ラブ・ネバー・ダイ 鑑賞記①

3月16日(日)
昼の部(2階最前列センター・・・言わずもがな、見えやすい)
鹿賀丈史・ 濱田めぐみ ・橘 慶太 ・彩吹真央 ・鳳 蘭・ 松井月杜
夜の部(1階最前列右端・・・鏡のラウルが見えなかったけど、あとはクッキリ・バッチリ)
市村正親 ・平原綾香・ 田代万里生・ 笹本玲奈・ 鳳 蘭・ 加藤清史郎
両方観て来ました。


めくるめく華麗なステージだった。
どんな奥行きをしてるんだ!?と不思議に思うくらいのセットの豪華さ。
ロイド・ウェーバーの作品が、日本で、そのまま行われること自体が光栄だと思う。そして、その舞台に慶太クンが立てるなんて、ラウルが出るまでの間、どんどん胸が高鳴っていった。
ストーリーとしては、ファントムとクリスティーヌの、あまりの自己チューな愛に文句を言いたくなるけど、「音楽」で結ばれている2人には、誰も入り込めないということなんだろうね・・・・
だからこそ、ラウルは、「愛は死なず」を歌うクリスティーヌを見て絶望しながらも、潔く去ることができたのではないだろうか。
濱田めぐみさんのあまりの歌唱力のレベルの高さに、「雲の上の人」「天女」という印象を受けた。声に張りがあって澄んでるけれど強さがある。感動だけでなく感服してしまった。
平原さんは、そんな人のWキャストで大変だな~って思ってたけど、しっかり声楽をしてる人の声だった。彼女は、この先も、ずっとミュージカルやオペラの世界に入るんじゃないかと思うくらいの力量だった。濱田さんと比べたらまだまだなのかもしれないけど、平原さんの「愛は死なず」で、私は涙が出てしまった。
なんだろ?歌詞ではなく、「歌」そのものに。魂が込められてたと言おうか。歌の素晴らしさに、心打たれた。
だから、きっと、ラウルもそうだったんだろうな・・・・・
クリスティーヌもファントムも、ほんとに酷い人間だと思うけど、音楽の力にはかなわないよね・・・・
歌の素晴らしさ、音楽の素晴らしさ、美術の素晴らしさに魅了させられる2時間半だった。
途中に休憩があるので、日ごろ映画館で映画を観慣れてる私には、なんの苦労も無かったよ。トイレ休憩もあって、親切よね。
ずっと集中し続けて見入っているから、そういう意味では疲れるかもしれないけど。

さて、慶太クンですが・・・・
良かったーーー!!
というか、皆さんと同じく当たり前に舞台の上の人だった。
溶け込んでいるというか、「良かった」とわざわざ言うこともないくらい、素敵なラウルだった。って、ダメ男ラウルが「素敵」ではあかんのかもしれないけど(笑)
声は、いかにも「ミュージカル」「オペラ」というのではなく、慶太クンらしさを生かした私の好きな歌声だった。ライブみたいに激しく踊らないし、キーも高すぎないし、悠々と歌ってたではありませんか。
いつものように、くどくど長々と書きたいとこだけど、時間が無いので、きょうは、サササッと。
(良かったー。mayさんの話、いつも長いからうんざりなんだよ~)と影の声
朝ズバ5

万里生ラウルとの違いですが・・・・
内面のラウル像は、2人とも違わないと思うのよ。たぶん・・・
元々優しい男。育ちも良い。でも、きっとクリスティーヌの心が、実はここに在らずだったから、知らず知らずにラウルの心も荒んでいったのでは?「自分では、彼女を幸せにできないのでは?」という自信の無さが、ずっとあったのかもしれない。
慶太クンの最初のポスターを見たとき、「あれ?慶太クン、ラウルの表面しか捉えていないのでは?」と心配したの。あまりにも怖いだけの表情だったから。
でも、大丈夫だった。慶太ラウルも万里生ラウルも、苛立ち・怒り・焦り・切なさ・優しさ・愛しさ・・・さまざまな思いを表現してくれた。
違うのは、当たり前だけど外見。
万里生さんは、写真で見る以上に、舞台はますます素敵だった。スラッとしてて品がある。そして顔が可愛い。だから、「ほんとは優しいラウル」というのが、すごく伝わってくる。ギャンブルで負けたとはいえ、人の好さゆえ騙された感がある。
対して慶太ラウルは、ちょっとカッコ良すぎる。もう少しメイクを可愛くしても良いのでは?(笑)強そうなんだもん。ファントムに負けません!って感じ。クリスティーヌだって、ラウルにベタぼれのはず。フェロモンありすぎ(キャ!)ギャンブルも酒も好きなんでしょー?的な。ギャンブルも強そう(笑)
でも、それだけに、舞台袖で見てる姿や去って行くとことか、最後にクリスティーヌのもとに戻り、いだく姿が、よりせつなく感じられる。酒で憂さを晴らす姿が、またセクシー。ただ可哀相なだけでなく、男の哀愁を感じる。
長身で美形。慶太クンは舞台に映えるんだなぁ。
歌・台詞・演技は・・・
万里生さんの声は、すごく通るのよ。凛としてる。これは、経験?
慶太クンは、それと比べたら、ちょっと聴き取りにくいとこもあったかも・・・。これは、今後の課題としてきっと頑張ってくれることだと思う。慶太クン、ふだん話すときは、とってもマイルドだものね。声を張って会話するって、独特なんだと思う。
ミュージカルの演技・歌については、万里生さんとは格が違うのかもしれないけど、慶太クンに遜色は無かった。初体験の危うさは、全く無かった。歌手歴13年だもんね。歌い方に違いはあっても、それぞれ良かった。だけど、もちろん慶太ファンの私は、「慶太ラウルが好きだよー」と思うのは、致し方ないよね。慶太ラウル「なぜ僕を愛する?」では、私、泣きましたよ~
それにしても、慶太クンは、万里生さんとのダブルキャストで、実に良い経験をさせてもらえたと思う。初ミュージカルで、大先輩に教わったことが多かったことだと思う。
万里生さんのこと、好きになったわ、私。その力も素晴らしいし、慶太クンの先輩としても友人としても良い人だー。

そして・・・・
キス情報ですが・・・
ラウルとクリスティーヌは、してないと思われます。
顔を手で覆って、客席には、ラウルはほぼ背中を向けて抱擁してるの。
右手にいる人には、その横の姿が見えるはずだけど、唇までは見えなかったのでは?
DSC04588.jpg
ぜんぜん、こんなのではなかったですね~


カーテンコールは、昼の部は2回だけ。(1回はけてから、もう1回出て来たということ)
夜の部は、なんと4回も。
これは、拍手が大きい・小さいの差では無かったです。
ライブのWアンコと一緒で、都合があるのかな?
でも、市村さんはサービス精神が旺盛なのかもしれないです。
それと、万里生さん、こういうときの余裕が、まーったく慶太クンと違う!当たり前だけど、とっても慣れてる。
市村さんと冗談交わしてたりして~市村さんも楽しい人だもんね。
カーテンコールでも、わたくし、涙が出ましたの、オヨヨ
何の涙?
晴れの舞台に立つ慶太クンの姿が嬉しい。慶太クン、頑張ったねという思い。苦労したでしょ~という思い。好きだわ~~~という思い。
なんざんしょね?あの涙

休憩時のトイレは込むけど、「あと5分です」とアナウンスがあるときに並んでても、案内のお姉さんが「無理です」と言わなければ、大丈夫です。
列が長いと、「ここから後ろの人は、あっちのトイレに」と言って誘導してくれます。

あと、パンフレットは、買った方が良いわよ。
ライブパンフレットと違って役に立つ!!!
いいこと、書いてある!!
勉強になります

は~~~
やっぱり、mayさんの話は長いわ~~(と、影の声が・・・
まだまだ書き足りないけど、きょうは、ここでオシマイ。
(他の出演者の皆さんのこと書けずに、失礼しました。)

追記(次の日)
・「クリスティーヌ到着」でのラウルの登場シーンは、オーストラリア版とは違って、舞台左上から。注目あれ!
・「トリオの出迎え」(馬のいない)馬車に乗ってはしゃぐグスタフを邪険に扱うシーンは、日本版にはなかった。
・「なんてひどい街」猿のおもちゃで遊ぶグスタフに、「誰にもらったの?」と言いながら頭を撫でる姿は、とっても優しいラウル。これは、日本版で付け加えられた演出だそう。
前半は、かなり怒ってて機嫌が悪い。
・怒りながら帰って来る。
・「懐かしい友よ」は、楽しげな様子だけど、4人みんな腹に一物持ってて、なかなか面白いシーン。
・「なぜ僕を愛する」は、バーのカウンターを背に、客席の方を向いてグラス片手に座ってる姿が、ちょっとちょっと、カッコ良すぎじゃない?でも、なんだかんだ愚痴って呑んだくれてる姿は、ほんとに酒癖が悪い男みたい。この歌だけでも、CDにしてくれ~~~。今も、この歌が頭の中でずっと鳴ってて、もの悲しくなってしまう。

カウンターの中のファントムを見てびっくりするところは、ほんとに驚いた感じなので、ちょっと笑ってしまった。
・「負ければ地獄」のファントムとのコラボは、迫真の演技。強気のファントムに対して、どうしてもラウルは劣勢。でも、勝負に挑む強がりが、よく表現できてる。最後、「なんてことをしてしまったんだ~」と駆けて行く姿は、慶太ラウルも万里生ラウルも、素早くきれいな走り方だった。
・「歌う前に」クリスティーヌに「歌わないように」懇願するラウル。ここで(キス)シーン。一度はラウルの願いを聞き入れたかのように見えたクリスティーヌだが、どこでもドアからファントムが出てくるのだ~~
・「負ければ地獄カルテット」でも、登場。左上から出て来ます。
クリスティーヌが歌う前に、ラウルの声、そしてファントムの声が・・・・。ラウルの声は、慶太クンも万里生さんも、とてもキレイ。
・「愛は死なず」クリスティーヌを見守る2人。幸子のような舞台と一体になったクリスティーヌの衣装も圧巻。
ラウルは、ステージ右袖に立ってる。クリスティーヌの素晴らしい独唱を聴きつつも、目はラウルに釘づけという困った状態になる。ラウル敗北の瞬間を見逃すな。
・「ああクリスティーヌ」勝利に歓喜するファントム。テーブルの上には、昔のようにラウルからの一輪の薔薇と手紙・・・。別れを告げるラウルの姿が鏡に映しだされる。可哀相なラウル
しかし、2人には、そんなこったぁ、どうでもいいってか!?
「大変!グスタフが居ない!!」「おのれ!ラウルめ!」って
ラウルは、そんな卑怯な男じゃ、ございませんって!
・「コニーアイランドの通り」では、グスタフを捜すラウルの姿も。
・「そして最後に」
ああ、ラウルにも、せめて息のあるうちにクリスティーヌを抱かせてあげたかった。死の間際にも、一瞬たりともラウルのことなど思いもしないクリスティーヌ。女とは、そういうもんでしたっけ?
そういうもんなような気もする
でもね、ラウルは、最後まで優しかった。彼女への恨みや憎しみはなく、あるのは無償の愛。

ファントム・・・顔の醜さに臆することなく、愛を貫くべきだったんだよ。クリスティーヌは、心で見つめて、美の真実を知っている人だったのに。
悲しみのファントムだが、彼にはグスタフが残ったのだ。
グスタフも、また心で見つめることのできる子。美の真実を知っている子。

コメント

レポありがとうございました(^O^)/

慶太くんがミュージカルなんて大丈夫?なんて少し心配していましたが(笑)
まだまだ課題があるかもですがメキメキ成長してくれるの間違いなしですねぇ(≧∇≦)
でも、カッコよすぎるのは改善できないかな(笑)
レポ読んでたらますます行きたくなってきました(>_<)
本当自由な時間がないのが残念(T_T)

さすが!!^^

ほんといつもながらmayさんのレポは凄いです!!
場面場面が蘇りますねーもうずっと浸っていたいです。慶太君は本当に頑張ってるし、凄いと思いました。そしてこの舞台はファンが思ってた以上に凄いことのような気が^^;もしや慶太君もそうだったりしてwww
これからもレポ沢山お願いします!!
①ということは続きもあるってことで^m^

みーくんへ

思えば、歌って13年だもんね。慶太クンは、基礎基本ができてて、魅せる技も十二分に持ってるプロだもんね。また一回り大きくなったわよe-271
みーくん、忙しいのに読んでくれて、ありがとう。昨日、寝たのが1時半。きょうは、職場で眠くって~e-261
慶太クンも、みーくんに見てもらいたいと思うんだけどなー

Rieさんへ

はい!まだまだ書き続けますv-411
・・・って、同じ内容になりますけどね^^;
カッコイイとか、すごいとか、うまいとか・・・・・語彙が無さすぎ~~
Rieさんがブログに書いてたみたいに、私も「日生劇場の怪女」になりそうです。

ブラボー!

mayさん渾身のレポに感動してます!

ストーリーを知ると、ラウルはまるで神様が慶太君の為に用意してくれた役のようにも感じます。

だって、慶太君の歌声って本当に切ないんだもん。

ラウルって悲惨なくらい悲しくて切ない人生だよね!(T-T)

だから慶太君らしさを生かした歌声(歌い方)で演じることになったんじゃないのかしら?(^-^)b

ただ、慶太ラウルはカッコ良すぎておまけにフェロモンがありすぎたのね(*≧m≦*)

それはなんとも嬉しい誤算だわ(^_-)

何はともあれ、初ミュージカル!

人それぞれ、色んな感想はあるだろうけど、私も泣いちゃうかも~(^o^)

miyokiさんへ

フェロモンは抑えられないのよv-398
また、早く慶太ラウルの歌が聴きたいです。
ラウルって可哀相なんだけど、見どころ満載だから、楽しみにしててネ
こんなに私はラウルの味方だけど、もし、慶太クンがファントムを演じるなら、私は一瞬でファントムの味方になると思うのよ~(笑)

こんにちは

先日はありがとうございました(^o^)/
楽しかったですo(^-^)o
あちらにコメント欄がなかったのでこちらまで追いかけてきましたが、投稿の仕方がよくわかりません。
変なことになってたらすみません(>_<)

とりあえずこれだけで投稿させてもらってみます。

わ!

投稿できたみたいです。
ラウルの深層心理。私も理解してなかったみたいなので、今度はその辺も頭に入れて楽しみたいです。
あとは最終日だけなのですが、慶太くんの進化に期待してます。

良かったね♪

遠征から帰って、ほっとひといき
楽しく読ませていただきました(^o^)

まりおさんのラウルは観る機会がないので、興味深かったです。
ほんとにまりおさんとのダブルキャストで良かったよね♪
最初、ちょっと疑ったりしてごめんなさいです(^^;

慶太くん、ほんとうにいい経験させてもらったよね!!
これが、慶太くん主役だけど適当な創作ミュージカルじゃなくて良かったと思います。

でも、この機会が与えられたのは今までの慶太くんの力だよね。

まだまだこの先も着いていけそうです(*^^*)

私は最終日まで見れないので、次のレポも楽しみにしていますね♪
mayさんも体に気を付けて頑張ってね!!

はっぱさんへ

はるばる(笑)ありがとうございます。
これまで、ご挨拶だけだったのが、初めてゆっくりとお話できて、嬉しかったです。Rieさんが、丁寧に連絡をとってくれたおかげなんですv-238
はっぱさんのお喋りが楽しくて、時間を忘れる所でしたv-356花粉症の薬とビールが相まって、ちょっぴり眠気に襲われました。
慶太クンの進化を、また報告しますネ

pontaさんへ

これまでのpontaさんと私の観る回が違ってたので、ちょうど良い情報交換になったねv-290
万里生さんとの出会いも、ほんとにありがたいことだったよね。
>適当な創作ミュージカル
って~~v-411
でも、言えてます。
荷の重い舞台だけど、どうせやるなら、こうでなきゃ!そして、立派にやってます。

私もねー

キスは100%していないと確信!だってあんな口紅ベッタリ塗ったくりの唇にキスしたら、慶太君の唇まで口紅ベッタリになりますよね⁉︎

全くストーリーの予習をしていかなかった私は、「ラウルは大沢樹生?」という、すっとこどっこいな感想を吐露してました。贔屓めに見なくても、ファントムよりラウルの方がカッコよかったわー。ラウルが一番人間としても美しいと感じました!

hamiさんへ

予習無しも新鮮で良いですよね。私は、役作りするんかい!?というくらい(それは言い過ぎ^^;)考えてましたからね~
口づけでは、なかったですね。うふふ、あのときのhamiさんの断言ぶりが可愛かったv-411
Secret

プロフィール

may

Author:may


最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック