FCLT 2018 〜ESCORT〜(中野・大阪)ネタバレ有り

3月14日(水)中野サンプラザ
2階後ろから2列目で見る眺めは、綺麗だった。
床の電飾も綺麗なんですよ
なんだか、すっかり、MCを忘れてる
JIJIPRESSの動画が嬉しかったね。
アンコールの時、Leadが出て来て、楽しかった。
涼平君が「僕らのオープニングアクトをしてくれて、温めてくれたから、ライブが出来たんだよ。」と言うと、輝君「ほんと、そうですよ。」って。面白過ぎ
輝君も伸也君も直ぐにお祝いの花束を渡してるのに、敬多君だけ、ずっと持ってる。
そのうち、慶太くんが輝君に「なんでも、俺のマネして歌ってるんだって?その歌だから、一緒に歌おう。」と言ったところ、輝君が「スーパーラバー」と言ってしまった。
「おい、こら!曲名言わないようにしてるのに、なんてことを!」

そこで、敬多君が花束を慶太くんに渡す。
「おーい、この花束は、詫びのため用だったんかーい」
ほんと、Leadって面白い。可愛い。

「DirtyTalkは40枚目のシングルです。」
「40枚って並べるとどれくらいかな?これくらい?」と、龍一君が腰の高さくらいに手をかざしたから、まっちさんと思わず、目を合わせちゃったよ。
それって、「並べる」じゃなく、「重ねる」でしょ?と、目と目で話す私とまっちさん

まっちさんが羽田に迎えに来てくれて、それから新宿タワレコに行き、CDを買ったところ、「龍一君サイン券」が入ってた。
やっぱり、まっちさんは幸運の女神だわ
miyokiさんやYさんとも、久しぶりに会えて嬉しかった。
打ち上げでお会いした皆さん、ありがとうございました。
翌日は、miyokiさんと一緒に朝ごはんを食べた。やっぱり、同じホテルにして良かったね。


3月18日(日)Zepp Osaka Bayside
Ruuさんとmipoさんと一緒。
久しぶりにmaimeeさんとも会えて、一緒に打ち上げもできて嬉しかった。
番号は悪かったけど、2階に上がれたので、よく見えて良かった。隣はミ○リ○さん。おかげで楽しかったあ。
でも、1階後ろだから、どうせ見えないと思って、コンタクトも入れず双眼鏡も持って行かなかったのが悔やまれた。

大阪MCは、お客さんの参入がすごかった。
順不同
・ゼップ大阪の楽屋には加湿機能がある。
「何%が良いの?」とお客。
40~50%かな。
高過ぎても、気持ち悪くなるそう。

・慶太「僕の言うことは、大体、みんなに読まれてる。3月14日のライブでも、今日はホワイトデーです!と言ったとき、ショウヘイ君が、『絶対ホワイトデーって言うよ  』と周りの人に言ってたんだって。」
客も「分かる」「読める」と言う。
慶太「じゃあ、今、何を考えてるでしょう?」
難しすぎる~
客「ユニバに行こう!」
名答
慶太先生「ばかやろー」
慶太先生「じゃあ、涼平君」
涼平「ユニバに行こう!」
カンニング

涼平君だけ、ケータリングのたこ焼きを食べたそう。いろんな店のがあって、食べ比べができたそう。
「俺ら、食べてない。」と慶太くんが言うので、お客が「今、食べていいよー」
「え?それは、ダメでしょ。口の周りに青のりついてたりしていいの?」
「いいよー」
「ソースとかも?」
「いいよー」
「俺は赤ちゃんかっ!」
「寝癖は?」
「いいよー」
「鼻からうどんも、いいのー?」
「いいよー」
「ええ?いいの?なんでも許してくれるの?」
あれもこれも許してくれるファン。
「トイレットペーパーが、くっついててズボンの上からはみ出して、ひらひらしてても?」と涼平君。
なんじゃ、それ~!?そんなシチュエーションある?(爆)
「いいよー」とファン。
「え~~~!?それも許してくれるのー」と驚くw-inds.
私も驚いた。

・龍一君「肉まんのにおい論争」にふれる。
スタジオかどこかで、なんだったっけ?何かを食べてて、その後、フェアリーズのミキちゃんが入ってきたけど、何も言わなかったそう。気を遣うミキミキ。

・涼平君が「ライブは、楽しんだ方がいいよ。」と言ったとき、「お客さんに、そんな上から目線で失礼な」と慶太くんに言われ、床にうつ伏せになって、前のファンと目線を合わせて話す涼平君。
「後ろの人が見えんだろー」

・龍一君が、「河村隆一さんが、この前全曲ライブをしたそう。8時間だったそう。」と言うと、会場から、「やってー!」「やってー!」と言う声が多数上がった。
慶太「なんで、よりにもよって大阪でそんな情報を出すんだよ!」
案の定、色々な要望が(笑)
それを学校の先生のように、聞いていく慶太くん。「まだ、ある人?」「いいねー!」
「メドレーでいいよ」とファン。
「そんなこと言っておいて、『あ~。あれはAメロがいいのに』とか『w-inds.って、分かってないのよねー』とか言うんでしょ。分かってるんだから。」と慶太くん。トイレットペーパーのヒラヒラは許すくせに(笑)
「ダンスの日とバラードの日」→涼平「ぜったい寝るでしょ?」
発言の中で、一番賛同が多かったのが、1日で全曲は大変なので、曲を5年ごとに区切ってするというもの。
「さあ、これより、もっといい案がある人?」
そこで出たのが「うちでしてー」
これには、ずっこけたけど、慶太先生は「いいねー!こういうのを待ってた。さすが、大阪!」と大笑いしてた。

・ユニバーサルスタジオの話。
w-ind.sの手形がある。
「コナンが面白い」と言う龍一君。
「龍一君は、逆コナンだからね。」

「見た目は大人、頭脳は子ども」
シッツレーな

・龍一君が「Wが縦になってるから、Eに見えるね」と言ったのは、本気なのか冗談なのか。どっちか分からないのが龍一氏(笑)
「頭に乗せたら、王女様だね」とも
DYx_lC-UMAEZhZl.jpgDYx_l_IVQAEqHw8.jpg
私は、龍ちゃんが「ESCORT」のEだと気付かないふりして言ったのかと思ったの。または、ほんとに気付かず(笑)
「可愛いなー」と思った次第。

・「Time Has Gone」に行こうとするも、お客の参入がすごくて、MCが終わらない。
涼平君は、しっかり入るポーズをしてるのだけど・・・・。地蔵涼平
「Timelessライブのオープニングでは・・・」と、w-inds.自ら、脱線して「こうだった」「ちょっと違う」とポーズを再現する。

・ついに、龍一君に「結婚してー!」と
「俺で良ければ」
・・・って、いいんかーい!
「緒方になりたい!!」と言う人、多数。
「全国の緒方さん、たくさん居るからねー」
または、龍一君のお母さんは双子なので、従妹が龍一君にそっくりだから、「そちらで、どうぞ」って。
ほんとにそっくりなので、こうして、仕事のときとか、時々替え玉がやってるそうです(笑)
「プロポーズの指輪をたこ焼きに入れてて、食べられちゃったら大変」という話になって、そういうときは、後からこっそり回収して、しっかり洗って、もう一度渡すことにしようと・・・。
「We Don’t Need To Talk Anymore」で、あろうことか、龍一君、パフォーマンス中笑ってたのだって。
「帰る場所がある。その意味する光るリング」に反応したそう。
「結婚」は、NGワードだと思ってたけど、案外、どんどん行ってたねー。
でも、お客が涼平君に「おめでとー!」と言わないのは、よくわきまえてる。

・龍一君が「4月30日は、パシフィコで」と言うところを「4月40日は」と言った。直ぐに気付かない龍ちゃん。
涼平君、笑いのツボに入る。

私は、今年のファンクラブライブが、今までで一番好き。
生バンドも良いし、セトリも良い。
慶太くんの作った曲を生バンドで聴けたのが貴重。
CAMOUFLAGEも、生バンドバージョンで聴けて、嬉しい。
Still on the streetも、バンドでやると壮大。
生バンドのTHE SYSTEM OF ALIVEも、映えるね。
来週は福岡で、4月40日30日は、パシフィコ。
1か月も空くから、まるで追加ライブみたいだね。
「久しぶりに観れる」感じで、嬉しいなー。

今は、アルバム制作中だとか。
夏にライブ、あるかなあ。
「ライブもやりたいですね」って、w-inds.も言ってたから期待しちゃうね
DYjc-rbU8AAQC6B.jpgjMlTVoJ0.jpggzv5u75u.jpg




プロフィール

may

Author:may


最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック