KEITAの楽曲

KEITA3_convert_20130109000511_20130328194834.png

Slide’n’Step
作詞:KEITA, A☆, SUNNY BOY, Ryosuke Imai
作曲:Ryosuke Imai, A☆, SUNNY BOY, JUNE
編曲:Ryosuke Imai
・2012年11月26日“KEITA”名義でソロプロジェクト始動の発表会で初披露。
・レーベルのディレクターと方向性を考えながら、ソロ・プロジェクト第一弾の楽曲の構想を練った。いくつかのトラックを集め、最終的にKEITAのファーストシングルとしての世界観とパフォーマンスのビジョンが見えたことから、今井さんのトラックに決めた。
・選択した決定打は、「イントロの力強さ」「ヴァースが持つトラックとメロディのグルーブ感」
・サビのメロを10回くらい変更するくらいこだわった。
・リズムがすごく面白い! 作曲は3人で、リズムはSUNNY BOYが作っていて、それが独特ですごく好き。
・歌詞も、名刺代わりの1曲目ということを意識して、自分のイントロデュース的なことを歌えたらいいなと思った。
・「音楽で世界を引っ張っていく」という強い男性像が見えるような世界観に仕上げた。
・新しい音楽性というベストパートナーを見つけた瞬間、ソロで歌ってみたいと思った。
・恋愛のパートナーというふうにも解釈できる歌詞なので、ダブルミーニングの世界観を楽しんでもらいたい。
・聴いたときから書きたい歌詞の世界観があったので、自分で書いたうえで、今井さんに書いて欲しい世界観を伝えてひとつの歌詞に固めたいった。
・意識したのは、今のJ-POPのチャートに入ったとき、逆に浮くようなものにする・アッシャーやクリス・ブラウンの曲の次にかかっても、負けないようなサウンドにすること。
・扁桃腺手術後、初めてのレコーディングだったので、思いのほか発声が違って苦労した。でも、楽器(声)が良くなったというのを感じたので、キーの高い部分もより楽になった。

Searchinʼ’
作詞:KEITA
作曲/編曲:Brandon Howard
・2012年12月23日「SOLO PROJECT PREMIUM SHOW CASE」にて初披露。
・ビルボードのBrandon Howardライブに行ったときに話せる機会(2010年9月末)があって、トラックを作ってくれることになっていた。参照:Krematorium Studio
・ミディアムな4つ打ちのR&Bは、R&Bの定番なので、絶対にやりたかった。
・音数を抑えたのもこだわり。どういうスネアが良いとか、そこまでこだわった。
・歌声では、高音がポイント。
・扁桃腺手術後の。もう早速高い声が出ることを生かして、シャウト部分をやった。
・ちゃんとしたストーリーが欲しいと思ったので、失恋をテーマにせつないR&Bを表現できたらいいなと思った。
・最初にメロディを聴いたとき、とてもせつなくなって、男の人がひとりぽつんとアスファルトの上で携帯を見つめている映像が浮かんだ。そこから膨らませて、心が離れてしまった恋人へのせつない感情をかいた。

One Night
作詞:KEITA
作曲:Brandon Howard, Jackie Jackson, Sigmond Jackson, John Castelli
編曲:Brandon Howard
・2013年1月26日に行われた「Beat Connection2013」で初披露。
・面白いパフォーマンスができると、お客さんと絶対に盛り上がると思って選んだ。
・ステージでもセクシーな世界観を表現できるなと思った。
・ライブの演出を考えて選んだ。ループ感がすごくカッコイイ。なかなか思いつかないリフだと思うし。
・歌詞は、Searchinʼ’と同じく、最初に感じた情景を書いた。
・パフォーマンスでセクシーなものに挑戦したいというのがあったので、そこを意識しながら詞を書いた。ギリギリセーフなラインを攻めてみようかなという感じで。
・すごくはまりやすくて、1時間もかからないくらいで歌詞が書けた。
・デモの段階で「Give me one night」というフレーズが入っていたので、そのまま使わせてもらった。実際に歌詞を書くときは「俺って、そういうキャラじゃないよなぁ」と思いつつ(笑)、心を入れ替えて、愛を求めるモードになって書いた。


Pretty Girl
作詞:有森聡美
作曲:Brandon Howard, Algebra Blessett, Julian Hassan, John Castelli
・リリースイベント仙台で、「Searchinʼ’」に代わり初披露。
・歌モノとして、入れたかった。
・しっかりと聴かせる曲も歌いたかった。
・すごくピュアなミディアムバラードになっている。
・「僕は君に夢中だ」は、もちろんそんなこと普段は言えないですよ(笑)。でも、歌詞でなら表現できる。歌だから出せるストレートさがあるなって思った。
・(他の人の歌詞だから)少し演じる感じと言うか。照れくささはなくなるからイキ切れる部分もある。すごく新鮮だった。
・ラブソングなんですが、最近の僕はそんなにときめくことがないんですよね(笑)


Shame on me
・KEITAとJUNEで作った曲。
・2012年11月ごろに作った。
・2013年1月26日に行われた「Beat Connection2013」で初披露。2013年3月20日の「いつもNAVI学園祭」・3月22日香港「第3回香港アジアポップミュージックフェスティバル」でも披露。
・「こういうの作ったんですけど。」と持っていくと、「いいじゃん。やろうよ。」となり、「よし。」。
・これぞEDMという、すごく煽れる曲を作りたかった。
・「恥ずかしさを俺にぶつけろ」という意味合いがあって、「俺に任せろ」という意味。


Thinking of you
作曲UTA,The Jacki Boys
作詞:KEITA, A☆, SUNNY BOY
・Searchinʼ’の次に収録した。
・ミディアムバラード。
・2012年11月26日“KEITA”名義でソロプロジェクト始動の発表会で初披露。


Magic
作曲:KEN、JUNE
作詞:KM-MARKIT
・2013年1月26日に行われた「Beat Connection2013」で初披露。
・結構前に作った曲。(1~2年前・・・ということは、2011年頃?)
・ソロを考えたときに「こういう形です」とアピールする曲として録った。
・最初にJUNEくんと出会った曲。
・時代が変わったので、アレンジと音を変えた。

Slide ‘n’ Step -Extended Mix-feat.SKY-HI(AAA)
・配信限定曲として、2013年2月27日よりiTunes Storeにて配信がスタートした。dwango.jpでも、3月6日より配信スタートされた。
・SKY-HIが参加した別バージョンのMusic Videoは、オフィシャルYouTubeにて公開されている。
・ツイッターがキッカケで知り合った二人だが、JUNONで対談しただけで、その後は特に交流はなかった。しかし、「今後、一緒にやりましょう。」と言った慶太の言葉は社交辞令に終わることなく、色々な壁を乗り越えて実現した。
・SKY-HIの色を出しつつ、Slide‘n’Step が持つエレガントさ・品がある感じも大事にしてほしいという話をして、すごくうまくやってくれた。
・2013年2月27日にZepp DiverCity Tokyo で行われたSKY-HI 初となるワンマンツアー・ファイナル公演のアンコールで、KEITAが登場して初披露。


以上
2013年3月28日現在の披露曲
~いろいろな雑誌等をまとめました
     

コメント

No title

今、来てみてビックリした~!!
たくさんお仕事したね。ご苦労様です。

楽曲のまとめは保存しときたいです。ありがとう!!
慶太クンが1曲1曲大事に作っていることが分かります。いろんなタイプだよね。

パッと見て付け足すとしたら(わざと省いたのかもしれないけど・・)
Shame on meは20日のナビ学園祭でもやってたよ。
KEITA知らない人でも盛り上がるよね。
あとMagicはビーコネで初披露されてるね。
女性ダンサーさん登場だったと思うけど、私は曲についての記憶はもはや無いです。。
そして、ビーコネではShame on meも女性ダンサーさんも踊ってたね。
歌っていて気持ちいいと言うThinking of youも聴いてみたいけど・・アルバムに入るのかな?
それは分からないけど、とにかくアルバムとライブが待ち遠しいです。

pontaさんへ

ponta先生、ありがとうございまーす。さっそく直しておきました。e-278かな?
なんで、こんなに慶太クンのこととなると、勉強家なんでしょうv-411
ビーコネは、なんでか楽しむ余裕がなくて、緊張していきんでたな~、私。ほとんど、あの時の曲の感想が無いって、どうよね^^;
動画OKにしてもらえたおかげもあって、ずいぶん、たっぷりと楽しませてもらったよね。
アルバムとライブは約束されてるから、しばらくは余韻を楽しめますv-238

No title

mayさん、まとめて下さってありがとうございます

とっても解りやすくて勉強になるわ~

作詞陣、作曲陣凄いですね

KEITA君の構想も全て入れて綿密な打ち合わせも
しているんだろうな~

ドキドキ・ワクワクして取り組んでいる姿が
浮かんで来ますね

こちらはもっとドキドキですが♪

しほママさんへ

そう言っていただくと、苦労してまとめた甲斐があります。ありがとうございます
今、はるばる越谷市に来てるんです。帰ったら、もう少し付け加えたり修正したりしたいなんて思ってます。どこまで勉強家なんだか(笑)
慶太クン、大好きなんだもんね

さすが!

整理整頓上手なmayさんのお陰で私の頭の中もすっきり整頓出来ました!(^o^)v
すごく分かりやすい!

こうやってエピソードも交えて書いてもらうと更に曲への愛情が深まりますね~。

もちろん慶太君への愛情も益々深まるばかり(*≧m≦*)

miyokiさんへ

せっかく沢山買った雑誌だからね!
浪費家だけど、元とりたいケチん坊なんですv-389

そして、こんな整理や勉強は、大好きe-266

勉強になります^ ^

分かりやすくまとめて下さったお陰で、ふむふむ、なるほど!と、頭に入りました(^_^)v まだ聴いて無い曲も有るので楽しみです。
聴けば聴くほど好きになって行くのがw-inds.やKEITAの曲。不思議だわー(笑) 内緒だけど、最初は??って思う事も有る私ですー^^;

maimeeさんへ

メールする前にコメントくださってたのねやはり、maimeeさんとは、ご縁がありますねー
そうなんですw-inds.もKEITAも、ちょっと曲のレベルが高い?でも、聴けば聴くほど味が出て、深いのよねこういうのを中毒性があるって言うのかな?
Secre

     
プロフィール

may

Author:may


最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック