RISING福島復興支援コンサート

27日夜と28日昼の部に行って来た。
しかし、w-inds.の居ないコンサートは、太陽の出ていない空のようだった。
寂しかった。むなしかった。
だけど、普通のコンサートではなく、福島の復興支援コンサート。私達の参加費がお役に立てれば何よりだと思う。
それに、やっぱり音楽とダンスは、人を元気にさせるものだと痛感。
(現地福島でコンサートをすれば、歌とダンスによる支援が直接的にできるなーと思った。今回のは、お金を役に立ててください。)
1日目は遠い席だったので、座っての鑑賞だったけど、DA PUMPとMAXでは、立ち上がりノリノリで楽しめた。やっぱり、お馴染みの曲は乗れる。
2日目は(涙の)最涼席だったので、初めから「キリーツ!」
一番初めに平愛梨ちゃんの挨拶。カミカミであたふた後から、初めてのパフォーマンスもすると言うので、ビックリ。
ピンクダイヤモンドは体操選手並みのパフォーマンス。
西内まりやちゃんの才能の豊かさにビックリ。彼女は、大物になる器ですね。
フェアリーズが、可愛くって。キラキラしてた
私の隣のももかファンの男の子のパフォーマンス(?)がすごくって!思いっきり腕をぶんぶん振り回すから、いつぶん殴られるかと、ひやひやした。
次に、平愛梨ちゃん登場。なんと、リンダの「狂わせたいの」を披露。
愛梨ちゃん、10代のように可愛く初々しい。歌が終わると、「歌手でもない私が、すみません」と逃げるように走り去った。
三浦大知のときは、特にせつなさが募ってしまった・・・・
Leadで、またせつなくなるか?と思ったけど、ぶっ続けの元気一杯のパフォーマンスで、すごく楽しくなったよ。
その後が、w-inds.
涼平クンの礼儀正しい挨拶。できるだけのことを、残った一人でやってくれたと思う。
MVが流れただけでも、嬉しく思うファン心。この日、太陽は出ていないけど、雲の向こうに太陽は居る。そう思いながら観てた。
そして、安定のDA PUMP。どの曲も永遠の名曲だなあ。ISSAは、やっぱり別格。ダンサーさんたちも、w-inds.DOMのおかげで、顔なじみ(?)になってたので、より楽しめた。KENZO君とはハイタッチできた。
両日とも、新生DA PUMPの歌をしてくれなかったのが残念だったけど。
トリのMAX。
彼女たちは、いったい、おいくつ?ピンクのふりふりのミニスカートが似合う熟女は、MAX含めて、日本に30人くらいでしょう
私が昔カラオケで歌ってた「一緒に・・・」が聞けて嬉しかったし、他のノリノリ曲の楽しいこと!一緒に振りつけて手拍子して、心底楽しかった。Lead→DA PUMP→MAXの流れで、太陽が出ていなくても明るくなった。楽しかったー!
そして、大好きな「ライオンだー♪ライオンだー♪」
この終わりの方で、全員が出てくるのよ。
1日目は、涼平クンが一人で出てきたとき、涙が溢れて困ってしまった。涼平クンがいじらしいのと、そこに居るはずの慶太クンと龍一クンが居ない言われのない寂しさで、胸が一杯になってしまった。
2日目は、涼平クンの位置と反対だったせいと、慣れなのか、涙が出ることはなかった。
私の目の前は、愛梨ちゃん。まだ緊張の面持ちだった。
「愛梨ちゃーん!」と手を振ったら、軽く頭を下げてくれた。(動画にある会釈は、私になんです)
最後に退出する涼平クン。体調は、大丈夫だったのかな・・・・
※追記
この日、最後の挨拶の時、涼平クンが何度か咳をしていたので、「大丈夫かな?」「鼻も赤いよね。」と2人で心配してたんです。涼平クンが挨拶をしている位置は、私たちの反対方向だったので、詳しくは見れず・・・。
そしたら、後で動画を見たら、あれは、涙のせい?

写真をいくつか・・・・
12281.png12285.png
1419829563511.jpg1419829558235.jpg1419829549878.jpg
1419829543034.jpg1419829537335.jpg141976944119 2
DSC_0199.jpg

今頃、慶太クン、龍一クン、どうしてるかな?
きっと特効薬が効いて、回復に向かってると思うけど、完璧に治るまで油断しないでほしい。
考えたこと
①私が新卒1年目のときに、風邪で休んだ人のことを部長が「病気は、自己管理ができてないからや。そんなことでは、あかん!」と言った。私は「ひえ~~~」とびびったのだけど、暫くして、その部長が風邪をこじらせて2週間くらい休んでしまった。
「ああ、偉そうに言うもんではないな。」と、そのとき、思った。
特に病気に関してはそうだけど、他のことでも何でも、自分ができないことや、自分がどうなるか分からないことで、人を非難してはいけないと、とても勉強になったものだ。
②それと、私もせつなく寂しく残念だったけど、一番こたえてるのは、w-inds.だよね。
「なんで、こんな大事なときに・・・・」と、落ち込んだかもしれない。でも、きっと、彼らのことだから、マイナスをプラスに変えるはず。このままでは、すまさないでしょう。
③アーティストにとってもファンにとっても、思いがけない災難は有るもの。
ボール・マッカートニーの公演全中止は、さぞかしショックだったろう。
一番、悲しく残念と言えば、マイケルの急死による公演中止だった。
人生、色々ある。何が起こるか分からない。
インフルエンザは治るけど、大病や怪我という災難にあわぬよう、願います。

まずは、w-inds.の3人が元気でいてくれないと。
w-indsが居てくれないと、私自身が元気になれません!
慶太クンが歌ってくれないと、人生、曇り空どころか真っ暗闇だよ~
2015年は、太陽が燦々と降り注ぐ幕開けになりますように

1日目はRさんと一緒で、打ち上げはhさん・Hさん・Mさんとも一緒に。このときは、とっても楽しかった。
ファン活動は、仲間が居ればこそ。
Rさんとぐっと親しくなれたのが嬉しい2014年だった。
2日目は、まっちさんと。まっちさんが、最近買ったばかりのカメラで撮影してくれました。
終わってから、まっちさんとビール飲んで話してたら、新幹線出発10分前何度、同じ轍を踏むことか・・・
あまりにも楽しくて 遠征するのは、まっちさんと会うのが目的と行っても過言ではないのよ。
今回、本当は26日から行って、高校からの親友とも会うはずが、彼女が酷い風邪(インフルではなかったらしい)に罹り、1日遅らせて行った。会えなくて残念だったけど、友人の存在はとても大切で心強い。
あ~~。だけど、やっぱりw-inds.が恋しい。慶太クンが恋しい。

私の年末のテーマソングは、「恋しさとせつなさと心強さと」か
あれ?w-inds.の曲にしないとね
もちろん、今の一推しは「FANTASY」だけど
何?何?
こんな嬉しいことを聞いたぞ。
宇多丸が選ぶ2014年J-POP NO.1は、w-inds.『Make you mine』
(宇多丸さんは、過去にこんなことも言ってくれてました私の過去記事
MVも素晴らしいけど、私は、VMAJで披露したときのパフォーマンスが、ものすごく好き!
方向音痴で、いつも、迷宮・(・・may宮)で、メイさんなのに度々慶太クンに「マイさん」と呼ばれた私にぴったりな「めいきゅうまい(ん)」これぞ、テーマソング
素敵な曲を沢山聴かせてもらえた1年だった。
2014年のw-inds.、ありがとう。(慶太クン、大好き)
     
プロフィール

may

Author:may


最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック