NACK5

きょうは、ほんとに在宅オタクを楽しんだわー
エエ時代です。PCで普通なら聞けないラジオ番組が聴けて、映像まで見れるのだ。
面白かったァ
あんのんさんが心配してる涼平クンの風邪。熱はないけど、喉がダメなようで大きなマスクをしてて、声も低く、無口。DJさんが「なんで、風邪ひいちゃったんですか?」と聞いたら、「なんで?理由ありますか?」って!もう、涼平クンたら女のDJさん、「すみませ-ん」って恐縮してたけど、その「理由ありますか?」は、その後、何度も使用されて面白かった。お正月は5日間お休みをもらえて、そのときは、元気だったそうだ。
紅白は、慶太クン以外皆、緊張しなかったらしい。龍一クンが「子ども達が一杯で、間違ってもばれないから」と言うてた。それより、「CDTVで、MCを15秒でまとめてくれと言われて、緊張した」そうだ。あー!!やっぱりCDTV,なんだか失礼だったよなー。(いえ、何も龍一クンは、そんな風に言ってなかったのだよ)慶太クンが、鶴瓶さんのことを「イイ人」で「大好きです!」と言ってた。
涼平クン48キログラム、龍一クン58キログラム(ほ同じ身長)らしい。涼平クンは、ともかく「太りたい」って。ここでDJさんが「体力つけるため?」と聞いて、またもや「(なんで?)太りたいだけ」と、やはり愛想なく言ってた

面白かったのが、この話。
「ここで、アーティスト生命を左右する質問です」
えー、何を聞くんだろう?
「セーラー服とブレザー、どっち派ですか?」
ひぇ~確かに、左右するゼ。清純派w-inds.に何、聞くねん!・・・と思いきや・・・
慶太クン「ぜんぜん左右しないですね」
へ?
慶太クン「今後、着ることもないし」
は!?あのー、ケタくん、貴方が着ることを聞いてへんねんけど。爆!爆!
慶太クン「めちゃめちゃ、自分の姿想像して、気持ち悪かった」
ブハハー
「足ナガーみたいな。」
「ぜんぜん、足隠れねーや、ミニスカートじゃんと、思ってましたけど」
いやー、だから、それも、自分のサイズ作るんだってば(万一のときはネ)
慶太クン、やっぱり、清純派
普段から、そういうことばかり考えてるピンク野郎は、そんなオモロイ間違いしませんからね。そこで、熱く語ることはあっても。
答えは、慶太クンは「セーラー服」。その理由が「学ラン派だったので」って、分かったような分からぬ理由。涼龍は、ブレザー。
DJ「なぜ?」
龍一クン「なぜ?」
慶太クン「そこに理由は?」
「えー、きょう、全部そこなの!?もっと膨らませてよ」と焦るDJさんが面白い。

この映像、そりゃ有り難いんだけど、全然、表情が分からない。マスクは分かるけど、慶太クンの眼鏡があまり見えなかった。きょうも、「伊達」眼鏡をかけてた模様。「頭、良さそうに見えません?」と観覧のファンに聞く。「見えない?」「どっち?」と食い下がるも、賛同を得られず、「じゃ、もう外そう」って、王子拗ねた?可愛い。

今日は、涼平クンがさすがに元気なかったけど、逆に元気の無さを生かして面白かったし、慶太クンは、上記の通りで面白いし、龍一クンに居たっては絶好調で、とても面白かった。
例えば、慶太クンが伊達眼鏡かけて歩いてても「気付かれるでしょう?」とDJさんに聞かれたら、「ア、伊達だって」と言い、DJさんウケル
慶太クンがお正月3日間、毎日お餅を15個食べてたという話で、龍ちゃんが「胃袋餅だらけ。胃袋ごと食べたい。」とか「餅食べた後に、ミカン丸ごと食べてレントゲン撮ったら、鏡餅ができてる」とか。DJさん、「龍一さん、面白ーい!」と喜んでた。
そうやね、w-inds.は、DJさんとかが居ると、さらに面白くなることがある。というのは、3人だと龍一クンのギャグを理解できなかったり、センスが合わなかったりして、スルーしちゃうことがあるんだよね。持て余すというか~それが、第三者が居ると、上手く回してくれるんだね。ま、確かに、ラジオ番組中、魚の本を読んでて最後の挨拶もそれで行っちゃうような奇抜な彼は、放っておかないと、普段やってられないねー(笑)

今年初めて買ったもの
涼平クン:服
慶太クン:納豆   なんでやねん
龍一クン:絨毯(赤系のラグ)

FCイベは、いつもはマニアックなんだけど、今年は「シンプル イズ ザ・ベスト」で、シングルを多めに歌いたいと言うてました。う~ん・・・、カップリング曲とかライブでやってないアルバム曲とかも、お願いしますダ

w-inds.が帰った後、DJさんたちが「カッコ良かったねー」「面白いし」「礼儀正しいし」と、沢山誉めてくれてて、母は嬉しかったどす。

なんで、こんなレポしてるんやろ?
仕事もしなさい!私。      はーい
     
プロフィール

may

Author:may

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック