ラブ・ネバー・ダイのお勉強♪


慶太クンが、「ラブ・ネバー・ダイ」に出演することが決まったので、一通り予習を済ませたよ。
DSC04492.jpg

原作本「オペラ座の怪人」
「黄色い部屋の謎」の作者ガストン・ルルーの作品。
Blue-ray「オペラ座の怪人」
ロンドン公演の映像。
【キャスト】ファントム:ラミン・カリムルー/クリスティーヌ:シエラ・ボーゲス/ラウル・シャヌイ子爵:ハドリー・フレイザー
DSC04493.jpg
原作本「マンハッタンの怪人」
ロイド=ウェバーが、ミュージカルの続編のためにフォーサイスに執筆を依頼したもの。
Blue-ray「ラブー・ネバー・ダイズ」
メルボルン公演の映像。
【キャスト】ファントム:ベン・ルイス/クリスティーヌ:アナ・オバーン/ラウル:サイモン・グリーソン/マダム・ジリー:マリア・マーセデス

先ずは、オペラ座を舞台にしたガストン・ルルーの原作に目を付けて、ミュージカルにしたところが、素晴らしい。ルルーは、自分の怪奇小説が、こんなに感動的なミュージカルになって、驚いているのではないだろうか。
「マンハッタンの怪人」は、ルルーの小説の続編と言うよりも、ミュージカル「オペラ座の怪人」の続編。というか、「こうだったらどう?」という同人誌みたい。
2つの小説の登場人物が違ってたり、生活や性格も違ってたりする。主人公の怪人の生い立ちも、顏の醜さの描写も変わってる。
小説2つのつながりは、だから、かなり疑問を持ったよ。
「そうだったけ?」とか「え?いつ、そんなことになってたの?」とか「こんなになるなんて~~」とか
続編って、私は、本当は作らない方が良いと思ってる。
見た人、それぞれが思い描いていれば良いと思うの。「シンデレラ」の続きだって、あの後、継母たちが図々しくおしかけて来て、シンデレラは相変わらずウンザリな毎日かもしれないし。白雪姫も、あの調子で何でも人を信用してたら、また、ろくでもない災難に見舞われてたかもしれない。そんなひねくれ屋が書いた続編なんて、読みたくないもんね。
そんな中、「マンハッタンの怪人」をミュージカル「オペラ座の怪人」の続編として、上手く脚本化したなーと思う。
慶太クンがラウルを演じなければ、ラウルがあんなふうになったのも、そんなに気にならないだろうし(「マンハッタンの怪人」では、ラウルは、相変わらず善人なんだよ。でも、可哀相な事件があったのだけど・・・)
あくまでも、ファントムとクリスティーヌが主人公。その物語として、「ラブ・ネバー・ダイ」のミュージカルは、とっても素晴らしいと思うの。
メルボルン「ラブ・ネバー・ダイ」は完璧。。(ベン・ルイスが醜くなくて美しいのが、難点なくらい。笑)正直言って、一体、日本人がどこまで迫れるんだろう?とも思う。でも、日本で上演できるなんて、本当に光栄だよね。
とにかく、豪華絢爛まばゆいばかりの、美しい舞台を見るのが、すごく楽しみ。
出演者の歌声も、楽しみ。ロンドンもメルボルンも、クラシックの発声による歌なんだけど、慶太クン、どうするんだろう!?
それと、カーテンコールが、今から楽しみでならない。
スタンディング・オベーションの中、慶太ラウルが現れ、惜しみない拍手を浴びる。想像しただけで、涙が出そう
公演は、なんと10回観る予定。(内、1回はマリオさん)
とことん、楽しみ究めたい。
一緒に観る友人が色々なので、それも楽しいでしょう?
こうなると、私はイケメンハンターの名を改め、慶太オタクと名乗りますか?
Wikipediaによれば、おたくとは【何某かの分野に熱中・没頭している人物を指して、その分野を接頭詞として「○○おたく」と呼ぶ・自称する場合がある】
その通り
「辞書的には、ある趣味・事物には深い関心を持つ(拘る)が、それ以外の広汎な知識、また社会性・社交性は欠けている人物として説明される」ともあるのだけど、知識は?だけど、社会性・社交性は並なので、心配ないよね。
慶太クン、すごく大変だろうけど、頑張ってね。慶太クンのおかげで、私の世界も広がるよ。
  ラウル
もみあげを付けると、みんな、ちょっと猿の惑星っぽくなっちゃうわね(尾崎紀世彦然り)
でも、無いとあまりにもカッコ良すぎるか~
それと、慶太クンの顔、少し険し過ぎないかな?どんなラウル像を考えてるんだろう?私は、やっぱり、ラウルって基本善人だと思うのよ。育ちがいいからね。
公式サイト
performance_img_1.jpgBXoZ_lhCQAA6tXa.jpg
ポスター掲示場所:
秋葉原、有楽町、田町、東急目黒、東急横浜、新宿、代々木、渋谷、池袋、大森、品川、大宮、南浦和、川口、北千住、田端、鶯谷、新宿、武蔵浦和、浜松町、八王子、立川、三鷹、吉祥寺、東京、浅草橋、津田沼、市川、幕張など 
日生劇場
119632123645916431258.jpg
1_20131110220711aae.jpgf0161281_23155051.jpg

コメント

もみあげ〜^ ^

写真が、私の想像する慶太ラウルではなかったけど、やっぱり素敵だしかっこいい♡ 確かに険しい表情。
何に関してもお勉強するmayさんも素敵、流石です! 10回観るの?台詞とか覚えちゃいそうですね😁

猿の惑星!?(笑)

フムフムと真面目に読んでいたら、、、。
「猿の惑星」で思わず吹き出しちゃいましたよ~v-8

相変わらずmayさんは勉強熱心!
もう予習バッチリじゃないですか!
ギリギリまで遊んでいる私とは正反対(汗)
mayさんがクラスメートだったら私のお尻をペシペシ叩いてほしかったわ~v-392

ラウルがどう描かれるにしろ慶太君が演じるなら楽しみですv-344



ワァ!!

mayさん、勉強家だわ~!!
慶太クンに講義が出来るんじゃない?
慶太クンと共に前進あるのみ!!ですね
ステキですv-344

ステージスクエアを読んだら、慶太クン気負うことなく
新しい挑戦を楽しみにしている感じで、私も嬉しくなりました
苦労も多いと思うけど、それらを乗り越えさらに大きくなった慶太クンに会えると思います
私も予習を頑張らなくっちゃv-356

maimeeさんへ

ロンドンやメルボルンに行って見たら、とてつもないお金が要るからね。日本公演は、ほんとに嬉しいわ。
maimeeさんと一緒に観れる日が楽しみです。よろしくネv-238

miyokiさんへ

ラウルがどこで登場するか、しっかり頭に入れておかないと、万一居眠りでもしてたら・・・・。って、コラコラv-356
素晴らしい舞台、目をランランとさせて見ますとも!
もみあげって、無いと困るし、有り過ぎても厄介なのね~~~
miyokiさんと一緒に観るのも、楽しみですv-238

pontaさんへ

予習無しで見るのも、新鮮かもしれないけどネ
私は、「おお~、あれを慶太クンが!」と思って観るから、もう、2倍も3倍も楽しいのよ。
私は欲張りだから、5月以降の活躍も、今から期待してますv-290

mayさん、すごい!!
私はやっとオペラ座の怪人を読もうと思ってとりあえず図書館から借りました^^;
映画も絶対見なくちゃですよね!!CSでやってくれないか期待(笑)
今日、チラシを取ってきました!こんなに早く配布も始まるなんて嬉しい限りですよねー、ミュージカルが始まるまでも楽しめそうですね^^
mayさんを見習って私も予習がんばります!

Rieさんへ

映画・・・。実は、以前CSでしてたので観ようとしたのですが・・・e-445また、挑戦したいです。
原作本・ミュージカル・映画、それぞれ違うと思いますが、いろんなラウルを知った上で、慶太ラウルを見ようと思ってます。
全く知らずに見るのも良いかもしれませんが。
Rieさんは、どちら派?
Secret

プロフィール

may

Author:may


最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック