「Dirty Talk」ジャケット公開&ファンクラブライブ~ESCORT~予告(?)

 jk_dirtytalk_syokai.jpgjk_dirtytalk_tsujyo.jpg
御年32才・33才のw-inds.
jk_dirtytalk_TR_ryohei.jpgjk_dirtytalk_TR_keita.jpgjk_dirtytalk_TR_ryuichi.jpg
美貌は、一向に衰えることなく、むしろ「今が旬?」と思えるほどのカッコ良さ。
服は、「どうした?」「どこへ行く?」なんだけどね
特に涼平君の服が「れんこん掘る人にしか見えない」というツイートがあったのだけど、確かに・・・
でも、そう言った人、なんでそんな服を知ってるんだろうね(笑)
それにしても、曲が、こういうイメージだってことよね。
気になーーーる!!!
c0146401_23344371.jpg顔が綺麗だから、体操服でもカッコイイ。

気になると言えば、ファンクラブライブ ESCORT。
一体、どんな内容になるのだろう。
前に、慶太くんがツイッターで「FC LIVEに求めるものは?」と、アンケートを取ったところ、こんな結果になった。
①バラエティ色のある楽しいこと・・・66%
②音楽的なことを本気出す・・・・・・・34%
私は②と答えたので、この結果がちょっと恐かった。
今回、w-inds.dayの動画を見て、ちょっと安心。
12_20180210215138242.png13_201802102151379c3.png
「全力でふざけて、全力でカッコイイことをやる。」と言うてます
14_convert_20180210215320.png
↑慶太くんが、そう言った時の2人の顔が、面白い。特に、涼ちゃん。
やっぱり、歌とダンスで満足したい。
15_20180210215136187.png頼むよ!!

私は、前回のファンクラブライブ「B-SIDEが、とても好き。
なんせ、夏ライブで聴けなかった「ヒマワリ」とか聴きたいカップリング曲で構成されてたんだもん。
そして、「We Don't Need To Talk Anymore」が初披露されたんだもんね。
そんでもって、アンコールの「Rock Your Body」が、超楽しかった。
龍一君の脚がよく上がること!
11_20180210224318b30.png
キリリと涼平君
12_201802102243171f2.png
涼平君がやってる間に、ごそごそとペンラを取り出す慶太くん
13_201802102243163d2.png
そして
14_201802102243165ec.png 15_20180210224315de2.png
振り振り
17_20180210224315d99.png 19_2018021022432866e.png
このシーンが大好き
昭和女子大では、袋から、このペンラが取り出せず、ステージ上でうずくまって、泣いたんですよ。慶太サンタさん
演出なんて無しでも構わない。素のままで、十分面白い慶太くんであります。
最近私がハマってるパディントンのよう。天然で可愛いところが似てる
d8922a9a033445b1e0c6f115473f53ba.jpg123_20180212012225d19.png

しかし、音楽家橘慶太は、そんな私をおちょくるかのように、難解なツイートを仕掛けてくる。
2月9日
「今日のレコーディングでの録りのセットアップのBRAUNER VMA に GML とCL-1Bの録り音がかなり好みで堪りません。
このセットアップにハマりそう。」
何のこっちゃ~~~
     

橘慶太のきまぐレッスン

本日も、慶太くんからの便り有り
コチラ
辟。鬘契convert_20180206220726

いつもながら、だけど、嬉しい
何度出て来ても、なかなかスッと理解できない音楽用語。
もう一度、おさらいしょう。
2017年11月「橘先生の音楽講座」
さらに、調べてみる。
①スネア
スネア・ドラムの略称。
ドラムセットの中で中心的な役割を持つ。
セットに座ると一番手前真ん中に置いてあるドラム。
口でいうとドンタンドドタンの[タン]の音。ちなみに[ドン]はバスドラム。
②フィル
音楽用語としてのフィルイン(Fill-inドラムのおかず)の略称。
フィルイン(Fill-In、「埋める」の意)とは、主にドラムセット(広義ではギターやピアノ等の伴奏も含まれる)における演奏技法である。 一定のパターン演奏を繰り返す中でパターンの最後、もしくは楽曲の繋ぎ目の1~2小節で即興的な演奏を入れ、変化をつけることを指し、楽曲のスパイス的な意味合いから日本ではオカズと呼ばれる。
③リバーブ
音に残響音や反射音を加えることで、空間的な深みや広がり感を出すエフェクト。たとえば小さなホールで演奏していても、大きなホールで演奏しているような残響感を演出することができる。
④サイドチェイン
キックサウンドに合わせて、ベース、PADなど、トラックボリュームにウネリを与えるテクニック。
エフェクター(音響効果を与える目的で使用される機器)をかけたい音とは別の音で、そのエフェクターをコントロールする機能。
「ピアノを前に出したいけど、歌が流れているときは後ろに引っ込むようにする。」「低音がかぶらないように、キック(バスドラム)が鳴るときだけベースの低音を抑える。」などなど、便利なことができる。

ふ~む・・・・
今回は、ドラムの音のことを言ってますか?慶太先生。
「ドラムの音に空間的な深みや広がり感を出すには、うねりを与えるサイドチェインの技法で、強い音の出始めを残すようにして空間的な深みや広がり感をかけましょう。
そうすると全体の音楽に埋もれない、空間的な深みや広がり感のあるドラムの音が作れます。」
こんな感じ?
音楽用語が難しいけど、文法的にも難しいんです。橘先生は
翻訳機が欲しい!!
しかし、分かったところで、そんなん、作れんわっ

     

from慶太

今日は、慶太くんからプレゼント
インスタ

コチラ
ツイッターでは、たった一言
「New Single!」

実は、今日、仕事の帰りにスーパーで買物しながら、あれこれ考えてたの。
記念すべき40枚目のシングルで、デビュー日の3月14日発売にしたら、発表の仕方が普通過ぎておとなしくない?
特に慶太くんの3つめのw-inds.作品なのに、当の本人が、何も言わないって、どうしたんだろ?って。
いつもなら、バンバンアピールしてたのに。
慶太くん、何故だか、ひょっとして、元気ないのか?
私が、考え過ぎか?
自分自身の問題については、至って呑気と言うか、出たとこ勝負のケセラセラな私なんだけど、なんでか、w-inds.のことでは心配性
・・・・と、あれこれ考えながら、お豆腐や葱や納豆を買ってた。(食費を切り詰めてるわけでは、ありません!)

これを見て、ちょっとだけ安心した

家では、39℃の高熱を出して、真っ赤な顔して、息子が寝てた。
息子の心配しなくっちゃ
     

立春

まだまだ寒いけど、暦の上では、春が来ましたね。
w-inds.crewにも春が来た

w-inds. 40th Single「Dirty Talk」
2018.3.14 Release!
橘慶太プロデュース楽曲第3弾。
最先端のトレンドと90年代のニュージャックスイングのテイストを絶妙に織り交ぜた、新たなダンスミュージック!

8_convert_20180204175802.png
ファンクラブサイトw-inds.dayコチラで、少しだけ動画公開中。

河嶋奈津実さんのツイート
「Bruno MarsのFinesse Remixでニュージャックまた流行るかも!と思ったらグラミーむちゃむちゃ獲ってる!ときて、何回か寝たらw-inds.さんがこんな新曲出すとの報。反応の早さ...お兄さんたちやっぱりさすがです
原色柄物オーバーサイズで時代感にのっとったビジュアルも最高!やっぱり90’sが好き!!」

※今のトレンドを最速に取り入れ・・・と思いきや、この楽曲は、なんと2016年に作ったものらしい
1234_convert_20180204185826.png



※この曲に至るまでの経緯に興味津々。
11月28日のw-inds. "INVISIBLE" LIVE DVD特番では、
慶太「今、ちょうど新曲も作ってますしね。」
涼平「おぉーーー」
慶太「いや、おおって、今、楽屋で、さっき聴いたじゃないですか。」
涼平「いやいや、それは」
という会話があったよね。
コチラの記事。
あれが、これなのか?

※そうかと思うと、こんなことも言ってた。
12月29日
「いつもさっさと曲を作るのに。今回は入念。
なんかしっくりこない。何度やり直したか。
ちょっと分かりやすいJ-POPが良いかなとか、ハッピーなFunkも良いなとか色々やったけど。
やっぱり最新を攻めないとね。
我々は。」
「本当はTrapでゴリゴリのHipHop作ってラップしたいんだけど、流石に会社とレコード会社が怒ってクビになったら恐ろしいからやめておく??」

12月14日
「今年の夏辺りに制作していた楽曲のMIXが全然イケてない。
あの時は"キター??????"ってなっていたのに。
これは一生続くのかね。
あ、アンケートの結果動画で聴きたいが多かったから撮って載せますね??」

※アンケートとは・・・・
12月6日
「今までの路線とは違った、
個人的に好きな曲が出来た。
御蔵入りになりそうだけど、好きだからMIXもそこそこちゃんと仕上げてしまい。
そんな曲が御蔵入りになる前に」
5678_201802041915374b7.png
※どうなったーーー!?

今回も、初回盤で当たりが出ればサインをしてもらえて、通常盤ではもれなく握手ができる。
さらに、それぞれのタワレコ限定盤を買えば、確実に個別握手券が入ってる。
新曲が聴けるだけでなく、ふれあいサービスがあるのは嬉しい。
mayQのツイート
「新曲が出るのは、何より嬉しい。記念イベントも、嬉しい。
理性を失わないようにしつつ、沢山買います(^^;
事務所も頑張ってね。やれば出来るんですよね。本腰入れてください。w-inds.が勿体ない。」
売り上げ貢献+自分自身の楽しみなので、「沢山」買いますよ。
でもね、そんなふうにファンの尽力に頼るのは、w-inds.自身はどう思ってるんだろか。
ほんと、事務所にもっと本気を出してもらいたい。
あんなに三浦大知を売り出せるなら、w-inds.にも力を入れてくれよ!
よく、まあ、3人は不貞腐れもせずに頑張ってると思うよ。
こういう売り方じゃなく、ほんとは、真っ向勝負に出たいんじゃないだろか?と、思ったりする。
年に2つくらいしか出ない大事な新曲。それで勝負するわけだ。
w-inds.の為なら力は惜しまないけど、事務所も、私に分かるように頑張ってほしいと思う。


そんな私の思いをよそに、無邪気な姿
7_20180204175653187.png
カッコイイ
1_20180204175633091.png2_20180204175632f4f.png3_20180204175632f77.png
イケメン
4_20180204175631de0.png6_20180204175654278.png5_20180204175631177.png

ファンクラブライブとイベントに行く旅行の変更と追加に、てんやわんやだった、ここ2~3日。
友人いわく「必死のパッチで、ホテルを捜して予約した。」
私も、くたくた。
必死のパッチのゴムが伸びて、ずるずる~



     

慶太くん衣替え

今日、ツイッターとFBの写真が変わった。
繝・う繝・ち繝シ螟画峩_convert_20180130182850
fb_convert_20180130183752.png222222_convert_20180130185333.png

SNSは取り敢えず続くようで、良かった
いつもは、新曲リリース時に変わることが多かったのに、ちょっと珍しい。
先日のファンクラブライブのパンフレット撮影時の物かな。
111111_2018013018471805e.png

おやおや、「あんまり慶太くんに依存するのはやめよう。」と言った舌の根も乾かぬ内に、mayどんったら、熱心なこと
やっぱり、一番の楽しみなんやろね

「リリース時じゃないのに珍しい」と言えば・・・
1月24日に[MOSHI MOSHI NIPPON]にインタビューが掲載された。
前篇世界照準の音作りを続けるw-inds. J-POPと海外ポップスの絶対的違いとは?
後編w-inds.が見据える、世界対応のエンタメ構築「既成概念を取り払って道筋を作っていきたい」
※なんとも頼もしい。
デーン!!としてますなあ。

今は何も無くて殺風景な寒い冬だけど、春の芽吹きのために早くも準備を始めている冬芽。
itayakaede710.jpg
w-inds.も、今はその時季やね。

プロフィール

may

Author:may


最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック