2014年10月w-inds.香港

今回も、いろいろな情報をあげていただいたり、教えていただいたり・・・ありがとうございます。


スポーツ報知より
「2004年に台湾で初めての海外公演を行って以来、単独14公演、イベント13公演で約27万人を動員。アジア全域に日本にw―inds.ありを印象づけてきた。現地の音楽ランキング「IFPIチャート」で10年連続ベストセールス・リリースを受賞するなど香港でも人気は高く、到着の空港から宿泊先のホテルまで追っ掛けファンが殺到した。海外10周年の今回の公演では約3000人のファンを前に「夢で逢えるのに~Sometimes I Cry~」など23曲を披露し、慶太の圧巻のファルセットと龍一、涼平の洗練されたダンスで魅了した。」

12_20141006080423485.png
この写真は、10年連続「ベストセールス大賞」受賞のシーン。
日本のTVでも、「w-inds.が史上初の快挙を達成しました。」と放送された
59.png
c0146401_22303637.jpgいいなー、この脚


ライブの様子
「白馬の王子」現れる
BzHAiHZCUAANGTz.jpg
すごいジャンプ力!!
51.png


香港では、「前にMV撮影しました。」と言ってるのかと思ったら、今回も撮影?
そういえば、街に繰り出してる。
BzIus1eCEAAeBbs.jpg
57.pngこんな人に、街中でばったり出くわしたら、一目でフォーリンLOVEだわ

帰りもお見送りが大勢
58.png

この情勢の中、無事にライブも行えて、ほんとに良かったです。
スポーツ報知より
「若者たちの民主化要求デモが長期化し、公演を危ぶむ声もあったが、直接的な影響はなく、他のコンサートも通常通り開催されていることから予定通り行った。慶太は「目標の一つとして、僕たちがアジアの友好のきっかけになればと思ってきたので、デモがあってすぐやめるのは嫌だった」。龍一は「ファンもそうだけど、香港の人たちは気持ちを素直を伝えてくる。今回のことも若者のいろんな思いを感じた」と話した。」

今年も、残す所3ヶ月。
涼平クンも、いよいよ30才になる。
慶太クンは、父親になる。
15~16才から、積み重ねてきた年月。虚構の世界か?と思える芸能界に身を置きながらも、彼らは堅実に大人になったなと感心する。
この思いは、けっして「恋は盲目、痘痕も笑窪」ではない。
年内にはw-inds.の新曲も届くのだろうか。
スポーツ報知より
「来年デビュー15年を迎えるが、3人は『互いに尊敬し、助け合えてきたから、ほとんど衝突はなかった。結束はより強くなっている』と声をそろえる。『常に挑戦しつづけるのが僕たち。デビューから音楽性を進化させてきたが、これからもワールドワイドを意識して変化を恐れずやっていきたい』と慶太。また一つ大きな支えを得て、w―inds.を新たなフィールドへ導いていく。」

49.png52.png54.png

そうそう、これを忘れてた
香港足ツボマッサージ
拡大
足
スラッとした人は、足の指までスラッとしてるのーん
     

コメント

No title

香港の歓迎ぶり、ファンの暖かいおもてなし(バルーンとか)素晴らしいですよね!
嬉しかったでしょうねー、この表彰のパネルも凄いです^^
着実に堅実に大人になって、アーチストとして成長してきたんだなーって感じますね。
成長を見続けることの楽しさっていうのをwファンになって感じてます。
リアルロールプレイゲームみたいwww
慶太君脚もきれい!これからもちょこちょこ更新して欲しいですね!

Rieさんへ

Rieさんも、指が長くて細くて綺麗ですよねe-267
羨ましいです。
慶太クンの脚、毛が無いのが残念(笑)
私達に夢を与えながらも、地に足のついた人生を送る慶太クンを応援したいです。今は、もう、それが普通になりました。

恋は盲目、痘痕もえくぼ(笑)

私達はちゃんと見る目があるってことですよねv-392

ひやぁ~~~もう来年デビュー15年目!
月日の流れるのが早すぎて、びっくりだわ。

「3人は互いに尊敬し助け合えてきたから、ほとんど衝突はなかった。結束はより強くなっている」
泣かせる台詞だわ~~~。
まるで長年つれそった理想の「夫婦」のようです(笑)

そして香港のファンさん、そして香港メディア、ありがとう!

miyokiさんへ

長年つれそった夫婦でも、なかなか、こうは言えないv-356
彼らは、抜群に相性が良いのよね。

最初はカッコイイから注目したのだけど、性格まで良くて、その後の歩みが、これほどまでに完璧だとは。ほんと、儲けもの(言葉、悪いけど)でした。
w-inds.に出会えて幸運だったねv-352

香港には、一度、お礼に行かなくてはネ!
Secre

     
プロフィール

may

Author:may


最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック