チェンジ! THE YEAR

DSC02435.jpgDSC02434.jpg
DSC02436.jpgDSC02437.jpg
(maimeeさん、ぶら下げてました)
毎年、年末と言えども、いつもと変わらぬ生活をしているシュフです^^;
こんなふうに、玄関の置物やリビングルームのリースを替えるくらい。シュフのシュは、趣味のシュ?フは、腐女子の腐か、はたまた、風?「趣風」これでいきますか(笑)
さっきまで、久々に会った夫と、「もう1回!」「もう1回!」と熱くなってた。
スピードで!トランプでーす
へへ、ちょっとビックリした?
法スレスレでずるい手使って、爆笑しながらのスピード。面白いのよー。

昨日はレコード大賞鑑賞、楽しかった。
あんなに色々な歌手を見たのは、今年初めて。ふだんも、あんなふうに、いろんなジャンルやレコード会社や事務所の歌手の歌が聴けたり、パフォーマンスが観れる歌番組があったら良いのにな。
AKB、今までちょっと小ばかにしてたけど、良かった。楽しいじゃないですか。可愛いし、歌も動き(ダンス?)もパワフル。AAAは、女性ボーカルが上手かった。混声ダンスボーカルグループって、面白い。
岩崎宏美は、やっぱり上手い。「ロマンス」とか歌ってたときから、ダントツ歌唱力があったけど、彼女の歌は本格的だなあ。そして、JUJUも上手~~い!
こんな歌の上手い人を前に、歌唱賞を受賞したマッチ。・・・正直言って、やっぱり「歌唱」賞では、ないな~と思った。違う名前の賞にすれば良かったのにね。
大賞は、EXILE。う~~ん、私は、今年はAKBにあげたかった。売り上げ日本1なだけでなく、初めてパフォーマンスを見て、「2010年は、こういうグループが流行ってたんだ」というのが実感できたから。
EXILEのあの歌は、後になって見ても「2010年」を思い出すものではないと思った。もう、しっかりと堂々と成長しきったグループだよね。歌もダンスも難なく、余裕でやってるという感じだけど、守りに入ってると思えるものだった。あの曲が良くないのか?感動がないんだよね~

そして、我らがw-inds.
2010年のレコ大ステージでの最優秀パフォーマンス賞は、千葉涼平さんです
毎日毎日休むことなく続けたレッスンの成果が、見事に実を結んだと思います。
オリンピックの競技を見守るようにw-inds.のパフォーマンスを見ていたのだけど、涼平クンは、100点満点で完璧だった。ああ。やっぱり、努力は自分を裏切らない。そう思えた。
レコ大特別バージョンの「NEW WORLD」は、弾けるような生命力を感じさせるものだった。w-inds.は、攻めてる。まだまだ、伸び盛りと思わせるパワフルなステージだった。立派な優秀作品だった。
だけど、賞賛だけではないのよ。辛口も言わせてもらうと、慶太クンの歌は、今年1番ではなかったと思う。私は、「慶太クンは歌が上手い」と思ってるんだけど、ああいう場だと、まだまだと思える。後半は、特に苦しそうに思えた。いつも、ライブだったら、もっと声が出てるのにな・・・。やっぱり、緊張するんだろうか。
でも、この経験不足的なところが、逆に期待にも変わるんだ。25才の今、完成されて堂々としてたら、つまんないよ。「頑張る点」がある方が、楽しみ。応援のし甲斐がある。
龍一クンも緊張のあまり、さっさとはけちゃったのねその若さと一生懸命さが、これからの原動力ですヨ
というわけで、よく頑張ったなーと思えるステージだったんだけど、さらに本音の本音を言うと、ちょっと私は、不完全燃焼。やっぱり、慶太クン、グラサンするべきじゃなかったと思うここから先、R22で・・・
すごーく良かったし、大好きなのに、イケなかった・・・・って感じです
彼が満足してるんだから、それで良しとできる私なんだけど、実は・・・・って感じ
顔もパフォーマンスの1部でしょうが~~~!せっかく、あんなカッコイイ顔してるのに。グラサンは、ブチャイクな人がつけるものよ。例えば・・・いやいや、ここから先は、さらに言ってはいけません
DSC02439.jpg今年の見納め
 
きょうは、1年の最後に、暴走してますね~。大人路線
では、真面目に戻って。
昨日は、毎年年末恒例のリトル★ダックさん帰省オフ会をほのほのさんと3人でした。
先ずは、映画「きみがくれた未来」337605_001.jpg
を鑑賞
1年の最後に観るにふさわしい感動的な映画だった。1年の幕開けにも、お薦めします。
その後、お気に入りの食べ放題ランチに行ったのだけど、ラストオーダーまでなんと30分くらしかないっ!そこを、全ての料理を皿に盛り付け、デザートも全種類取り、コーヒーも2杯飲むという神業・荒業を成し遂げた私たち。根性、あります。
それから、梅田でもセレブ感溢れる界隈にお茶をしに行った。「地下街は任せろ」と先頭に立つ私。
ところが・・・・・
あれれ~~\(◎o◎)/何故か、いつの間にか、振り出しに戻ってた。ウッソー?双六やあるまいし・・・。「ゴメン、ゴメン」とまた歩き出す。
いっつも、珍道中になっちゃうのよね~。得意のmay宮のラビリンス。
歩きながらの会話も、面白すぎなのよ。3人とも、俳優や芸能人の名前が出てこなくて、「ほれ、ほれ」「あれ!あれ!」ばかり。挙句に、違う名前で間違った個人情報流出。「○○と△△が別れた」「違うー!△△じゃなくて、××と結婚してるんだから~」とか、「○○は●●と不倫」「ちゃう~!●●じゃなくて、◎◎」
かくして、嘘の噂が世の中に、広まっていくのでしょうね。怖い、怖い。
行ったワインのお店でコーヒー飲みながら(後悔)、話は尽きることがない。王子違えど、よく盛り上がるもんだ。「きみがくれた未来」の感動ポイントを共有。一緒に映画を観ると、これが楽しい。さらに、ザック・エフロンは、イケメンなんだけど「ヘアスプレー」のときの方が良かったね。眉が、ゲジゲジ~!とか、しょうもないことを、いくらでも話せるのだ。
そんな3人は、元はと言えばキアヌ・リーブスの大ファン。2011年は、キアヌ映画が観れるのでしょうか?
どんな(爆)映画でも良いから、スクリーンでキアヌに会いたいものです

それと、こないだは、「トロン:レガシー」336755_001.jpg
を娘と観て来た。
3Dで、プラス400円もするというのに、あろうことか、私、爆睡しちゃたの(T_T)
決して、話が退屈なわけではないの。面白かったのよ~。なのに、どうしても瞼が重くなって閉じてしまった・・・・・
前日、麻雀してあまり寝てなかった体に、暗ーい画面と3Dの奥行きで、催眠術にかかったんだと思う。
音楽もカッコ良かったし、リベンジしたいけど、プラス400円は高過ぎる^^;
そんな有り得ない失敗をしながらも、今年は映画館で、54本の作品を観た。
イマイチのもあったし、もう1度観たいのもあった。実際に観てみないと、分からないもんです。
2010年ベスト3は、何かな?また、考えてみよう。

さて、さすがに、少し家事をしなくちゃネ

追記
「トロン:レガシー」、一緒に観に行った娘に、寝てたことメッチャ怒られました。
「お母さんは、映画を観る資格がないっ!」とまで・・・。
忘年会続きで、睡眠不足な上に、遊びで夜更かして、「目がトロンだったのよ~」と言って、よけいに叱られ・・・(~_~;)
因みに、娘の評価は、☆☆☆☆☆だそうです。

プロフィール

may

Author:may


最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック