ハナムケ2

何故、「2」かと言うと、2007年1月にも「ハナムケ」ってタイトルで書いてるんです。

昨日のw-inds.仙台ライブで、Wアンコールで特別に歌ったそうだ。
慶太クンのブログから・・・・
「最後に一曲仙台だけで歌わせて頂いた曲もありました。
個人的にはこれ以上無いくらい頑張ってる方々に
僕みたいなものが追いつめるかの様に頑張れ、頑張れなどとは言いたく無いタイプなので
選曲はあえて応援ソングみたいな曲は避けさせて頂きました。」

良かったんじゃなかと思う。「ハナムケ」は。
前に、自分がどんな日記を書いてたかなんて、すっかり忘れてたんだけど、こんなこと書いてたのね~。
コチラ
アハ!「岸壁の母」のことまで書いてる(笑)このとき、泣いたんだ
「ハナムケ」は原曲があったのね。
w-inds.歌の方が、せつない。3人の声がピュアだし、慶太クンの声には、哀愁があるなあ。



やはり、イイ曲だね。綺麗なメロディに言葉も、とってもイイ。優しくせつなく、それでいて強い。
w-inds.の曲としては、珍しく日本語タイトルなのも嬉しいの。(カタカナだけど)

実は、「ハナムケ」を前に書いたことを覚えてたのではないんだよ。前に、w-inds.の曲の原曲をいくつか調べて記事にしたことがあるのよ。そのとき「ハナムケ」を入れてなかったから、追加しようと思って記事を調べたんだけど分からなくて、代わりに出てきたわけ。
あの日記、いつ書いたかな~?
で、ちょっとだけ過去の日記をついでに読んだのだけど、なかなか面白かったり恥ずかしかったりした。特に、2009年ライブ開始の頃、恥ずかしい~~~~
コメント頂いてた人が、今では居なくなったり・・・・あの人は、いずこへ?!

見つけた、過去記事。スッキリココ
it's in the stars
風詩(All or nothing)
     

コメント

キレイな優しい曲だけど
ホントに会えなくなった人がいる人が聴いたら泣けたと思う。
その気持ちを想像するだけでも泣けるし・・・
でも、そんな人たちも笑顔でまた一歩踏み出して欲しいね。
原曲も初めて聴きました。ありがとう!

pontaさんへ

そうだあ・・・・永遠の別れをした人には、どんな歌も辛いかもしれないね。または、逆に救われるかもしれないし・・・。
原曲を聴くと、、歌は編曲や歌う人によって変わって、面白いよね。慶太クンの声が、やっぱり好きですv-238

泣きました!

「岸壁の母」はヤバイです。涙どころか鼻水までダラダラ。
「ハナムケ」は派手さはないけど名曲です。
たくさんの曲の中でハナムケを選んでくれたってのも泣かせます。
本当に「出合いの数だけ別れがあります」
そしてもしかしたら今日が最後かもしれないと思う時ほど何気ない振りをしちゃうもんなんですよね(涙)

miyokiさんへ

おお!友よ~~~!
「岸壁の母」で泣いたなんて、同志だ。同志だ。
「ハナムケ」のPVの慶太クンの痩せ具合も気になりますが、イイ曲ですよね。せつないけれど、前に進める歌です。
泣きソングと言えば、「Dedicated To You」。あれは、もう悲しすぎるのよねv-406

ここにも ハナムケ

コチラ も見てきちゃった!!
こういう叙情的な曲に 慶太君の声 あいすぎなのだ~
説得力が あるしね!!
なんてことない詩でも 意味があるように感じてしまうという
不思議な歌声です
ベスト10 ほんとにほんとに 困ってますv-12

charoリンさんへ

慶太クンの声が好きなんだよねーv-345
時に、ちょっと不調だったりしても、それだけ繊細な声なんだと思ってます。
これは、私たち、一生モノの宝を手にしたよネv-352
Secre

     
プロフィール

may

Author:may


最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック