思いは、人それぞれ

「初恋のきた道」を観た。
11199511_458583537654321_712736780_n.jpg
涙腺壊れて、ずっと涙が出てた。
とっても素朴な初恋の話で、チャン・ツィイー演じるディが、赴任してきた先生に一目惚れして、毎日毎日秘かに追い続けている話。恋としては当たり前でもあるし、秘かにとは言え、ちょっと行動が凄すぎるとも言える。なのに、一体どうしてこんなに涙が出てくるのだろう。
チャン・ツィイーの、この時にしかない可憐さも私の涙の要因だと思うし、時代・場所・風景・色合い・周りの人々・先生が全く(笑)美男じゃないこと等々、全ての要素が良かった。葬列のシーンや息子の1日教師のシーンも、出し尽くした涙をさらに要求してくる。
割れた食器を瀬戸物修理の人に直してもらったり、機織り機を直してまで布を織ったり、今では考えられないくらいの物を大事にする心が、とても貴く思えた。
ディが毎日学校に行って、先生の授業をする声を聴いている。なんと、夫になってからも、毎日聴きに行っていたという。「お父さんの声がいいのよ。」というお婆さんになってからの台詞が、胸に来て、たまらなかった。
原題が「我的父親母親」で、英題が「THE ROAD HOME」。邦題が「初恋のきた道」。邦題、いいなーと思う。
この映画は1999年公開なのだけど、なんと、私は今日初めて観たのである。
こんなに感動した映画だけど、さて、世間の人は、どうだったのか?と調べてみたら、やはり高評価だった。でも、中には、全く合わないと言う人も居た。
「淡々と流れるだけで眠くなった。」「話の内容や 彼女の行動等になんとも思わなかった。」「さっぱり良さがわからなかった。」等の感想もあった。
ふ~~む、思いは人それぞれよね。

それぞれと言えば・・・・
慶太クンが、この夏ライブのため、涼平クンと龍一クン用の曲をまた作るそう。
「楽しみでしかない。」という人が多い中、私は、「オオー!すごい!」と思うと同時に、「そんなに気を遣わず、最高のライブをしてください。」と思ったの。
私は、「Blue Blood」ライブが、一分の隙も無いくらいカッコ良かったと思ってる。観てる最中、心配だったのは「今後、これを超えるライブができるのだろうか?」ということ。だから、洋楽ファンとかミュージカルファンとかの友人にも、ブルーレイを自信を持って貸してあげた。
昨年のライブは、私的に1つ隙があったのよね。ファンをステージに上げる演出よりも、普通にダンスをしてほしかったと、今も思ってる。あれも、彼らは「ファンが喜ぶ。」と思ってやったそうだから、「そんなことを考えなくて良いのよ。」と思うようになった次第。
慶太クンが既存のファンや昔からのファンを喜ばそうとしてくれることは嬉しい。でも、私は、先ず、最近のファンやw-inds.をよく知らない洋楽ファンも満足してビックリするライブにしてほしいんです。
でも、考えてみれば、慶太クンは、勿論そんなことは百も承知の上か?それがあっての上でなんですよね。両方とも満たすライブは可能ですもんね。
今年のライブ、ますます期待がかかってます!

美女と野獣

T0021476p.jpg
ストーリーを知ってるから、面白さは半減だな~と思いながら、観に行った。
ところが、どうしてどうして、とても面白かった。良かった。
野獣が倒れて、薔薇が散って、召使たちが次々に本物の道具になっていくとき、泣いてしまったハッピーエンドだと知ってるのに、なんでやねん~
現代は、ほんとに贅沢。時計や燭台やポットやカップや箪笥などなどが、動いて喋って歌う姿を表すのは、昔はアニメじゃないと無理だった。それが、今や技術の進歩で、めっちゃリアルに映像化してくれる。「ひとりぼっちの晩餐会(Be Our Guest )」の楽しいこと!
変に話を変えたり脚色したりせず、魔法のように実写化してくれたのが嬉しかった。

俳優さんたちの歌が上手いのにも感心する。
主役のエマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス、恋敵のルーク・エヴァンス、召使のユアン・マクレガー、エマ・トンプソン、ググ・バサ=ロー、イアン・マッケラン等々。
私は、ぜったい洋画は字幕派。目と耳で、演じる俳優たちを味わいたい。
「レ・ミゼラブル」のヒュー・ジャックマンの歌も見事だったよね。まさしくエンターティナー。
この動画も面白い。



最後に魔法が解けて、野獣が王子になって振り返るの。
ダン・スティーブンスが、初めて顔を見せる!
そのとき、思った。
もし、振り返った、その顔がブサイクやったら!?
たとえば、私の嫌いなあの人(知ってる人は知ってる)の顔だったら・・・・・
キャ~~~~!!いやァー!野獣の方がエエー!野獣に戻って~~
感動のシーンなのに、私ッたら
でもね、真面目な話。
王子の姿に戻って、めでたしめでたしで、ベルも嬉しそうなんだけど、もう姿なんて、どうでも良くない?ベルは彼が野獣の姿でも、十分愛してるのでは?と思った。
姿は野獣だけど、理知的だし優しいし勇敢だし・・・・逞しい。超マッチョ(笑)そして、目がとっても優しくて可愛いの。
野獣の歌う「Evermore」も良かったー
無題

ワンちゃんやネコちゃんだって、恋人のように愛する人が居るんだから、あの野獣だって、そのまま愛せるんじゃないだろか?なんてことは、イケメンハンターの私が言っても、説得力ないけどね
でも、あの野獣の顔は、決してブサイクじゃなかったからね。
魔女も、どうせ魔法をかけるなら、ブサイクにしなきゃ。あの人みたいに。(またまた、こらこら

やっぱり、薔薇が散って、みんなが道具になるところが、私には一番感動的だったってことね^^;
その後は、こんな風に要らんことばかり考えてた。すんません

「ダウントン・アビー」でメアリーの夫マシュー役だったダン・スティーブンスは、もちろんハンサムなんだけど、野獣が実は、こんなんだったら、ウオーー!!ヤッタァーー!!と、mayベルは歓喜の叫びを上げちゃうよ。
imgrc0070372381.jpg
imgrc0070626984.jpg
ちょっとだけ野獣っぽい腕imgrc0070372348.jpg
(もっと生えてて良いのよ)

映画とドラマと映像と

2月に観た映画
「ペレグリンと奇妙なこどもたち」
T0021444p.jpg
映画が、とても面白くて気に入ったので原作「ハヤブサが守る家」も読んでみた。本も、どんどん読み進める面白さ。
原作も良いけど、映画は原作をもっとドラマチックに壮大に恐く面白くしている。映画化した価値、大いにあり。ティム・バートン、素晴らしい。
エヴァ・グリーンが綺麗だし、エイサ・バターフィールドが可愛い。
おじいちゃんに電話で話すシーンでは、うるうるしてしまった。
ティム・バートンにしては、後味の良い映画で楽しかった。

3月(先日)観た映画
「ラ・ラ・ランド」
T0021440.jpg
私は、「アナ雪」にも「君の名は」にも感動しなかった冷血漢(?)なもんで、これは、どうなんだろう~と結構平常心で観てたんだけど・・・・・
なんと、ラストに感動して泣いてしまった。
ネタバレします。
セバスチャンが入ったバンドが売れて、本当は好きなジャズとは違う音楽をするようになってしまう。いわゆるセルアウトってやつね。そんなこともあって、セバスチャンとミアは、結局別れちゃうの。その後、夫と娘に恵まれ幸せなミアと夢を叶えたセバスチャンが、彼のジャズの店で偶然に再会。そこで、セバスチャンが演奏する。
そこで、mayさんの涙腺がやられる。
せつない。せつないんだな、City of Stars が。
また、ここで、慶太クンのソロ曲まで頭に浮かんじゃって(さすがに、曲は映画の音楽が流れてるんだけどね)。Separate wayですよ。別々の道。
ライアン・ゴズリング、決して私の好みじゃないんだけど、優しくてせつない表情がたまらんかった。
エマ・ストーンも可愛かったし、夢を追い続ける強さが表れてた。そんな強さも一度折れそうになったのだけどね。
それにしても、俳優さん・女優さんというのは、すごいね。演技だけでなく、歌も歌えて、踊りも踊る。そして、楽器の演奏までも
ライアンは、猛特訓してピアノを弾けるようになったそう。
【以下インタビュー】
Q:ライアンさんはピアノのシーンはすべて自分でこなしたそうですね。どうやって特訓したのでしょうか。
ライアン:ピアノのシーンはすべて自分で弾いたよ。デイミアンが3か月のリハーサル期間を設けてくれて、僕のピアノレッスンは週5~6日だった。1日最低2時間のレッスンを3か月間続けたんだ。でもそれ以外にも、ヒマがあるときは常に練習したね。難しかったけど、やりがいはあった。音楽が好きだから、楽しかったよ。
Q:音楽のバックグラウンドはあったのですか?
ライアン:基礎的なピアノ演奏はできたけど、ジャズピアノはやったことがなくて。だから劇中レベルの演奏なんて、全くもって未経験だった。本当にゼロからのスタートだったよ。でも素晴らしいピアノの先生がいたし、音楽はずっと学びたいことだった。それにデイミアンはしっかりとしたビジョンを持っていて、実際にノーカットワンテイクの長回しシーンをやったんだけど。そのアイデアを聞いたときはワクワクしたし、どうにかそれをやってやりたいって思ったよ。
Q:監督はどうしてノーカットワンテイクにしようと思ったのでしょう。
監督:フフ、ライアンの人生を地獄にしようと思っただけさ(笑)。
ライアン:アハハハ(一同笑)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
すごいー

韓国ドラマ「ああ、私の幽霊さま」
変な名前でしょ?慶太クンに似てるイム・ジュファン君が出てるドラマは、観ることにしてるの。
これが、意外にも面白い。
霊媒師の祖母の血を引いて、霊感が強く、幽霊が見えてしまうナ・ボンソンは、超消極的でぱっとしない。カリスマシェフのカン・ソヌが経営しているレストランで働いている。実は、ボンソンは、ずっとソヌに憧れていたが、あるとき、この世に恨みがあって成仏できない幽霊のスネに取り憑かれてしまう。憑依されると、気が強く積極的なボンソンに変身してしまうボンソンに周囲の人たちもソヌも振り回されるが、だんだん、ソヌもボンソンが気になり始める。一方で、イム・ジュファン扮するソヌの義弟は、優しく誠実な警察官なのだが、とてつもなく怪しい気配を漂わせている。彼は、一体、何者なのだろうか?
ラブコメ+サスペンスの要素があって、なかなか面白い。
第13話では、mayちゃん、思わず泣いちゃいましたね。スネのバカ弟の優しさに感動しちゃった。
ドラマ女王(王?)のマーコと、感想を語り合ってる

本日20日は、欠席してた振替で、テニスを3時間やって来た。
まあ、ほんとに、とんでもなく忙しい。
そんなこんなで、まだw-inds.関連の映像を観れてない状況。なんてこった~
B SIDEもあるなんて、贅沢過ぎるんだよ~~~
ありがた過ぎて、勿体ない。
先ず、アンコールのあそこだけ、見てみた。
めっちゃカッコイイ龍一1_20170320183735fd7.png戦う男
2_20170320183734159.pngこちらも、戦う男、涼平
慶太も!!3_201703201837345ea.png
戦いまっせーー!ペンラで5_20170320192834273.png
4_20170320184047cac.png
かっ・・・かっ・・・かわゆい~~~
萌え死にそうなmayどんでございます。
前シングルに続き、アルバムINVISIBLEで高評価を得て、アーティストという肩書が板についた慶太クンだけど、こんなにも可愛くてお茶目なんです。
そこが魅力なのよネ

影像がなかなか見れないけど、アルバムだけはしっかり聴いてる。
KEITAのときに買った、あのイヤホンで1451629327133.jpg
どれを聴いても、「あ、これ1番♪」と思って、次の曲が流れたら、「あれ、やっぱり、これが一番♪」と思って、その繰り返し。
毎朝、起きたら、何かが頭の中で鳴ってる。
さあ、どれが好き?も少し、考えさせてネ

そそそそ、夏ツアーも発表されました
友人と、どこ行く?誰が申し込む?と相談するのも、いと楽し。
色々と行けますように




冬休暇の映画鑑賞とOPENCAST

年末から年始にかけての映画鑑賞(全て薄くネタバレ)
「土竜の唄 香港協奏曲」
353214_001.jpg
斗真ファンの友人と鑑賞。
のっけから、斗真君のあられもない姿になのかなのか。
有り得ないストーリーが面白かった。
斗真君の姿が、d59a3e0d0413e0c2d127ec7f5a4d075d0001_cover.jpgこの漫画よりも、漫画チック。しかし、劇中タキシードで決めてる姿は、流石にイケメンだった。
しかし、早く潜入捜査の仕事を遂行してほしいものだよね。

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」
T0020913p-94x94.jpg
娘と鑑賞。すごーく良かった。愛と友情と勇気の物語に、素直に感動した。戦闘シーンに血湧き、肉躍る。
エピソード4につなぐサイドストーリーとして上出来だと思う。K-2SOが大活躍、かつ面白い。みんな、・・んだけどね
356251_005.jpgキャシアン役の男優ディエゴ・ルナは、ちょっと沢村一樹に似てない?

「バイオハザード:ザ・ファイナル」
T0020383p-94x94.jpg
リトル★ダックさん・ほのほのさんと鑑賞。
これは、「ローグ・ワン」と違って、「え?前作とのつながりは、どうなった?」「あれ?私、1作見逃してた?」という思いで始まる。
色々ご意見もあるようだけど、終わらせてくれて良かったと思う。金儲けのために、ぐるぐるとループするかのように続けるのはイヤだった。今までとのつながりに矛盾点が多いのは、作り手としては気にならなかったのかな?と思うけど、まっ、いいかー
ミラ・ジョヴォヴィッチが、ずっとアリスを演じてくれて良かった。アリスはミラしか考えられない。
しかし、監督が夫で、レッドクイーンが娘って、すごい家族映画でし~
そうそう、イ・ジュンギ君も出てます。ゾンビに追いかけられて、可哀相
ローラも溶け込んでた。

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」
T0020735p.jpg
実は、私は「慶太クンの次に好みの男を言え」と言われたら福士蒼汰なんです。その間は、すごく開いてるけどね。
で、観てみたんだけど、話がSFとしてイマイチだったな。中盤のネタバレまでは良かったんだけど。ネタバレと言っても、既に題名からバレバレなので、始めから怪しいことだらけなんだ。
でも小松菜ちゃん(小松菜奈ちゃん)が可愛くって可愛くって、普通のラブストーリーとして堪能した。うーん、若い頃を思い出しちゃう~ちゃう、ちゃう(笑)
福士君は、こういう少女マンガチックなのが多いけど、これからは、もっと大人の映画に出て欲しい。アイドルから脱してほしいと思う。木村拓哉の映画に敵役で出るらしいから、見てみようかな。悪役、似合うと思うんだ。木村君は好きじゃないんだけどね。

ヤフー映画評の採点は、私的には、ちょっと?
上記の4作だと、「ローグワン」「バイオハザード」「土竜」「僕は明日」の順位になる。

大晦日にBS NHKで「ホビット3部作」を一挙放送してたので、観た。
T0010801p2_2017010620423077f.jpgT0015600p_20170106204230f9d.jpgT0010787p2.jpg
もちろん前に映画館で観てるのだけど、幸か不幸か色々忘れてて、初心に戻って楽しんだ。
やっぱり名作!最高!
当時も言ったと思うけど、本当によくぞ映画にしてくれた!こんな素晴らしい影像を観れるなんて、現代に生まれて幸せだと思う。
「ロードオブザリング3部作」と合わせての6部作として、きちんとしっかり成立するところが素晴らしい。ROTL3部作も見たくなったので、6作コンプリートのブルーレイを買うことにしようと思う。

12月に「ファンタスティック・ビースト」を観てから、「ハリーポッター」が懐かしくなって、今、本を読み直している。
これがまた、色々忘れてて、ラッキー(笑)
わくわくするし、はらはらするし、笑えるし、じーんとするし。
51PSMuqrRkL__SY223_BO1,204,203,200_

マーコが帰国してて、リビングのテレビを占領されてて、w-inds.ライブをちゃんと観れてないのよ。
とんだ落とし穴だわ。

ラジオですが・・・
CAMP RADIO2017.1.5オンデマンド
pontaさん、教えてくれてありがとう。
龍一クンが、たっぷり語ってる。子ども時代の話は、私は初めて聞く内容だったよ。
龍一クンは新曲「We Don't Need To Talk Anymore」 が大好きやね。
ほんとに、w-inds.の関係性、すごくいいよね。
しかし、OPEN CASTの新春コメントがねぇ・・・苦笑
4_convert_20170106222341.png

「ファンスティック・ビーストと魔法使いの旅」からの・・・・

久しぶりに、ほのほのさんと映画鑑賞。
ファンスティック・ビーストと魔法使いの旅
51pLO0wPQWL.jpg
ずいぶん前に本屋さんで、この写真を見たときから「行くぞー!」と思ってた。
むろん、ハリポタシリーズは全て鑑賞し、本も出版されると同時に読んでた身だから当然なのだけど、このエディ・レッドメインの写真が、かなりカッコイイ。「え?誰?このイケメン」と、本屋で足を止めて見入ってしまった。
おまけに、まっちさんが「慶太クンに似てる」なんて言うんですもの
似てるわけではないけど、系統は同じなのかな?
T0020183p.jpgc308b8f8.jpg
エディは、キュートだと思う。そして、ファンタスティックこのキャスティングは大成功だと思う。
ままま、そんな「イケメンありき」の映画鑑賞なんだけど、内容も面白かった。
久々に余は満足じゃ
「映画」ならではの楽しさを味わった。夢がある。スリルもあるし、ハートウォーミングな要素もある。
ビースト達、可愛い
この子が困ったもんなんだけど、可愛い~!
1_201611272120377c1.png

一昨年の11月末は、淡路島での「アジア国際子ども映画祭」に行ってたのだけど、昨年からは北海道の北見になり、さすがの私もお留守番。
w-inds.は、今年もプレゼンテーターの務めを果たしたそう。
前日の11月25日には、サプライズで北見北斗高等学校、北見藤女子高校、栗原学園高校を訪問したとのこと。
IMG_9076.jpgCyHMiAgVQAAzOIb.jpg
CyGIEQCUUAA_6XW.jpg
北の大地の水族館にも。
CyGX0FeUQAA4rb9.jpgCyHMiAiUQAAGuWq.jpg
グルテンフリーは、ちょっとお休みね
CyHMiAoUAAEMp3_.jpg
映画祭については、動画コチラを見たりツイッターで状況を読ませてもらったりした。
あるファンのお薦め作品観たけど、とても良かった。
たった3分で表現することは、すごく難しいと思う。子どもだからこそ、シンプルに核心をついて訴えてくるのかもしれない。
淡路では3回参加したのだけど、また行きたいなーと思う。
しかし、観客(芸能人のファン)のマナーは悪かったらしい。
淡路では毎回整理券をあらかじめ発行してくれてたから、問題なかったね。
そして、芸能人が出てくるたびにキャーキャー言ってたのだって?これは、w-inds.ファンは、どうだったのかな?
淡路では、これに関しては、w-inds.ファンのマナーは良かったと思う。「映画祭」ということをわきまえた態度だったと記憶してる。
ボール投げのときは、ちょっとみっともなくなったけどね^^;
CyHMiAgVQAAzO_Ib_convert_20161127215151.jpg
しかし!
ネットニュースを見ると、記事になぜかw-inds.の名前が無い!!
サンスポ「西島は同じく初参加の三代目J Soul Brothersのリーダー、小林直己(32)とボーカル、今市隆二(30)、歌手で女優の西内まりや(22)らとトークショーを開催。」
スポーツ報知「杉良、三代目J、AAAに「日本文化発信して」」
はぁ~~~!?
w-inds.もおるやんか~~!
1_201611272244200f9.png
正確に伝えろよや!仕事に責任を持たんかいや!何、言うてんねん!あほかいな~。すかたんめ~。
だから、私は新聞なんかこうてへんねん!!
なんだか、ファンまでいじめにあってる気がして悲しくなる

と・・・・
今、慶太クンからの報告が来た
「遅くなりましたが、FC Live in 大阪も最高な時間でした。
そしてアジア国際こども映画際に参加させて頂き、北海道は北見に行ってきました。
こちらも素敵な街で最高な時間でした。
水族館ではしゃいだのは何年ぶりだろうか。
また行きたいですね。」
CyRQZhqUUAE3Ho2.jpg←ビーストみたい
口汚く怒ってた私の心を浄化してくれた、このファンスティックビースト
mayちゃん、この曲を聴いて、落ち着きましょうネ
Message
歌ってるのは、w-inds.だよん
仲間外れは、せんといてね。
     
プロフィール

may

Author:may


最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック