美女と野獣

T0021476p.jpg
ストーリーを知ってるから、面白さは半減だな~と思いながら、観に行った。
ところが、どうしてどうして、とても面白かった。良かった。
野獣が倒れて、薔薇が散って、召使たちが次々に本物の道具になっていくとき、泣いてしまったハッピーエンドだと知ってるのに、なんでやねん~
現代は、ほんとに贅沢。時計や燭台やポットやカップや箪笥などなどが、動いて喋って歌う姿を表すのは、昔はアニメじゃないと無理だった。それが、今や技術の進歩で、めっちゃリアルに映像化してくれる。「ひとりぼっちの晩餐会(Be Our Guest )」の楽しいこと!
変に話を変えたり脚色したりせず、魔法のように実写化してくれたのが嬉しかった。

俳優さんたちの歌が上手いのにも感心する。
主役のエマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス、恋敵のルーク・エヴァンス、召使のユアン・マクレガー、エマ・トンプソン、ググ・バサ=ロー、イアン・マッケラン等々。
私は、ぜったい洋画は字幕派。目と耳で、演じる俳優たちを味わいたい。
「レ・ミゼラブル」のヒュー・ジャックマンの歌も見事だったよね。まさしくエンターティナー。
この動画も面白い。



最後に魔法が解けて、野獣が王子になって振り返るの。
ダン・スティーブンスが、初めて顔を見せる!
そのとき、思った。
もし、振り返った、その顔がブサイクやったら!?
たとえば、私の嫌いなあの人(知ってる人は知ってる)の顔だったら・・・・・
キャ~~~~!!いやァー!野獣の方がエエー!野獣に戻って~~
感動のシーンなのに、私ッたら
でもね、真面目な話。
王子の姿に戻って、めでたしめでたしで、ベルも嬉しそうなんだけど、もう姿なんて、どうでも良くない?ベルは彼が野獣の姿でも、十分愛してるのでは?と思った。
姿は野獣だけど、理知的だし優しいし勇敢だし・・・・逞しい。超マッチョ(笑)そして、目がとっても優しくて可愛いの。
野獣の歌う「Evermore」も良かったー
無題

ワンちゃんやネコちゃんだって、恋人のように愛する人が居るんだから、あの野獣だって、そのまま愛せるんじゃないだろか?なんてことは、イケメンハンターの私が言っても、説得力ないけどね
でも、あの野獣の顔は、決してブサイクじゃなかったからね。
魔女も、どうせ魔法をかけるなら、ブサイクにしなきゃ。あの人みたいに。(またまた、こらこら

やっぱり、薔薇が散って、みんなが道具になるところが、私には一番感動的だったってことね^^;
その後は、こんな風に要らんことばかり考えてた。すんません

「ダウントン・アビー」でメアリーの夫マシュー役だったダン・スティーブンスは、もちろんハンサムなんだけど、野獣が実は、こんなんだったら、ウオーー!!ヤッタァーー!!と、mayベルは歓喜の叫びを上げちゃうよ。
imgrc0070372381.jpg
imgrc0070626984.jpg
ちょっとだけ野獣っぽい腕imgrc0070372348.jpg
(もっと生えてて良いのよ)

進化し続けるオタクのお宅

今日は部活日。
先ずは、ロフトで買物。
友人に頼まれた慶太クンスマホケースを買うはずが・・・・・
無ーーーい!!3人とも、無~~い!!ガックリ
アクリルスタンドは、慶太クンのは見本のみ。最後の1つは友人が買った。
DSC_0648.jpg
ライブグッズのフォトセットも、慶太は残り少なし。
DSC_0647.jpg
このフォトセット、なかなか良いですよ。お急ぎください
モバイルバッテリーも、緑があと少しだった。
対して、ブルーの商品は、けっこう豊富にある。その中で、私のお薦めはコンパクトミラー。
16298628_982008111901191_3227497036200945966_n_convert_20170130195036.jpg
案外お値段も手頃。2面あって、1つは拡大鏡。折り畳むとお互いに蓋になるので、傷つかない。直径7.5㎝で小さく軽い。そのまま、ぽいっとバッグのポケットにでも忍ばせておける。
写真入りスマホケースが無くてがっかりした人は、ミラーと紅茶を買うと良いと思います。紅茶の缶の中には、メンバー誰かのバッチが入ってる。お目当てのバッチが当たれば、元気回復
しかし、そうでなかったときは、またまたガックリ
一か八か、買ってみてね。因みに、私は2つとも龍一クン・・・・・・・

部員一同「可愛いねとなった写真
DSC_0640.jpg

その後、我が家でミーティンング。
食後のカップは、w-inds.尽くしDSC_0651.jpg
ベールを脱いだオタク部屋
DSC_0652_20170420220324c48.jpgDSC_0653_2017042022032340d.jpgDSC_0654.jpg
これでも、ちょっとポスターは減らしたのであります

進化し続けるKTstudio

17881612_207982873032565_3689024505197363200_n.jpg
#15年ぶり #真ん中分け #ちゃららんらんらんちゃららんらんらんちゃららんらんらんららちゃららららん #w_indscrewなら分かるはず

私のおも飛んで行ってしまう。
これが、ネットニュースになるのにも笑えた。コチラ
1つ前のツイッターに、イケメン登場!
#Bouncetime #久々の #EOSM3 #画質綺麗
17883188_1287382477997474_5489190610579488768_n_20170416194741279.jpg
#貴方が綺麗
目を見せてくれたのが嬉しかった
その前にKTスタジオを見せてくれたのも嬉しかった。

17881782_243258386081272_2225937122651537408_n.jpg
ずいぶん、立派になりました。

4月5日に、これが来たのよね。

Welcome to my studio!!#1176 #revH
C8pGR6JWsAAmWSD.jpg

マイクは、これ
2015年8月5日
私の相棒とお出掛け。
#仕事ではない #趣味
#BlueBloodのレコーディングは全曲このマイクと一緒
#もはや仕事が趣味
2015年8月5日私の相棒とお出かけ
2016年7月11日
#iamworkerholic #singing #recording #editing
CnFu292VUAEPRk8.jpg
2016年11月8日
歌います。
#内職 #開始 #Rec #Vocal #Music
CwvbsXPUAAIRxIZ.jpg
2016年10月
#Rec #めちゃカッコいい曲 #Dance #w_inds #AllproducedbyKEITA
14607059_1866331450256270_3222219099799027712_n.jpg

この機械も必須
2016年9月16日
毎度お馴染み。
CsehKx_UAAAFD-0.jpg
何回も登場
2016年10月15日
今日は仮歌録り、デモを作り、夜はTDという #MusicDay
No music No life な生活。
1019 No music No lifeな生活Cu3mZ6GVMAE2KPJ
2016年11月30日
11月30日
2017年1月19日
バウンス作業がまだまだ続く…
C2jW5CpUkAAyp9a.jpg

これも大事
2016年6月22日
お新。 #guitar #musiclife
CljeTweUsAAhAIq_201704152102297e2.jpg

前は、こんなだった。
2015年10月
1005_20170416222849eb2.png1012.png12143264_749410801830217_3267181323904154544_n.jpgCR0smghUkAYO8P6_2017041622284678e.jpgCR02vQZUwAEXgLk_201704162228453bd.jpgCR2A0WpVEAECx0x_2017041622284481c.jpg
こうなって
2015年11月
CUfxgI3U8AA9GVo_2017041521143967f.jpg
やがて
2016年1月9日
There are tons of instruments in my studio.
Like a paradise!!
楽器だらけの我がスタジオ。
天国だ!!
CYVH-vUU0AIzH48_20170415202624ed2.jpg
そして
2015年12月
それから
2017年 1月23日
もう直ぐ私自身も機械になるかもしれません…
#mystudio #keita #music
C22RebgUcAAuREj.jpg
現在
2017年4月14日
#timetowork #beatmaking #singing #KTstudio
17881782_243258386081272_2225937122651537408_n.jpg

慶太クンの憧れのスタジオは、これかな?
2015年8月6日
Fly HighをRec.してくれたエンジニアNeerajのスタジオに遊びに行ってきた!
環境、機材、雰囲気、全てが良かった〜!
このスタジオは素晴らしい!!
2015年8月6日

私が知らないうちに、慶太クンは頑張ってた。
2015年11月11日
"FRAGMENTS"の制作完了。
全曲TD終えました。
作詞、作曲、編曲、ボーカルディレクション、マイクやら機材選び。
色々やらせて頂き非常に実りある期間でした。
スーパーレベルアップしたと思います。笑
とは言えまだまだですが…

2015年9月22日
 BlueBlood Tour 国内全公演無事に終了しました!!
本当に楽しいツアーだった。
ずっと楽しかった。
来月の香港も楽しんできます!!
 よし。
沢山曲作ろう。
歌の研究しよう。
 そして皆さん。
また会おう。

2017年1月11日
約束通り頑張って、「We Don’t Need To Talk Anymore」を作ってくれました。

2017年2月14日
3月15日に12th Albumが発売。
1年8カ月ぶりのオリジナルアルバム。
15周年を経てCrewの皆様やスタッフ、メンバーの気持ちの繋がりを確認出来たからこそなんの不安も迷いも無く攻めの姿勢のアルバムを製作できました。
2017年からまた新たなw-inds.をお楽しみに。

慶太クンの抱負
2017年1月2日
 あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。
 今年はプロデュース方面を強化していく年にしたいなと思っています。
バキバキのトラックからChillなトラックまで沢山作っていますのでご要望お待ちしています。
 素敵な一年にしましょうね!

さらに
2017年1月19日
 USのメインストリームの楽曲達と自分のMIXしたトラックを週に一回聴き比べて、アナライザーで細かく見て何が違うかチェック。
 アレンジが良くなければMIXも良くならない。
MIXが良くなければアレンジが活きない。
 年内には自分でMIXまでやって作品を出すまでいきます。
C2iPpYxUsAAZ3n1.jpg

2017年4月16日
pretended to be working in my studio.
仕事してる風。
17882518_224807964666120_2229373521690099712_n.jpg


慶太クンは、本当に素晴らしい音楽家です。
また、「Sound-Recording Magazine」や「SOUND DESIGNER」に載ってほしい。
「SOUND DESIGNER」(2017年4月号)で慶太クンをインタビューしてくださった布施雄一郎さん。当時、布施さんのツイッターにリプしたら、嬉しいお返事を頂いた。
「2ページ内に収めることに苦悩するほど、新譜に関すること、トラックメイクのことをたくさん語ってくれました。またぜひお話を聞きたいですし、チャンスがあれば、いつかプライベートスタジオも取材したいと思っています!」
実現したら、いいなー

あっ!またまた来た
#editing #working #inmystudio #everyday
17932494_1350393431721056_9048087330514010112_n.jpg

急に腹が立っちゃった


台湾でも「INVISIBLE」を発売。
「台湾でもライブをしたい。」と言ってるけど、叶うと良いね。
そんな良い話なのに、腹が立ってしまって、どうもすみません
慶太クンのサングラスよ
1111_20170412184653c71.png

パフォーマンスは、一応良しとしよう。役作りということもあるしね。
しかし、こうしてメッセージを送るときは、ちゃんと顔を出すべきだと思う。相手に無礼だと思う。
握手会も、そうだよ。なんか損した気分。
慶太クンのことが好きだから、今まで我慢してたけど、本当は嫌だったし、残念だった。
礼儀正しい人が好きだという慶太クン。言葉づかいを大事にする慶太クン。サングラスが好きでも、TPOを考えてほしい。
昨夜、どうしたことか急に腹が立って、「いい加減にせィ!」と部屋のポスターに向かって言ってしまった。

それとは全く関係ない話だけど、w-inds.のファンクラブ会費は、安いね。
俺フェスに行ったときにもらった藤あや子の~ファンクラブのご案内~
なんと、会費8000円!
w-inds.は、半額の4000円!!
藤さんのは、もしかしたら会報が2倍の厚さなのかもしれないけど、w-inds.は安いよね。
そんなに安くて、赤字じゃないのかな~?と心配になる私です。
サングラスを許してあげたいくらいの安さ

pontaさんに教えてもらった嬉しいレビューコチラ
アマゾンのレビューコチラ
MASAOさん
「結論から言うとこのアルバム、ヤバイ。
アイドルからアーティストへの昇華の分岐点と成り得る作品。
まず、最初にハッとさせられたのが楽曲よりも先にミックスの凄さ。
耳の調子が良くない俺でもまず聞こえ方がJ-POPのそれではない事。
それに驚き楽曲を丁寧に聞く前にザッと聞こえ方をそれぞれ聞いてみた。
それぞれの楽曲でミックスをかなり変えてる事がわかる。
近年、J-POPも洋楽よりなのは沢山あるが決定的な違いの1つの要素にミックスがあった。
数年前から慶太がスタジオで聞こえ方のチェックをしていたのを思い出す。

楽曲はこれからじっくり堪能するとして、、 いや素晴らしいアルバム!

受取る側も進化していかなければ彼らの進化に置いていかれるかも知れない」

ほんとにほんとに、こんなに良いアルバムを出してくれて、ほんとにありがとう。
昨年の15周年記念ライブの頃に、「来年の3月14日16周年でアルバムを出そう」と決めていたそう。もうもう、そういう発想が、私はすごく嬉しい。
そして、B-SIDEライブのオーラスでアルバムリリースの告知をしてくれて、ファンが歓喜の声を上げたんだけど、慶太クンは、それが、また嬉しかったと言う。「アルバム発売を当たり前と思わず、あんなに喜んでくれるなんて・・・!」と。「常に新鮮な気持ちでいてくれるというのは、僕は嬉しくて。すばらしいファンの皆さんだなと思いました。」(OUT of MUSICより)
お互いにお互いを尊重し合い、大事に思う。w-inds.とファンの関係、すごく良いと思う。
サングラスを許してあげたいくらい

だけど、やっぱりmayは少し
分っかるゥ?
おかんむりってことだよ~

新しいスタート

4月から、週休3日の生活になった。新しい職場でスタート。
テニスも新しいスクールでスタート。
新しい所は気遣いが多くて疲れるけど、「変化」も良いよね。
新鮮だ。

ということで、3月末からずっと大忙しの毎日だった。
それでも、部活(笑)は欠かせない。
4月1日(日)も、東京に行って来ましたよー
「musicるTV × BREAK OUT presents LOVE BOX 2017」
C8ZxLrMVwAIcdRq.jpgsub_image111980.jpg

概略はコチラで。
w-inds.の所だけ
「今や海外でも凄まじい人気を誇るダンス&ボーカルユニット・w-inds.は、バックダンサーを引き連れ登場。今年3月にリリースした、自身ら2年ぶりとなるオリジナルフルアルバム『INVISIBLE』より「Boom Word Up」を披露。続けて「Drop Drop」「夢で逢えるのに~Sometimes I Cry~」へ。MC後、再びバックダンサーと共にパフォーマンスしたダンスナンバー「We Don't Need To Talk Anymore」では、しっとりとしたスローなメロディーに乗り、指先まで揃ったダンスを見せた。ラストは、「Let's get it on Remix」「New World Remix」と続けてダンスナンバーを披露。世界に認められるパフォーマンスを大いに見せつけた。」
もはや私は、客観的な評価ができなくて、自分が満足したかどうかで評価するしかできない体。で、どうだったか?と言うと、多忙な中、行って良かったーー喜びの涙です~
ただし、「Boom Word Up」は、なんか乗ってないと言うか声がはっきりしない気がしたんだけど。気のせいなのかなぁ?中盤から加速して、惚れ惚れするパフォーマンスだった。
今回は、前にせり出した花道があったので、そこを上手く活用していた。涼平クンのブレイクダンスも花道でも披露。
ここのところ2つのイベントで、躍るw-inds.と歌うw-inds.を見せるセトリにしたわけね。最後の曲では、ハンズアップもクラップも自然に導入できたし、1回ごとに進歩したなーと思う。龍一クンが、MCで「w-inds.は、こういうフェスなどにあまり出なかったんですが、これからは、もっと出るようにしたいと思っています。」と言っていたので、今後も楽しみ。
やっぱり、こういうイベントやフェスに出るのは、w-inds.にとっては、良いことだなと思う。単独ライブだけではつかない力を養える。ファンは何をやっても喜ぶけど、そうでない人を楽しませるにはどうするか?!が、だんだん身についてきたように思えた。
さて、私にとってはどうか?と言うと、私は、こういうフェスとかイベントとかには向いてないのかな?
あまりにもw-inds.が、私に合ってるの。歌うだけではなく踊ること。曲が好み。見た目が好み。MCが好み。やり方が好み。つまり、全てが好み。
私は、宗教とか体育会的とかが好きじゃない。「愛がどうちゃら、こうちゃら」という良い話をされるのが苦手で、「皆で盛り上がろうぜー!」と言うのも苦手。「乗ったもん勝ちですよ。」なんて言われても、「勝ちたくもないわ。」と思ってしまう。
w-inds.のライブのやり方はSHOW的で、観客参加型でないところが、私に合ってるんだと、つくづく思った。MCで、押し付けがましい話がないところも、私に合ってる。
そんな私だけど、他のアーティストさんの時も自然に乗せてもらったときは、手を挙げ、手を振り、声を出し、楽しい時を過ごせたよ。皆さん、自然に乗せてねー
そうそう、色々と行って気づいたけど、皆さんそれぞれ、ペンライトがあるのよね。アイドル・演歌歌手・アーティスト・・・肩書は色々あれど、けっこうペンラは必需品?儲かるしネ

「全てが好み」と言う私だけど、今の慶太クンの髪型は好みじゃないでし~~~
好み云々じゃなく、私なら、あんな風に分かれてペタンコだったら、必死で直すんだけどな~
C8VIkHiU0AIxeEc.jpg
これは素敵C8Vcs2qUIAAVV9q.jpgC8VrPLEUMAAmkLh.jpgC8VXcAOUQAE9u9o.jpg

ライブ前に友人と腹ごしらえをしてw-話に花を咲かせ、ライブ後は4人で打ち上げ
これが、私の遠征には欠かせないもの。打ち上げしない慶太クンとは、全く気が合いません
そして、友人達から退職祝いも頂いた「オタク仲間がプライベートを祝ってくれるなんて!」と娘もびっくり。ほんとに思ってもなくて、感激しました。これからも、公私共に頑張ります!

4月から私の新しい生活が始まったけど、どうやら、w-inds.に関しては全く変わることがないようです

※追記
各ライブの合間にLOVEに因んだインタビュー映像が流れた。
「まだか」「まだか」と待ってたら、w-inds.は最後の最後。
その映像が、格別に面白かった。MCの堅さと、えらい違いだった。
・「いつも持ってるLOVEな物」と言えば、涼平クンと慶太クンの答えは、ファンなら分かるね。「ジャージと靴」「パソコン」
龍一クンは「ピック」
「今だって・・・」と言って、ポケットの中を探るも入ってない。「嘘じゃないよ~!これ衣装だもん。オレのズボン、持って来ーい!」
入ってました。間違いなく
・LOVEを感じたとき
龍一クンのソロ曲の詞が、メンバー愛に溢れた内容。それを、慶太クンが「気持ち悪っ~!」と言ったそう。「嬉しかったんだよ。照れだから(笑)」とのこと。
「メンバーに愛を感じた時は色々ある」と言いながら、いざ聞かれるとになってしまう涼平クン。「「オレも!オレも!」と割り込みながら、またまた
コントかっ!!
さっきのパフォーマンスとえらい印象の違う3人だった
こちらは、事前に公開された映像

最後に全員集合したのも嬉しかった。

     
プロフィール

may

Author:may

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック