変わらない良さ

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊
T0016278p.jpg
パイレーツファンの友人と観て来た。
夢・冒険・愛・笑い・涙・・・色んな要素がびっしり詰まったテーマパークのアトラクションみたいな映画。
楽し過ぎる!!
北を指さず自分が求める物を指すコンパスや、瓶に閉じ込められたブラックパール号、10年に1度しか陸に上がれない呪いをかけられたウイル等々、過去作品のネタを回収してくれた。昔のcrewも出て来て、懐かしい。
何と言っても、ジャック・スパロウを怪演するジョニー・デップが最高。本当に素晴らしい配役。ジャックが出てきただけで、笑ってしまう。
パート1を改めて観てみると、ジャックが活躍してる。当たり前か?主役なんだから(笑)
でも、今回は、実はそれほど活躍しないで、ふざけた態度でちょろちょろしてるイメージが強かった。
もっと若い頃は、かなりしっかりしてたみたい。顔つきも、きりりとしてるでしょ。
234_20170717112608de6.png
↑この若き日のジャックは、ジョニデですか?別の俳優?それとも若作りメイク?CG?
ジョニデって、あんな変な姿してるけど、鼻の形がツーンとしてて美しい。

ストーリー的には、あまり複雑じゃなくて、娯楽要素が強くなってると思うけど、やっぱりパイレーツは面白い。
映画評を見ると、マンネリだと言ってる人もいるけど、いやいや、これは変わらぬ良さだと思う。
あの曲聴くだけで、わくわくしてくる。
でも、確かに、いくらスーパー強烈キャラでも、ジャックだけだと飽きちゃうかもしれない
そこで、新キャラ登場。ウイルの息子、ヘンリーである。
359876_005.jpg
ちょっと細身過ぎる感があるけど、久々に「イケメン認定」したい。
ヒロインもキレイなんだけど、ヘンリーに比べると老けてるのよね~。姉さん女房になっちゃう。

まさか、この映画で泣くとは・・・
私が泣かされたのは、キャプテン・バルボッサ。いや~。弱いのよ、親子愛には

もう1つ泣いたのが、ウイルとエリザベスの再会。2人が駆け寄って行く姿に、胸が熱くなっちゃった
rPWc860mHSJrY5K2A1mxk1oaKaE0Z3rX6naAO2c0.jpgjbjjHVrXzLE0NfoeQ0jUGjsQRVpU9iQUmc47mxCU.jpg
これぞ、美男美女
オーランド・ブルームって、ほんとに綺麗。w-inds.も言ってたよね。「イケメンだー!」って。
いや、ほんまに美しい。
xpYau5Y3dbbIKUtomDBb2TPOCMLGHGq1Pf7vsGhZ.jpgレゴラスやけど

今回で完結編と言われてるんだけど、もっと続けてほしいなあ。
寂しいよ~~~
エンドロールの後に、意味深なシーンがあった。
ウィルとエリザベスが眠ってる部屋の壁に、デイヴィ・ジョーンズの影が稲妻で映るのよ。床には、フジツボが・・・・
場合によっては続編も有りってこと!?

w-inds.の新曲に心奪われながらも、溜まってた日記の宿題をした昨日・今日。これで、すっきりした気分で、初日に臨めるわ。真面目ー
慶太クンは、こんな1日を送ってた。

自分のSNSが仕事、音関連ばかりでつまらない気がしてきた。
意図的にそうしたんだけど…
生きてれば沢山の刺激や影響を受けて、考え方は様々変わる。
それは決してブレてるのでは無く、強い信念がある自分の意思。
だから、自分の過去の行動や発言程度に囚われるのは勿体無い。

起きて5分後にはスタジオで
そのままずっと作業。
これから歌録り。
#寝癖 #パジャマ #結局音楽系Tweet
DE7ChGDV0AAgjfP18日

彼氏とRec.中に
高音出す時に舌根が上に上がって声の抜けが悪くなってるから、舌を出しながら歌うといい練習になるよ。って言われたなう。
に使っていいよ。

変わらない良さと変わっていく良さの両方を兼ね備えた男、橘慶太。
好きやで

プロフィール

may

Author:may


最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック