMCが、神戸も大阪も無かった。ちょっとお礼を言うだけだった。
③「We Don't Need To Talk Anymore」のボーカルドロップの所で、ライブでは「We Don't Need To Talk Anymore」と生で歌ってくれたのが、大阪では無かった。
④最初の衣装の綿を抜いてもらった。会場から、大きな拍手が起こった。やっぱり、みんな心配してたんだよね、暑そうだから。
「みんな、優しいねー」って言ってくれた
龍一「皆さんに、抜いた綿をプレゼントします。」(笑)
少しでも暑いのが軽減されたかな?
⑤涼平&龍一ユニットについて
龍一「今回は、歌っただけだけど、次はダンスもつけたいね。」
慶太「2人がユニットを組むとしたら、どんな名前がいい?」
ファン「道産子ー!!」
慶太「それは、ちょっと・・・・。売れてから、後悔しそうな名前だよね。」
涼平「道産子って、僕達以外もいっぱいいるしね。」(と、ニッシーとか大輝とかの名前を出す)
龍一「みんな一緒に道産子でやればいいね。」
涼平「でも、会社の壁があるからね。」
龍一「なんで、お前は現実的なんだよ!そうやって夢を壊すようなことを言うなよ!」
涼平「だって、夢を持たせておいて、やっぱり駄目ですって言う方が、夢を壊すでしょ?」
龍一「でも、俺、ユニット組むなら、涼平と2人がいい。」
ファン「きゃあ~」
涼平「俺もお前とがいい。」
ファン「きゃあ~」
この時、慶太は1人、水飲み場に居た。
2人がステージの真ん中で・・・・
慶太「帰りづらいなあ・・・・」
「ユニット名前は募集でもいいよね。」と龍一クンが言ったんだけど、何度聞いても、「道産子ー!」という答えばかりだった。(笑)
いいじゃないっすか?DOSANKO
⑥涼平クン、この前「ピカイチ」で大阪に来たと言って、ちょっとだけ豪徳寺孟になった昔、キンコンとNHKの番組に出るために毎週大阪に来てた話もした。
⑦12公演中6公演目
龍一「きょうが、6公演。あれ?5公演だっけ?」と言って、挙句に「どっちでもいいか?」には、笑った。PA席のスタッフ2人も笑ってて、おかしかった。そのスタッフさん、他の場面でもよく笑ってました
で、龍一氏「6公演目ともなると、余裕が出てくるんですよ。・・・・?」(と2人の賛同を期待してるが、ちょっと反応が薄くて、早くも不安げ)
涼平「僕は、毎回、初日の気持ちですけど。」
龍一
慶太「僕も、毎回初日の気持ちです。」(と言って、涼平の隣にぴったりと立つ。)悪魔が来たりて、笛を吹く
龍一
龍一「回を追うごとに余裕が出て来たと思うんですが、ライブが始まると、また初日の気持ちになるんです。」
「同じです!!」と言って、2人の所に行って、3人並ぶ。
会場、拍手ーー
⑧龍一クンは大変
上記のように、ヒヤヒヤな龍一クン。慶太ソロでも
慶太ソロの前に、「橘、頑張れー!」とファンから声が上がった。「頑張って」とか「面白い事言って」とか。関西人、挑発が上手い。
そこで、2人がよくやってる即興セッションを披露してくれたのだけど、龍一クンのギターが重要。先ず、弾いた曲が慶太クンに「ちょっとPOP過ぎるな。もっとおしゃれなのを弾いてよ。」とダメだしを食った。いくつか鳴らして、始まった即興とは思えないくらい、素敵だった。龍一クン、MCでは面白いことを言って頑張ってくれるけど、このときは、寡黙な役どころで、それもカッコイイ。
慶太クンは、白いシャツの袖の部分に黒のライン。パンツは黒で、脚が細くて長いから、ほんとに王子の様。しかも、大阪は前髪有りですからねちょっと毒舌王子だけどね
⑨アンコールの服が、私の見た4公演中4つとも、涼平クンと龍一クンが白で、慶太クンが黒。男性ダンサーさん4人が白で、女性ダンサーが黒(袖を切って、丈も短く、ピタT)なので、9人で踊る時の色のバランスで、そうなってるのかもしれない。
⑩慶太クンのCM効果で、私もレインコートを購入。友人が、「そりゃあ、慶太ファンは買わないとね!」と言ったけど、いやいや、いやいや、道産子ファンもどうぞ!涼平クンも龍一クンもCMして~
⑪神戸では、「Remixは、馴染めない~」と言ってた相方2人も、大阪では「良かったー!!」と言ってた。でしょ?でしょ?
⑫関係者席のノリノリの彼は、オリラジの中田敦彦さんだったようです。mipoさんが、「オリラジのあっちゃんに見える」と言ってたのだけど、私は分からなくて・・・。ツイッターで呟いたら、「オリラジのあっちゃんですかね?」と教えてもらえたの。RADIO FISHのメンバー3人も一緒だったみたい。
いや、ほんとに、彼の乗り方は只者じゃなかったのよ。ペンラも持たず、腕を振り回すのでもなく、派手に動いてるのではなく、ステージと体が一体化してる感じ。なんかね、後からも真剣さが滲み出てるの。お客さんなのにね。
関係者席で、あんなに心底参加してる姿を見たのは、初めて。
⑬ライブ後は、mipoさんと2人で打ち上げRuuさん、居なくて寂しかったけど・・・
mipoさんは、他に王子が居るんだけど、毎年w-inds.の夏ライブに参加してくれるの。神戸・大阪は必ずで、、時には他地方にも行ってくれることがある。ファンクラブライブも、必ず関西のに行ってくれる。今年も、すごく良かった!と言ってくれたよ。できれば、もっと行きたいくらいだとも。嬉しいねー
⑭最後にはけるとき、慶太クンと涼平クンが「どうぞ、どうぞ」「お先に、どうぞ」と相手に譲り合う光景が・・・。暫くやってて、龍一クンが呼びに来て、2人で仲良く並んではけて行った。
神戸では、最後に、涼平クンがステージに置いてある水を飲んでから、最後に帰っていった。

プロフィール

may

Author:may


最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック