のざたつさんへ、ここで語りかける^^;

この記事は嬉しかった。音楽シーンのトップを見た日。ライジングの男達が最強ライブ
のざたつさんという方が書かれた、5月4・5日に私も行って来た「5月の風」のレポートである。
winds-1024x681.jpg

・「音楽が上質すぎるw-inds.」ですと。うんうん、「良質材料のレストラン」と私も言うてたんですよ
・「今日一番の驚きを受けたグループです。」って、ほら、やっぱり「今」を今まで知らなかったんだね。テレビに出ないもんね~でも、「一番」は嬉しい。
・「こんなにすごい音を生み出してるグループになっていたなんて。」と。今頃知ったなんて~
・「楽曲の中にストーリーが出来上がる。」と。そうなんですよ、その通り。ダンスも物語なんですよ。
・「このパフォーマンスとMCのギャップもまたファンの心をキャッチする魅力なのでしょう。」と。ご明察!!
・「『We Don’t Need To Talk Anymore 』を披露。有名DJがクラブで流しているようなサウンドに度肝を抜かれました。」。でっしゃろ!?でっしゃろ!?
・「こんな事をするダンスボーカルグループは中々いないと思います。」。よく言ってくださった~
・「会場の空気を感じているのか、歌やダンスをしてない時の姿さえアートに見えます。余韻の取り方が日本のアーティストのレベルを超えていました。」ほんとに、嬉し過ぎるお言葉。のざたつさんの文章力の素晴らしさにも感動。
・「デビューから注目されてきたので、初期のイメージが強いw-inds.ですが、一度イメージを真っ白にしてから、w-inds.の楽曲を聴いてほしいです。海外にも目を向けたクリエイティブな部分は、最先端をいっていますし、ライブも音楽の本質をとらえたパフォーマンスが玄人レベルです。音楽好きやダンサーにも聴いてほしい楽曲やパフォーマンスで溢れています。w-inds.ファンはこれを聴いて、今まで応援してきたのかと思うと、うらやましい限りです。」って・・・、いやいや、玄人なんですけどね(笑)そうなんです、私達、めちゃくちゃ贅沢させてもらってるんです。w-inds.を享受できてること、幸せですよね。自分の力で、w-inds.をGETしたことも誇りです。
・「レベルの高いダンスボーカルを魅せるRISINGPRODUCTIONの男達。男性ダンスボーカルアーティストというジャンルがまだ確立されていない時代から、自らのパフォーマンスを信じて切り開いてきた道は、音楽シーンで再注目されています。そんな時期だからこそ、この素晴らしいラインナップのライブを立て続けに見れたのは、音楽を聴き、ダンスを見るものからしたら感謝の言葉しかありません。この続きはそれぞれのワンマンライブで楽しみたい!
今後も彼らの音楽に目が離せない時間が続きそうです。」
ライジング、すごいでしょ。それぞれのワンマンライブで楽しみたいって、社交辞令はイヤですよ。ぜったい、w-inds.ライブに来てくださいね!みんなのもね
gunjo-1024x681.jpg
無題

w-inds.tvのツイート
「当日のライブが蘇ってくるライブレポートです。
MCについても…ありがとうございます #ほんわかコメント
7月からスタートするツアーにご期待下さい!」
同感、同感。
でも!w-inds.tvさん、ファンクラブも、ちゃんとレポを上げてちょうだいよ。
ちょっと、ご無沙汰してませんか(これも、ここで言うてもね~)

と言いながら、実はリプも、してるのだ。私は「おお!」と思うとコメントやリプをしたくなるのよね。ツイッターは、何しろ多くの人の目にさらされるから、後から「せんかったら良かったかな~」と思うし、ブログは「毎回されたら鬱陶しく思う人もいるのかな?」と気になったりもするんだけど。なんせ、お喋りなもんで、ついつい話しかけてしまうんよね。

のざたつさんへ
「こんな記事が上がるとは思ってもなくて、とても嬉しいです。楽しさ、感動がよみがえりました。ありがとうございます。」
w-inds.tvさんへ
「w-inds.ファンクラブサイトでも、レポをお願いしますよー(^o^)/」←イヤミかな?(^_^;)

「TOP JAPANESE GOLD SONG」&「TOP ARTIST/GROUP JAPAN」W受賞!

RTHK 28th INTERNATIONAL POP POLL「TOP JAPANESE GOLD SONG」&「TOP ARTIST/GROUP JAPAN」W受賞!  
おめでとうー!!

w-inds.dayより
w-inds.が、5月5日に香港国営ラジオ局RTHKで開催された RTHK 28th INTERNATIONAL POP POLLで「TOP JAPANESE GOLD SONG」と「TOP ARTIST/GROUP JAPAN」を受賞いたしました。

2016年5月3日リリースの36thシングル「Boom Word Up」で「TOP JAPANESE GOLD SONG」を受賞。
今回、日本人アーティストとして初のシングル4作受賞を達成しました。
「TOP ARTIST/GROUP JAPAN」は昨年に続く2度目の受賞となります。
【アワード名】        
英語:RTHK 28th INTERNATIONAL POP POLL
中国語:第28屆國際流行音樂大獎

慶太クンの筋肉が凄いとか、髪の毛真ん中分けになったとか、そういうことじゃなく、こっちをニュースにしてくれーーー!!
全く、テレビを始め、マスコミはどうなってるんだか

「ぼやぼやしてたら、w-inds.は、誰かのいい子になっちゃうよー」と、私は、時々歌ってる。
世間の人は、テレビで見たこと・テレビで言ってることを信じる傾向がある。w-inds.は、テレビに滅多に出ない。(出れない)
ずっとずっとw-inds.が出れないテレビに、同じ事務所の彼は出れるようになった。そうすると、どんどん勢いが増してきた。
なんとも羨ましい限りだ。
ちょっとちょっと、テレビさん、なんでこんな宝を放っておくの?
さて、誰が宝に気付き、掘り当てるかな?
と、そこで、歌が出てくるわけ。
♪ぼやぼやしてたら、w-inds.は誰かのいい子になっちゃうよ~♪これほど可愛い男に二度とは、お目にはかかれない♪ドレミファファミレド、ドレミファファミレド♪(音階は全然違う気が・・・・
でもね、反面、こんなふうにも思う。
あんまりメジャーになると、慶太クンが本当にしたい音楽ができなくなるのでは?それは果たして良い事なのだろうか?と。
アルバム「INVISIBLE」特典のインタビューで、慶太クンが「僕の作る曲は、マニアック過ぎると、言われるんです。」と話していたけど、マニアックこそw-inds.の魅力でもある。
キャッチーで、誰もが口ずさめる曲になっても良いのだろうか?
慶太クンが、先日ファンのツイートに応えて、こんなことを言ってた。「飲食店のオーナーだったとして、毎日美味しいと生き甲斐のように食べに来てくれる常連さんがいるのに、突然店をたたんでその人達の幸せを奪う様な真似は絶対したく無いですからね。」
私も、w-inds.のことをレストランに喩えることがある。
良質の材料で、腕の良いコックさんが作ってくれる、とっても美味しいレストラン。日本人の舌に合う洋風料理。材料は安心・安全な国産。大型チェーン店みたいに全国に沢山はないし、店内も広くはない。でも、とってもセンスが良く雰囲気の良い店。しかも、コックさんがイケメンと来てる。そんな最高のレストランなのに、何故か人にそんなにも知られず、込み具合もほどほどでちょうど良い。もちろん、お値段も法外なんてことは、ない。
こんなレストラン、あまり知られたくないよね。混雑して雰囲気悪くなったり、待ち時間が長くなったり、あげくに味が変わったりしたら、最悪。売れるのも考え物かもしれない。
と言いつつ、もうちっと、普通にテレビに出て欲しいと思う私なのである。もうちっと、世間が知っても良いのにと思うのである。
その一方、ずっと、私がこうして見果てぬ夢を見ながらも、w-inds.はしっかりとやってくれてるので、「まっ、いいかー」とも思っている。

それにしても、香港の人達って・・・・・
なんで、そんなにもw-inds.が好きなんだ!?
今年も、香港ライブをしないといけませんね
ぼやぼやしてたら、w-inds.は香港のいい子になっちゃうよ♪

最近の3人
C_tiTxMVoAAm7m-.jpg
C_x8hGxVwAEktR_.jpg
1111_20170518190033d2d.png
龍一クン、ぶはははははー

DMD feat. Chica - Never wanna live without you 日本語訳

友人に教えてもらいました。
「もっと見る」(または、▼)をクリックすると歌詞が出てくる。こんな機能があるなんて


Where you been ? Where you go baby?
どこにいたの?どこに行くの? 

Try to tell what I feel about you, about you
今僕の気持ちを話そうとしているんだ

Let me tell only the truth
真実だけを伝えさせて欲しい 

You’re the one what I’ve been longing for entire of my life
君に出逢える事をずっと待ちこがれていたんだ

Can’t get by if we’re not together
君と一緒じゃないと何も乗り越えて行けない 

I want you now and forever
今もこれからも君といたい

I hope you feel the same way, too
君も同じ気持ちであると良いな 

Baby, come closer
近くに来てよ


I never wanna live without you
君無しでは生きて行きたくないんだ

There’ll be no mornings could make any day
1日なんてないようなものさ

If I can’t wake up right next to you
もし君の隣で朝を迎える事が出来ないなら

Right next to you
君の隣で

When it rains, I’ll be your umbrella
雨の日には僕が傘になろう 

But I still wanna share one with you, with you
でも一つの傘を君とシェアをするのもいいな

When it snows, I’ll be your snowman
雪の日には僕が君の雪だるまになろう 

But I still wanna make one with you
でも君と雪だるまを作るのもいいな

Can hear the laughter
僕らの笑い声が聞こえてくるよ


Your love is so true
あなたの愛は本物なのね 

No one has never made me feel this way
こんな気持ちになった事は今まで1度もないわ

I’ll throw away my fears and scars
もう不安も心の傷も全て投げ捨てる 

And I believe you
そしてあなたを信じる

I never wanna live without you
君無しでは生きて行きたくないんだ

There’ll be no future without this love
この愛無しでは僕らの未来は無い

Let’s start with tender kisses all night long
一晩中優しいキスをするところから始めよう

Don’t ever wanna let this love pass by
この愛だけは通り過ぎて行かせたくないから

メモ

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

大きな栗!!

yjimage_20170509221703c85.jpg
大きな栗→BIG栗→びっぐくり→びっくり→ビックリーー!!

慶太クンから、突然のお知らせ!!
「報告が遅くなりましたが、
プロデュースチームを組みました。
DMD @DMD50164610 という2人組みです。
マスタリングまで全て自分でやっております。
サウンドクラウドに音源もありますので、是非聴いてみて下さい!」
詳細は、DMDへGO!
なんと、
「w-inds.12作目のオリジナル・フル・アルバム『INVISIBLE』のRemixをDMDが担当。
シングル「We Don’t Need To Talk Anymore」のRemixを含むすべてのRemixをDMDが制作。」していたのだ。
コチラを見よ
111_201705092232594b0.png
2222_convert_20170509223711.png
昨日、セトリの曲名をブログに打ちながら、「by DMDって何のことだろ?」と思ってたのよ。
アッ!!この前のラジオでOSSHYさんがアルバムのことを「まあ、半分は慶太さんの作品ですね。」と言ってて、その時、私は「半分は言い過ぎでしょう?OSSHYさんたら、いくら慶太クンが好きだからって~」と思ってたのよ。そっか、そういうことだったんだ。

先日のOSSHYさんのラジオで話していたことは、既に形を成していたのである。
「DMD曲のSingerは @_chica1108_ ちゃんで今月からライジングプロダクションに所属致しました。
素晴らしい才能を持ったSingerでデビューに向けて頑張っています。
是非聴いて、応援してあげて下さい!」by慶太
Chicaさんの歌唱力、凄すぎる。日本の方ですか??とても日本人のDNAとは思えない声。ビックリです。

いつも前へ前へ進み、私みたいな凡凡人の想像を軽く超える行動をする彼だけど、今回も、なんと大きな栗なんだー!
びっくり仰天だった。
そんなことをしてるとは、全く気付かなかった。
着実に夢を叶えている人。
しかも、人の手に委ねてではなく、自分の努力で夢を現実にしている。
なんと見上げた男よ、橘慶太。
とはいえ、で、よく分かっておらず、ついて行ってない私なのであるよ

ふとんがふっとんだ!
昨日のブログ記事が、ぶっとんだ
     
プロフィール

may

Author:may


最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック