映画の秋Ⅳ

PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~
T0019815p.jpg
最近観た中で、一番楽しかった。わくわくしながら観たのは、久しぶり。
ハリーポッターとかパイレーツとか、空想冒険物語が好きなんだ、私は。
想像の世界が映像化されるって、素晴らしいことだと思う。現代は、昔と違ってキレイな映像。しかも3Dで見れる。ありがたい時代。
この映画は、ちょっと奮発して、3Dで見るべき。もちろん、字幕でね!
この映画、音楽も良かった。わくわく感を盛り上げてくれる。
お話は、「同人」です。こんな話も有りだねって、言うような。また空想力のある人が、ピーターの違う話を作るのも有りだと思う。
私的には、このピーターは出来過ぎ君だと思った。
子供の頃知ってたピーターパンは、一言で言うと「自由人」。まさしく、大人になりたくない子供のままの、ただの子供。そして、モテモテだった。ティンカー・ベルに人魚にタイガー・リリーに、そしてウエンディに。
このピーターは、ヒーローなのよ。由緒正しき王子でもあり。
そこが、ちょっとイメージ違うな・・・と思いつつ、まあ、それも良いかッ!子役、めっちゃ可愛いし~~でれでれ~~と観てました。
そ!子役のリーヴァイ・ミラーが、美少年。そう思うのは私ばかりでなく、「世界一の美少年」と言われてるそうよ。
いやん、ヒュー・ジャックマンも相変らずカッコイイ!(映画では、違うけどね)
2_201511080951161b3.png
リーヴァイ君、どうか正しいイケメンに成長してね!76c691c22c7ef40a64aa64b04f05e90c4.png
この写真は、犬が可愛い過ぎ1_20151108094632517.png

俺物語
T0020168p.jpg
純情・純真、誠実で正義感溢れる主人公剛田猛男と、これまた清純で性格最高なヒロイン大和凛子の「すれちがい物語」
原作の漫画は知らないのだけど、原作でも、かなりの間、すれ違ってたの?
ありえないくらいのすれ違いに笑いながらも、もどかしくって。なんで、猛の親友砂川誠は、最初から教えてあげないんだー!?
原作知らないから、砂川はアレで猛を好きなのかしら?と思ったわ。主題歌、槇原だし(^_^;)
と言いつつ、楽しかった。笑うだけでなく、ほろりとして、涙ぐんでしまうとこもあった。
あきれるくらい綺麗な心の主人公とヒロインの姿に、心が洗われた
353113_001.jpg
猛役の鈴木亮平の役作りに拍手ヒロイン役の永野芽郁、可愛い!!砂川役の坂口健太郎。今回も、いい役もらったねー。役得・役得。

ヤフー映画評の点数では、PANが3.5で俺物語が4.2なんだけど、それは、ちょっとおかしいと思うのよ。
「映画」としたら、ぜったいPANの方が上。スケールも映像も音楽も、映画ならではの作品だ。
「好きな話」とするなら、荒唐無稽なものより、ラブコメを好む人が多いのかもしれないけど。
ヤフー映画評では、映画を評価する人たちの物差しが違うんじゃないかな?と思う。
「自分で観て思う・感じる」。やはり、これに尽きますね。

メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮
T0020273p.jpg
実は、メイズ・ランナー1は、観てなかった。
本家本元(?)迷走のmayさんとしては見ないといけないのに、行くチャンスを逃してしまい、3部作なのに、もうダメか~と思ってた。だけど、予告を観ると、普通にSF・アクション・冒険的な感じで面白そうだったので、観に行ったの。
1見てなくても、問題無かった!(・・・って、それも、またどうなんだけど・・・)もちろん、1の大体は読んでおいたからね。
うん、うん、けっこう面白かった。
ゾンビも一杯出てくるけど、私は、ゾンビは平気なの。
祟りとか、幽霊とかが駄目なのよ。日本的怨霊が、大の苦手。
だから、昨日の慶太クンの「ががばば」は、恐かったのだ~~~~
最後が気になるので、3も観ようと思う。
ところで、これに出てるトーマス・ブローディ・サングスターって、「ラブ・アクチュアリー」の子役なんだよ。
thomas_brodie_sangster.jpg2222.png
子役から俳優へ。頑張ってほしい。

エール
T0020162p.jpg
両親・弟が聴覚障害者の少女が、歌の才能を認められ、将来に悩む話。
悩むと書いたけど、家族全員が明るい性格なので、全編を通して明るさに溢れてる。
主役の少女が元気溌剌で良かった。最初、「え?少女?」親友も「おば・・さ・・・ん」と思ったんだけど
歌の先生、いい人だったなー。
デュエットする男の子が、もっとイケメンなら申し分ない映画だった。
映画を観て、私が一番感じたのは、「日本人とフランス人の違い」。似ていることもある。どこの国でも家族が大切なのは同じ。
でも、その愛情表現は、ものすごく違う。
学校に行くときも、子供は親に「愛してる」と言う。
夫婦は、しょっちゅう「愛してる」を連発。◯◯Xも大好きで、子供が居てもお構いなし。
これは、フランスだけではなく、欧米人は皆、そんな感じだよね。(私の知ってる限りでは)
日本人って、ほんと、自分を出さないよね。
むしろ、それが美徳とも言える文化が、大昔から続いてるんだから、仕方ない。もはや、DNAに組み込まれてるのですよ。


ここから脱線
だから、w-inds.ライブで、香港みたいに日本ファンは出来ないの~~~
決して決して、日本ファンの愛情が、香港よりも薄いのではないのよ。
龍一クンのツイッター
「又香港来たい。沢山ライブやりたい。それ位、刺激的な街だった。演者が興奮する程、お客様は情熱的だった。そして無事にツアーの幕を降ろすことができた。素晴らしい夜だった。あんなに楽しそうメンバー久しぶりに見た。」
「ライブは一体感だ。ステージの上の温度と、お客様の温度があんなに熱くなりあったことは、14年間でかつてなかった。愛し合い、求め合い、抱き合った。互いの異なるリズムは少しづつ同調し一緒のリズムになった。最後には溶けてしまったかのように一つになった。一体感には理由も理屈もない。」
しかし、そんなにも盛り上がったのね。
良かった、良かった。
香港の写真
CS5Pa_pUsAAaTbn.jpg慶太クンに「美しい」の形容詞を。
CS5PcMBVAAINv3t.jpgちょっと、すけべそう
97.png94.png
本当に、素晴らしいイケメンな3人組ですね。

さらに、「これでもか!!!」というイケメン攻撃が・・・・
CTH0JAdWEAAEPzO.jpg
ああああ~~~~
くら、くら、くら、くら~~~~~~~(@_@;)
涼平クン、ずる~~い!!
こんなに美青年。いや、美少年って有りですか!?

慶太クンの2013年発売の写真集、いかんせん、髪型がいかんかった。0
正直が売りだから、すみません。
でもね、これは、完璧だった
KEITA SIDE BY SIDE TOUR 2013ライブパンフレット
01_20151108113154380.jpg
カッコイイ写真満載の上、インタビュー記事も掲載されている秀悦な一品
11_2015110811484801d.png
66_20151108115056cc8.png
決めてるのもイイけど、こういう素の表情も入れて欲しかったね。・・・パンフだと無理か~
5_201511081146308a3.png7_201511081146285e3.png

慶太クンは、まだ作業中?終わった?
11月5日
「メロディー4回くらい考え直した。
同時に歌詞も何回も直した。

いい感じになりました。
この子も12月16日に聴けます!! 」
CTDBCfZVAAADsxQ.jpg

11月6日
「バックアップ。
大切。 」
CTMN_AdUsAAoO76.jpg

で、昨日は、これよ
「Yahooで平仮名で『ががばば』って検索したらアイディアが面白くて感動した。」

もーーー!慶太クンの「感動」って何さ~~~
ほんとにほんとに、手が出てきたとき、腰抜かしそうだったよ
貞子がスマホから出て来るのかと思った~

コメント

あはは^^;

やっぱり涼平君の写真集のカバー写真見たら、どうしてもKEITAのを見てしまいますよね^^;
KEITAのミニアルバムのDVDがどんなのになるのか期待!!今の慶太君ならどんな姿でもかっこいいでしょうwww
そして、香港の3人のカッコ良さ!完璧ですね^^

日本人のDNA、確かにそうですよねー^^;

Rieさんへ

はいーv-290もちろん、いつでも慶太クンはカッコ良かったんですけどね!
涼平クンは、いつも髪型が安定してますよね。基本、あまり変わらないのでは?
KEITAのDVD付というのは、PV?何なんでしょうか?
16日の150名の他に、会えるチャンスは無いのかなあ~
パフォーマンスも見たいですよね。
DNAに逆らって、思いっきり熱く燃え上がりますよe-269

~夢のはじまり~

「ヒロイン失格」の上映前の予告で「PAN」と「俺物語」をやってて両方すっごく見たくなってたところだったんですよ~。
両方紹介してくれてありがとうv-343
PANの副題、「夢のはじまり」って素敵なタイトルですねv-353
紹介文を読んでますます両方見たくなっちゃったv-290

慶太クンの写真集!
あ~出来ることなら今の髪型で出版して欲しいなぁ。
体型も今の方が好みだしv-10
な~~~んてねv-8
涼平くんの、色気があって良いわ~~~v-10
ちょっとマジで惚れちゃいそう~~~。

miyokiさんへ

ぜひ、2本とも観てくださいv-415
いや~、映画ってイイですね。

慶太クンの髪型と体型、今、イイよね!
しかし、油断できませんぞ。慶太クンは、アーティストですからね~~~
我々凡人とは違う美的感覚なんです^^;
そこが彼の魅力でもあるのだ。
Secret

プロフィール

may

Author:may


最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック