僕たち3人を 愛をもって見守ってくれているひと。

ゆうちょ銀行LETTER for LINKS
w-inds.から葉山さんへ宛てた手紙。

じんと来ますネ
これは、アナログmayとしては、テープ起こしして活字にしなくては!と思いきや、なんと、文字でも載せてくれてるではないですかコチラ
嬉しい

目の前に現れた茶髪でロンゲなひと。
笑ったり 泣いたり 傷つけてたり
素直な感情 ぶつけあえるのは
きっと10年後も それ以上でも
変わらず 続いてる そう願って・・・。
葉山さんが作ってくれた『New-age Dreams』という曲。
ボク、w-inds.の橘 慶太は、この歌詞が好きだ。
葉山さんがボクたち3人を、愛を持ってみてくれた証のような歌詞だから。
10年後も、それ以上でも、変わらず続いている。
葉山さん、ボクらなんとか続けてるよ。
なんとか3人で頑張ってるよ。
初めて会ったのは、スタジオだったと思う。
レコード会社の偉い感じのひとがたくさんいて、緊張していた。
なによりボクは、まだ14歳だった。
何を話したのか、よく覚えていない。
ただロンゲで金髪の葉山さんを見て、「うわ、業界のひとだ」と思った。
ボクは福岡出身、涼平と龍一は北海道出身。
南と北の風がひとつになるように。
そんな願いがこめられてつけられたw-inds.というユニット名。
葉山さんがその風を天空に押しあげてくれた。

東京という街に萎縮していた僕たちに、優しく接してくれた。
たとえば 悩みに負けそうな時
みんなと笑って 語り合って
それがくだらない話でも 決まって 楽しいね
ボク、w-inds.の緒方 龍一が、好きな歌詞。
これも葉山さんがつくってくれた『New-age Dreams』。
葉山っちは、まるでお父さんのようで、でも気軽に冗談も言える数少ない大人だった。
東京に出てきたばかりの子供だったボクたちに、いつも真摯に接してくれた。
お宅にお邪魔したこともある。
トイレに漫画『ワンピース』が置いてあってちょっと意外だった。
いろんな漫画を何冊も貸してもらった。
お礼というわけではないけれど、葉山っちのステレオのスピーカーの部品を交換してあげた。
当時ボクはホームシックにかかっていた。
ひとりでビートルズを聴いては、父が弾いてくれたギターの音色を思い出し泣いていた。
そんなボクに、葉山っちはとことん優しかった。
ウチに遊びにきてくれて、ボクのお姉ちゃんの手料理を食べ、テトリスをして帰っていく葉山っち。
やんちゃなボクによくつきあってくれたなと、今、思う。

ボク、w-inds.のリーダー千葉 涼平は、葉山さんがすごすぎて、近づけなかった。
曲づくりも真剣そのもの。
『Another days』という曲の歌詞がなかなか書けなくて、わざわざ彼女と別れたらしい。
地方から上京したボクたち3人は、まだ14歳や15歳。
東京という街に、萎縮していた。怖さにのまれていた。
そんなおびえているボクたちに優しく接してくれた。
いまボクが同じように10代の子たちに、接することができるのか、自問してみる。
なかなか難しいと思う。
とにかく歌詞がすごかった。
まるでボクたちの心を見透かすような鋭いフレーズがあるかと思えば、人生にとって大切なものをふんわり届けてくれる。
レコーディングを終え、不安な気持ちでブースから出てくると、いつも「よかったよ」と笑顔で言ってくれた。
うれしかったなあ、あの笑顔。
支えられたなあ、あの優しさ。
今も葉山さんの曲をやるとき、葉山さんに見てもらいたいなと思う。
葉山さん、ボクたち、なんとかやってるよ。
笑ったり 泣いたり 傷ついたりしながら
3人で 頑張ってるよ。


葉山さんへ
w-inds.のこと生み出してくれて、ほんとにありがとうございます。
これからも頑張って、葉山さんに胸を張れるような音楽を続けていきたいと思います。
w-inds.慶太でした。

えー、w-inds.を作って下さってありがとうございます。
日々、自分自身成長して、葉山さんがw-inds.に作ってくれた楽曲を大切に、今後ももっともっと頑張って、この曲を大切にしていけたらな、と思ってます。
これからもよろしくお願いします。涼平でした。

僕たちw-inds.のお母さんでもあり、お父さんでもある葉山さん。
いつも優しく、温かい目で僕たちを育てて、見守ってくれてありがとうございます。
最近は、あまり会うことはありませんが、これからもw-inds.らしく、葉山さんに胸を張れる音楽とパフォーマンスを作っていきたいと思います。龍一。



ちょっと、うるうるします。
実際、彼らは、今年のFCLでも葉山さんのことを話してましたね。いつも思ってるみたい。
そして、あんなにダンスナンバー!ダンスナンバー!と言ってても、葉山さんの曲が大好きなんですよ、彼らは。

2010年8月の葉山さんのツイッター
「w-inds.LIVE観てみました。3年振りに観た彼らのステージは正にAnother Worldでした。その世界観に圧倒されて素晴らしい以外の言葉が見当たらないのは、物書き失格です。この先どんな関係になってもずっと応援し続けます。ファン第一号の座は永久欠番です。」
     

コメント

本当に涙ものですよねぇ

w-inds.と葉山さんの関係は本当にすごいですよねぇ!!
デビュー当初はw-inds.のプロデューサーさんってぐらいほとんど葉山さんの曲でわたしもその曲に魅了されてファンになったわけですし(≧∇≦)
『四季』だってわざわざw-inds.のために直々に持ち込みしてくれてw-inds.にとって本当に大切な人ですよねぇ(^o^)/
w-inds.の曲はもちろんどれもすごくいい曲ばかりだけど葉山さん曲はw-inds.愛が強くていいですよねぇ(;∇;)
葉山さんで新曲ってやっぱりもう無理なんですかねぇ…

葉山さ~~~ん!

「僕たちなんとか続けてるよ」って言葉に私の涙腺が~~~v-406
葉山さんは公私共にw-inds.を支えてくれてたんですね。
w-inds.の始まりを作ってくれたのが葉山さんで良かった!
葉山さんて、、、なんか人間の色んな事を分ってる人なんだと思う。
じゃなきゃあんなに素晴らしい「詩」は書けないもの。
またいつの日か葉山さんに曲を書いてほしいなぁ。

みーくんへ

きっと、いつか、また葉山さんからのプレゼントがあると思ってますv-238
これって、恩師と教え子の関係かな?w-inds.、幸せだよね。こんなに素晴らしい先生に出会えてv-238

miyokiさんへ

前にGyaoで見たとき、葉山さんってピュアだなって、思ったの。
絶対オヤジ・オッサンにならない人だなーって思った。今井さんも好きだけど、彼は、なる人と思うの。キャーv-399し~っ!し~っ、静かにv-356

うるうる、全開です。

葉山さんのw-inds.に注ぐ愛は、三人ともしっかり受け止め、そして、注がれるだけじゃなく、色々な形で恩返ししているのですね。というか、それが出来る年齢になったという事かしら?
芸能界って、怖い所でしょうに、ね。
それにしても、なんてステキな人たちなんでしょう!
放送を文字にしてくれたmayさんにも感謝します(^з^)-☆

maimeeさんへ

いえいえ^^;さすが、「郵」だけあって、ちゃんと「お手紙」の形にもしてくれてたんです。ありがたや~v-238
葉山さんの作ってくれた曲は、今なお、心に沁みますね。曲と言うより、「歌」なのかなーv-290

w-inds.って

新しいもの 新しいもの・・・・ってやたら言葉にしてるけど ほんとに大事にしなきゃいけないこと 大事にしたいことをちゃんともってるとこ!!
やっぱり 愛すべきグル-プですねv-406
これを読んだとき 私はまさに が~~~~んって気持ちが落ちていた時だったので 涙涙で・・・・
w-inds.も 慶太君も 私をよく 泣かせてくれちゃってます

またまた感動的(´;ω;`)ウッ…

だから、だ、か、ら、w-inds.が好きなんです。
彼らには、棘がなくて、優しさがあるんですよね。ずっと活動を続けてほしなあー。

charoリンさんへ

いいものを読ませてもらいましたよね。私も、心が温かくなったり潤ったりしました。3人の出会いには運命を感じるけど、葉山さんとの出会いがなかったら、今のw-inds.は無いですよね。うるうる

聖子さんへ

そうなの!そうなの!
あの謙虚さ、純粋さ、素直さ、真面目さ・・・・などなどが、歌・ダンスだけでなく、私達の心を掴むところですよねv-238
Secre

     
プロフィール

may

Author:may


最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック