SOUL POWER SUMMIT 2013

8月4日には、「もう、行くのはやめようか?」と友人と言っていたのだけど、行って良かった!
もしかして、このイベントは、神様からの贈り物だったのかもしれないと思うほど。

前記事のように、かなりプラスな思いで、席についた私たち。
KEITAタオルを肩にかけ、ペンライトを確認し、双眼鏡のピントを合わす。
「えへっ、変わらんねー」と顔を見合わす。
思ってたよりも早い慶太クンの登場。
「アワワワッ」と席を立つ。
こんな所でペンライトは如何なものか?と思ったけど、慶太クンへの灯台になればと振ることに。後ろの人の迷惑にならぬよう、体の真ん前で振ったよ。
1曲目の「Slide'n'Step」のときは、後ろの方の客は着席が多かった。「あれ?ウインズの人?」とか言う声が聞こえてくる。ダンサーさん従えてのパフォーマンス。
私は、慶太クンのパフォーマンスを楽しむと言うよりも、周りが気になってたの。反応、どうやろ~?って。
慶太クンの頭は、遠くから見ると、シルバーに見えるくらいだった。いつものようにカッコ良く踊る。
生バンドなので、特に最後のマイクを置いてからの所が、いつもと全然違う感じに聴こえたよ。
曲が終わり、自己紹介。やっぱり緊張してるみたいで、「ガチガチです。」って。
お水を飲みに行って、「緊張で、後で何話したか分からなくなると思うので、皆さんも、MCは記憶から消してください。」なんて言ってたね。
「2曲目は何かな?」って思ってたら、「せっかくなので、ライブツアーで歌ってたEric Benetのカバー曲を」というところで、ファンの拍手があって、慶太クン、「ありがとうございます
この「Sometimes I cry」が、いつもに増して素晴らしかった。慶太クン、あれからもずっと練習してたんだね。それに、生バンドだから、よけいに良かったのかもしれない。ダンスナンバーならともかく、やはり、ああいう曲は生バンドだよね。とても気持ちよさそうに歌ってた。
会場の反応が、また嬉しくって。「えっ!?」「おっ!」「おおお~~~!」という歓声が上がり、拍手もわき起こってた。沢山の人が心底感嘆してるのが分かるのよ。
「行けーー!」「慶太クン、もっと行けーー!」って感じで、私も、とっても気持ちが良かった。
歌い終わると大拍手ほんとに、良かったです。
3曲目最後の曲は、「Hey Love」。ライブと違って全て平場だけど大体同じ感じで、お客さんもスタンディングで手拍子しながら、明るく軽妙なパフォーマンスだった。
会場からは、「ケイター!ケイター!」という呼び声と「ケイタチャーン!」という男性の声も。「MAY Jちゃーーん!」と叫んでた人かしらん?
この3曲の感想は、客席の反応が良くて、思ってたよりも盛り上がってくれたので「良かったー」という安心感が主で、「やっぱり私は、慶太クンの応援団だな。」と確認もできた。それだけでも、行った甲斐があった。
しかし、慶太クンが退場してからは、正直、ちょっと魂が抜けちゃったのよ。
鈴木雅之の歌は渋くてカッコ良くて、「こういう音楽もイイナ」って思えて、「夢であえたら」は一緒に歌う所があって、イイ気分で歌った。楽しいな。
ゴスペラーズも、さすがに上手くって。素敵やわ。鳥肌、立つわ。カバーアルバムを出すんだって。いいねー。
でも、完璧には楽しくないのよ・・・・・。魂半分は、慶太クンと共に退場しちゃった感じ。

・・・と、そこで・・・・
Bruno Marsの「Just the Way You Are」を一緒に歌います。「KEITA--!!」と呼んでくれたのですよォォン
ピョーーーーンと、魂、帰還。
スポンッと、私の中に戻った感、あったね
「ウワーーーー!!」「ウワーーー!!」と喜びの雄叫び(雌叫び)を思わず上げてた。最初のステージでは、むしろ控えめに応援してた私が、自然発生的に大声を上げまくったの。
まさに、魂の叫びって感じだった。
それに、ゴスペラーズの皆さん、とってもあったかい人達なのよ。慶太クンのことを誉める、誉める。
「舞台袖でみんなが、総立ちになって聴いてたよ」とか。
「鈴木雅之さんに、ファルセット系なのか?って聞かれた」とか。
「歌ってみたけど、1番高い音が出ない!出ない!」とか。
慶太クンが「緊張してなかったら、もっと楽しめたと思うんです・・」と言うと、「緊張してて、あれだけ歌って踊れるんだからねー」とか。
もう、本当に、ゴスペラーズの皆さん、ありがとうございます。私の心は、嬉しさで一杯でしたよ。
そして、そういうときの慶太クンは、嬉しそうではあるものの謙虚で恐縮してるの。それが、また愛おしい。
「Just the Way You Are」素晴らしかったです。慶太クンは、先ず、しょっぱなの部分を歌ったの。
ゴスペーラーズの黄金のハーモニーに、慶太クンのキラキラした歌声が加わり、さらにさらに極上の曲になったんとちがいます?
ああ~~、慶太クンの声が、好きやァァァ!!
後で、「この曲、慶太クンの声に合ってるよね?」と言うてくれはりました
そして、慶太クン、退場。
私の魂は、今度は、もうガッチリと体の中にあって、ソウルフルパワーとなってました
その後のステージの楽しかったこと!
まあ、なんと私ってゲンキンなんだろ。

アンコール?曲目でも、慶太クン登場。
自分のパートを、高い声で歌ってた。このときの声は、ビージーズみたいな綺麗な声で、ちょっと他の男の人の声とは色が違うの。
ああ~~、慶太クンの声が、好きやァァァ!!(高も中も低も。全てさ)
最後の曲は、全員で。慶太クンはニコニコしながら歌うも、体は奥へ奥へ・・・と控えめ過ぎる(笑)
みんなでステップ踏んで踊りながら歌うんだけど、彼はプロダンサーのくせに全くカッコつけない、とっても素朴なステップなのよ。それが、また、なんとも可愛い。出演者同士、ハイタッチしたりして、ほんとに和やかな雰囲気で、慶太クンも仲間に入れてもらって楽しそう。
バンドさん紹介のときは、慶太クン、しゃがんで後ろを向いて拍手してた。
最後、みんなで手を繋いでお辞儀するときは、また奥まったとこにいるもんだから、ゴスペーラーズさんに手を引っ張ってもらってた。そして、w-inds.ライブのときのように、みんなで手を繋いで腕を上げて、ご挨拶。
最後にはけるときは、ゴスペーラズさんに肩を組んでもらって、ほんとに優しくしてもらってたね。お世話になりました。慶太クン、初々しい~
私は、もう、そういう慶太クンの一挙手一投足に、目が釘付け。どんだけ、慶太クンが好きなんや~~~

ということで・・・・
慶太クンの歌が好評だっただけでなく、その後のコラボが、私にとって運命的な出来事だったわけなのです。
そこで予期せぬことが起こって、真実の私がむき出しになったのです。
どれだけ、私は慶太クンを必要にしているか。
慶太クンの歌でないと、幸せになれない。幸せにできるのは、慶太クンだけ。
いやァ、これには、自分でもビックリです。ここまで、好きだったとは。

慶太クンの入籍で、私は、ある意味、失恋したんだけど、
学校の同級生とか先輩とか、職場の同僚とか上司とかだったら、普通の失恋。THE END
でも、慶太クンは、歌手です。
慶太クンが歌う限り、失恋は、ないんですよネ

ほんとに行って良かった「SOUL POWER SUMMIT 2013」
それぞれのアーティストのステージだけでなく、コラボ有り、アンコールでも全員の出番有り。鈴木雅之さんやゴスペーラーズさんたちの温かさ。そして、彼らのファンである常連客さんたちのゲストへの温かさ。
とても素晴らしいイベントでした。
ゴスペーラズさんが慶太クンに「来年は、全日程で。」と言ってくれたけど、社交辞令でなく本当なら良いなァ。
また、慶太クンが出るのなら、来年も行きたいです。
1238954_433125183475078_1698855034_n.jpg1234154_433125683475028_236060810_n.jpg
慶太クンの久々の更新も、すごーく嬉しかった

黒沢さん、嬉しい言葉をありがとうございます。
20130901220306e2a.jpg
「ソウルパワー一日目無事に終了!KEITA君と。素晴らしい歌声だった!」
     

コメント

mayさんの愛、に感動しました。
^^

お疲れ様でした

なるほど~ビージーズねー。。と大きく頷いてしまいました。

実力派の面々の中で恐縮しながらも
実力を発揮できたんですね!
これは今後のKEITAの活動にも大きな一歩ですね~

>慶太クンが歌う限り、失恋は、ないんですよネ

mayさん、いいことをおっしゃいますね~
私も早く慶太さんに会ってその気持ちを実感したいです♪

おはよう♪

ステキなレポをありがとう!!
そして、そこに参加できてよかったね
正に「神様からの贈り物」だったと思います

何も言わず、ただただ自分のやるべきことに全力を傾ける慶太クンを見ていると
どうでもいいことにガタガタ言ってしまう自分が恥ずかしいわ。。

私ももっと成長しなくては!!(十分大人なはずなんだけどね~)

ひゃぁ〜〜

失敗だぁ〜
後悔、後悔、後悔✖∞やぁ〜

この夏、KEITAにくらいついて
飛び回ったのに
やっぱあの日以来キモチどん底で
この素晴らしいイベントに参加
止めちまったわたし。

ホンマに悔やませてくれはったゎ、
mayさんのレポ!
慶太LOVE♡♡♡‼で満ち満ち溢れてる
やん。

モヤモヤぶっ飛ばしてくれたんやね。

極上レポ、ありがとー♪♪

慶太、バンザイっヽ(゚∀゚=゚∀゚)ノ

あんのんさんへ

愛なのか、恋なのかv-305
どっちもですネ

ローズマリーさんへ

慶太クンによって傷ついた心は、慶太クンしか治せませんよv-392
彼は、シンガーですもんね。他の人の歌じゃ、だめでしょ?ローズマリーさんv-290

pontaさんへ

pontaさんは、おっきな愛で慶太クンを守ってると思うよーv-290
もし、慶太クンがpontaさんのブログを見たら嬉しいと思うもの。
さあ、次は、pontaさんが慶太クンを会う番だね。レポ、楽しみにしてます。

はぁさんへ

はぁさんの首に縄つけてでも、引っ張って行けば良かったわv-290
でも、無理しないのも、良いかもしれないです。
こういう気持ちは、自ずと湧いてくるもんやからね。きっと、はぁさんには、はぁさんのベストタイミングが来るはずv-238
その時を、私も待ってますヨ

最高でした^^

私ももうまわりの反応が気になって気になって^^;
拍手とかノってる雰囲気がすごく嬉しかった!
ゴスペラーズさんも褒めてくれるし、途中嬉しさで泣きそうでした^^
ステージ上でもとっても良くしてもらってましたよね!!
KEITA君、遠慮気味だったけどそこがまたいつものKEITA君らしいというか^^
来年も絶対出て欲しい!
コラボもカバーもまた聴きたい!
更新も嬉しかったです^^KEITA君も嬉しかったんでしょうね~♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

素晴らしいレポ(;o;)

素敵な素敵なレポ、ありがとうございます(/ _ ; )
私も行ったんですが、時間の関係で最後まで見る事が出来ず泣く泣く帰ってきてしまったんです(´□`。)
なので、退場までの様子をこんなに詳しく、目に浮かぶほど素晴らしく綴って下さり、本当に感謝です(>_<。)

他のアーティストの方の歌声も、圧倒される程の、本当に素晴らしい歌声でしたが、その中でもやっぱり慶太君の歌声は特別に感じてしまいましたね( ´ ▽ ` )

今回のイベントは、慶太君本人にとっても、私たちファンにとっても、とても大切な日になりましたね\(´ω` )/
慶太君への深い変わらぬ愛を、再認識できた日♪♪
行く事が出来て、本当によかった\(´▽` )/

心に残る素敵な日になりましたね♪

Rieさんへ

1人1人のステージだけでなく、コラボや皆でも歌うから、リハーサルが必要だし、しっかり作ってるイベントでしたね。鈴木さんやゴスペラーズさんに、お礼を言いたいくらいですv-290
ソロKEITAならではの出演だったと思います。
改めて、KEITAの可能性を感じました。

発信しました。よろしくお願いしますねv-238

紗耶香さんへ

コメント、ありがとうございますv-238
最後まで居られなくて残念でしたね。後ろ髪引かれながらのお帰りだったと思いますが、心は満たされていたことと思います。
ライブツアーだけでなく、この夏、慶太クンは頑張ってましたよね。これからも、こうして積み上げて行ってくれると思います。
紗耶香さんとも、どこかでお会いできますようにe-267

素晴らしいレポです!

mayさんのレポを読んで「おぉ~そうだった、そうだった」と頷きっぱなしですv-290

同じものを見たはずなのに、私の記憶力ときたら。
トホホもいいとこです。

ゴスペラーズさんとのコラボ、本当に良かったですよねv-344
また登場するとは思わなかったから、ものすっごくテンション上がりました。

で、アンコールの時の慶太君。
もう、可愛さマックスv-291

来年もあったら絶対行きます!
今度は開演前からきゃ~きゃ~言ってますよv-415


miyokiさんへ

KEITAのステージのときの私は、慶太クンの応援団で、慶太クンのために立ってペンラ持って聴いてた、見てたって感じだったの。後から出てきたときは、もう、素の私だったねv-7
とにかく、慶太クンが出て来て、嬉しかったんよ。やっぱり、体は正直!!!
また、miyokiさんや百合さんと、いろんなイベントに行きたいですv-238

ステキ♪

mayさんの心理描写・・・絶品ですね
すごく良くワカリマス♪

記事上がってすぐに読ませて頂いていたん
ですけどお邪魔するのが遅くなってしまって
ゴメンナサイ

こうやってステキな慶太君を共有して
下さってありがとうございます♪

siho.mamaさんへ

逆にコメントをおねだりしたみたい(笑)で、ごめんなさいね(^^; お忙しいのに、ありがとう。
このイベントで、私は、慶太クン・w-inds.が好きだから、ファンなんだって、強く思いました。こうあってほしい、ああなってほしいもあるけど、基本、好きなんですよ。
TV局の廊下と言い、この日の再登場の時と言い、思わず出る私の声は、正直その物です(^^)v
Secret

     
プロフィール

may

Author:may

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック