MATASETANA!!東京・東京・大阪

3月27日(金)・28日(土)東京。29日(日)大阪。3連チャン。
とーっても楽しい3日間だった。東京では、1日目は、まっちさんとたっぷり話し、2日目は、RieさんやSさん、Hさん達と沢山お話できた。充実の東京遠征。
けど、流石に疲れたのか、日曜日、目覚めたら13時だった
味噌汁を作ってご飯を食べたり洗濯をしたりしてたら、思わぬ時間電車に乗ったのが16時22分で会場最寄駅に着いたのが、16時53分は開演17時でございます。今回は、そんなに遅れずに開演するし、グランキューブは建物に入ってから席までが、遠い!
ゲリロン♪ゲリロン♪と走る、走る。I amマラソンウーマン
ゲリロン♪ギリギリッ!!
ちゅうことで、席に着いてから数分で「ちびまるこ劇場」が始まった。セーーフ!!
懲りない女です^^;
 
取り敢えず、記憶のカケラを集めてみよう。
27日(金)
東 京1
名古屋では赤に見えた慶太クンのシャツは、濃いピンク色だった。赤も良いけど、慶太クンはピンクが似合う。
慶太クンは、歌手じゃなかったら、学校の先生が向いてるんじゃないかと思った。
「名古屋、来てくれた人ー?」と聞いて挙手させ、どっちかはっきり示さない人には、しっかりどちらかに挙手するよう促し、「オレ、そういうとこ細かいから(笑)」
橘先生には、「どうでも良い」は通用しないのだ。
この日のクイズコーナーは相方がTV出演のため、玉城さん一人で進行。
感心したというか何というか・・・・。いつもは10の内9は仕事を長浜さんに任せてる感がある玉城さんが(すみません~!)とっても頑張ってた。というか、出来るやーん!!
それと、慶太クンが助けるべく、名古屋より沢山喋ってた。
玉城さんのダンス振り当てクイズが、最高に面白い。しかし、この日は、涼平クンが神過ぎて、即答しちゃったのよ。
「頭は薄くて、顔は濃い~」っていう、うつむきながら脚を斜めに踏み出す動きだけで「レッツゲットイットオン!」
ピンポンピンポンピンポン
流石だったのが、慶太クンが1問目で一人だけ「ヘイ、ベイビー」を聴き取って、正解したこと。やっぱり、花輪君
歌詞当てクイズで「SOMEHOW」を当てたのは、涼平クンだったのだけど、その日、「楽屋でそれを歌ってたのに~」と悔しがる慶太クン。なんで、分からんねん!?
この日の罰ゲームは2回目の龍一クン。部族のコントだった。
正規のクイズコーナーが終わると、w-inds.出題の生声「ボイスイントロクイズ」
これが、面白い。涼平クンが、最高!
なんだと思う?
「ドン!ドン!シャカ、シャカ~♪」
会場のファンが「ハーイ!」と手を挙げて答えるんだけど、出ない、出ない。誰かが「グラデーション!」と言うと、慶太クンが「ファンデーション?いやいや、僕ら、つけないから~」と冗談言ったり、誰かが「ナントカ(何だった?)」と言ったら、涼平クンが「あー、ビックリした!アイシテルって言われたかと思った。」と言ったり、合間合間におかしい事を言う。数回「ドンドン、シャカシャカ」を繰り返すと、ますます、面白い「ドンドンシャカシャカ」になっていく。
結局、正解は、まさかの「Feel The Fate」
涼ちゃんの反応が、また面白くもあり可愛くもあった。

28日(土)
東 京2
この日の模様がDVDになるそう。
ワーイ!ワーイ!嬉しいな。これで、レポしなくて良い
いやいや、そんな全部は入んないよね~~~
MCで、「昨年の今頃はミュージカルをやってましたね~」と言う話で、龍一クンが「酒だ!酒だ!酒、持って来い!」と言い、慶太クンがラウルの歌を歌い出したの。ほれ!あの歌よ!あれ!あれ!出てこん!歌詞が
「もっと強い酒だ!」と龍一クンは、あの辺の台詞がお気に入りのようだった。
慶太クン「僕がぜったい言わない台詞ですよねー。」
慶太「自分で言うのもなんだけど、僕ら、真面目なグループと言われるよね。地方に行っても、部屋に集まってゲームしてるもんね。」
龍一「ルームサービス、好きだよねー。こないだ、慶太、ロブスターを5回頼んだね。」
慶太「みんな、知らないでしょ?僕がロブスター、好きなこと。苺だと思ってたでしょ?30近くにもなって、好きなものは苺ですって言ってられないから、好きなものはロブスターって言うことにしたんです。」
う~ん、その理由が30近くにもなって・・・ですか(笑)
この日は、キャンキャン2人揃ってのクイズコーナー。やっぱり2人になると玉城さん、休憩する
あの2人は好きだなあ。w-inds.に対する態度が感じイイ。押し付けがましさが無い。
この日の玉城さんのダンスが傑作だった。
「ハゲじゃないよ、オールフロント~♪」と、両手を後ろから前に出す動きから始まり、「こっち(行)こうか、やめよか~♪」「こんなふうに歩こ♪」と、とてもw-inds.のダンスとは思えない動きを見せてくれる。
最後の動きで正解が出たのだけど、それは龍一クンが振りを考えた「NEW WORLD」だった。
このコーナーは、w-inds,も一緒に踊ってくれるのが楽しい。とても程遠いんだけど、なんとなくそう見えなくもないダンスに笑える。
この日も、罰ゲームは龍一クン。同点の慶太クンと「あっちむいてほい」で戦い、負けたのだった。
龍一クンの負けた原因は、いつも左を向いて寝るので、その癖が出たそう。それは、ないよね(笑)
因みに慶太クンは、両手を上げて万歳の格好で寝るそう。その格好で目を瞑ってる姿が、可愛かった
あまりにも恥ずかしいコントを拒否して、名古屋と同じ犬のロッキーをやった。
最後の挨拶の時に、なんと慶太クンが自らロッキーをやった。ジャイアン犬でしたが・・・・
w-inds.の曲当てクイズは、やっぱり、涼平クンが面白かった。
「チャラリンラリン~チャラリンランリン~♪」と演歌調にこぶしが効いてる
ままま、これは、Forever Memoriesだと直ぐ分かるんだけど、なんせ、曲のジャンルが違い過ぎた(笑)
慶太クンも演歌調に歌ってくれた。
「こんなんだったら、ファン層も違ってたねー!」って。
アンコールは、3人とも白Tだった。

29日(日)
ちびまるこ劇場は、東京2日目で山田君、大阪で野口さんが加わった。
毎回、最初の挨拶の時に、3年ぶりであることを話す。東京で、涼平クンがアコースティックライブを「伝説のライブですね」と言ったのがおかしく、慶太クンも、それにはつっこんでた。
ライブよりイベントだと言ってたね。
慶太クンは、「家でテレビを見てる感覚で・・・」と。
「夏はガッツリで、春はゆったり(まったり)で、お願いします。」か「で、させてもらいます。」とか言うてました。
今年は、龍一クンと涼平クンのソロ活動があって、スケジュールが大変なところ、開いてくれて嬉しかった。それもあって、公演数が少ないとか曲数が少ないとかあるのかもしれないけど、私は、ファンクラブイベントで良いと思うなあ。10曲と楽しいコーナーで、良いバランスだと思っちょります。
大阪では、アンバランスがクイズの司会。映像クイズは分かった時点で早押しで、これまでやって来たのに、次の映像も見てから答えろとうるさいのよ。それも、けっこう威張って言う。私だったら、「前の先生は、直ぐ答えて良いって言ったのに~。ブー、ブー」と文句言うのに、w-inds.3人は、とっても素直な生徒。「すみません~」って謝ってました。
龍一クン、不調で、なんとか彼に点をあげようとしたアンバランスの行いが、裏目に出てしまった。
勝手にルールを変えて、客席のファンに答えさせ、その人の指名するメンバーに点が入ることにしたのだが・・・・。
「Spiral」を正解したリエさんに、慶太クンと龍一クンが「リエさーん!」「リエさーん!」と呼びかける。
リエさん「龍一クン」
喜ぶ龍一。ヨッシャー!!ガッツポーズ
「ごめんなさい。」
おっと!リエさんは、「龍一クン、ごめんなさい」とおっしゃってられるのです。
アンバランス「で、誰にあげますか?」
リエさん「慶太クン」
チャラリラリ~~ン(または、ガーーーーン!!)
アンバランスが「龍一!ここは、大阪やぞ!」と言ったけど、リエさんは、そういうんじゃなくて、礼儀正しくて優しい人で、点を欲しい龍一クンに本当に「ごめんね」って思ったのかも。そういう気遣いを感じた。
アンバランス山ちゃんの振り当てクイズのダンスは、上手かった。昔はw-inds.と同じ事務所だったので、ダンスのレッスンもしてたそうだ。これは、楽屋でダンサーさんに教えてもらったそう。「キレイだ」を4人で踊って、なかなか決まってた。
この日は、慶太クンが絶好調で、圧勝だった。
龍一クンは、調子が上がらず、途中「だから、勝ち負けのあるゲームは嫌いなんだ~!」と本気っぽく怒ると言うか拗ねるとというか。O型の緒方君、実は、一番負けず嫌いなのかもしれない。負けず嫌いな人は、負けるのが嫌だから勝負事をしないのよ。うちの父がそうババヌキさえ、しないんだから~~
罰ゲームは、涼平クン。花粉症でくしゃみをするとき、脚が◇←こんな形になっちゃうコント。
照れることなく、思いっきりしてくれて、とっても面白かった。涼ちゃん、やるー!!
私は、クイズで優勝するよりも罰ゲームを見たいという、慶太クンにとってはありがたくないケイター
そんな心が伝わったの か、最後にアンバランスが「生チュー」コントを披露した後、「次、慶太とやろう!」と言われたら、「やりますよ!」と承諾したのだった。
そのコントたるや・・・・
お客さんが「きょうは、暑いね~。とりあえず、先ず、生チュー」と注文したら、店員が「はい、生チュー!」と言って、唇に生チュウをするというとんでもないネタ
「ぜったい断ると思ったでしょう?やりますよ。」と、まさかの積極的な姿勢に、逆に、アンバランスがたじたじ。
さっきのクイズコーナーの勝手な進行に、後からクレーム入ってたんかしらん?
山ちゃんが「事務所に怒られる~」と言って、一旦やめかけたのだけど、「よし、おこられないのが分かった!」と言うことで、やることに。
ビール注文のセリフを言って、生ちゅうを待つ慶太クン。
席が2階最後尾から4~5列目なので、双眼鏡で見ている私には、正確な表情は分からなかったのだが、慶太クンは、照れることなく、真っ直ぐに立って山ちゃんの襲撃を待っていた。
私の目には、頬がやや膨らみ、目をつむって唇を少し突き出しているように見えたのだが・・・・←こんな口
私の脳味噌がぐにゅぐにゅ動いていた。
こんなオッサンに慶太クンの唇を奪われて、たまるかい!
なんか風邪でもうつされたら、かなわんわ!
いやん、でも可愛い~~
「ムリ~~~~!!」と言って抱きつく山ちゃん。2人で抱き合ってた。
くそ!それでも、ウラヤマッ!
ちゃっかり、手の甲にキスしてたし~~~
パーンチ!なにすんねーーん!!(慶太クン、Tシャツの裾で拭くことなく、偉いね・・・)
慶太クン、サービス精神旺盛ですよね!慶太クン、「オレたちも、コント作ろう!」なんて言ってたよ。龍一クンが「生チュの・・・」と言うと、「それはない。」と一蹴。
あのときのキス待ち顔、メイキングに入れてもらえないかな?(笑)
話が前後するけど、この日の涼平.ボイスクイズは・・・・・
「ドーン」

そんなのあったっけ?
「では、もう少し」と言うことで、「チチチチ、チチチチ」
分かったー
答えたのは男性。「キャンゲバ!」
「お!略しましたねー!」ファンが略語で言うと、慶太クンがいつも一々反応するのも、面白いのよ。
それにしても、あの曲は「ドーン」では強過ぎるね?
「こうでしょう?」と、慶太クンが、とっても見事にイントロを表現してくれました。流石です。
このコーナーで、慶太クンの生声でイントロを聴くのも、今回の楽しみになりました「TRIAL」もキレイだった。
しかし、涼平クンのは面白い。あれは、イントロ当てじゃなく、イメージ当てやね。「涼平クンの感じてる曲のイメージを音で表現すると・・・」クイズだと思う。
涼平クンのクイズを思い出すと、電車の中でも「ぷぷぷ・・・」と笑ってしまう

そうそう、書き忘れてたけど、東京2日目に新コーナーができてたのよ。
スタッフからの裏話コーナー。
その日は、龍一クンのワイルドな裏話。
手づかみでお好み焼きを食のまべたり、指で歯磨きをするワイルド龍一。昔は、なんと歯磨きもしなかったそうだ。「リンゴを食べてたら大丈夫」と言う、持論で。ところが、リンゴアレルギーが分かり、それが出来なくなったそう。
慶太クンからの裏話。龍一クンは、マスクの代わりにバンダナをする。
第1号の龍一クンに、とっても不評だった、このコーナー。大阪ではありませんでしたね。
第1回で打ち切りか!?
o0720096013259527585.jpg
ライブ後は、Ruuさんとmipoさんと、打ち上げ。それが、また楽しくってー
アフターライブも重要ですネ!

曲の感想も話したかったけど、もう、こんな時間だ
明日から、新年度。
遅刻したら大変なので、きょうは、ここまで。

翌日追記
少し前の「SAY YES」・「Rain Is Fallin'」・「Some More」と比べると、「FANTASY」・「Make you mine」・「Million Dollar Girl」・「Sexy Girl」は、やっぱり味わいが歴然と違う。「変わりゆく空」なんて、ものすごーく違う。
すごいよね。流行とか狙ってるものとか年令とか色々な要素があって、パフォーマンスも変わるんやね。
アイドル・アイドルせずに、今の本格志向は大賛成。w-inds.どんどん、これで攻めて行ってほしい。こんなこと出来るの、彼らだけだよ。「Feeling U」は、慶太クンの優しさと甘さがMAX。どうしても双眼鏡で彼の顔を見たいと思う。
だからと言って、EDMは、もうしない(作らない)と言ってたけど、優れた曲は、いつまでも大事にするよね。しまっておかないで、使ってるね!
「SAY YES」は、当時のライブのときの振りよね?クルッと大回転するとこ、好きなのよォ。それと、漫画の1シーンのように、(漫画みたいに)空中を走ってる格好も好き。分かります?
「Rain Is Fallin'」は、WORKSvol.7の1曲目の曲でもある。オラオラムードのw-inds.がカッコイイ。そんな前の曲だと思えないわ。
「Some More」は、最後の方で暗くなって一人ずつライトが当たって踊るシルエットが、めっちゃカッコイイ!
「Touch The Sky」は、①タオルを振れる②しかも、ちょっと振り付け有り③会場参加で声出しできる・・・という優れもの。みんなで盛り上がるには、ベストかもしれない。
「変わりゆく空」は、ここ暫くライブでやってなかったよね。この曲が大好きなRuuさんが涙が出たと言ってた。
こう考えると、今回のセットリスト、なかなかじゃない?
しかし、なにしろw-inds.の曲は沢山あるから、ファンも色々と欲を出すんだよね~
どの曲も渾身のパフォーマンスだった。
涼平クンは東京2daysが疲れたのか、その日は9時に寝てしまったとか。いつもなら、当日反省をするのに出来なかったから、大阪の日、汗びっしょりで練習してたそうだ。慶太クンが汗を見て「練習してたの?」と聞くと、「いや、暑かっただけ。」と答えたそう。ヒュー!!高倉健みたい
4回も行くと、すっかり馴染んじゃって、あのセトリが病みつきになってしまった。また見たい!聴きたい!
DVD発売とは、ラッキー!!
winds_matasetana_tv.jpg
それにしても、クイズコーナー進行役登場の「T2P」は、誰が選曲したんだろ?
あの選曲こそ、エイプリルフールだ


     
プロフィール

may

Author:may


最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック