6月はゆったり期

w-inds.行事で忙しかった5月が過ぎ、6月はゆったり期。
以前は暇だと映画を観に行ってたのに、最近は観たいのがなくて困ってしまう。
そんなとき、慶太クンが「ストレイト・アウタ・コンプトン。アツい映画だった。意のままを伝えるリリック。やっぱりシビれますね。」と呟くもんだから、「よし!行こう!」と思ったら・・・
ありゃ?昨年公開の映画。でも、先日までは東京の早稲田松竹だけで上映してたみたい。DVD・Blu-ray も先日、リリースしたようだから、それを観たのかな?

私は、4月に博多に行ったときにインドゥさんで買った「SventhAve.」のBlu-ray を観てた。
51RlxCl4GvL__AC_US160_.jpg
これって、お得・・・充実の内容。
武道館と代々木体育館の2つのライブが収録されてる。代々木は、全編じゃないけどね。
思えば、2008年までが1つの区切りだったのでは?いわゆるアイドルとは言えない存在になった時期。
さらに、2009年ライブは、アルバム無しながら、これまでと変わろうとしていたライブだったと思う。それに関しては、彼らは未だ語らないけど。この頃から、社長が「早過ぎる!」と怒った「シフトチェンジ」を考えていたのだろうか?
2008年の慶太クンの声が、ストレート。この声も、なかなか良いではないか。
けっこう歌モノも多い。「LOVE」「STAY」「HELLO」の3つ、感じが似てるけど、どれもキレイ。
踊る曲は、とことん踊ってた。過去のシングル曲も、がっつり踊ってた。
「I’m a Man 」「 Urban Dance 」「RELOADED」辺りは、若いながらも男の香りが漂う。
本編最後の曲は、Tokyo
アンコール1曲目の「Don't Give Up」は、「ドンギバ、ドンギバ、微妙な空気も~」パンパン!と手拍子が楽しかった。
当時、アンコール曲が変わることがあり、私の好きな「PERFECT DAY」もメイキングで少し聴けた。
主なアンコールラスト曲は、Winter Story蝉時雨
「蝉時雨」は、以前、3人とも「THANKSアルバムの中で一番好き」と言ってた。
3人のソロダンスコーナー有り。龍一クンのギター演奏多々。代々木では、新曲披露。
なかなか面白いライブだった。
龍一クンの怪我で開演が1時間遅れたけど、無事に行われ、その後、龍一クンも回復して、めでたしめでたしで良かった。
あのときは、ほんとに心配したけど、心配するのを忘れるくらい、元気にしてくれたっけ。
色々と思い出がよみがえります。
当時一緒に行った友人達とは、今も仲良し。えっちゃんだけは、もう一緒に行くこともなくなっちゃったけどね・・・・
最近、皆さんの前には現れないoka-chanとも仲良くしてますよ

さて、思い出に浸った次の休日には、「Timeless」か「Blue Blood」を観るとするか。
梅雨の6月も、楽しく過ごせる。

きょう(13日)は、慶太クンが杉さん・伍代さんと熊本に寄付金を届けに行った。
熊本城修復に役立てられるそう。
NHKより
13日513日7
オリコンより
01.png02.png

     

コメント

No title

映画館に行ったのかと思ったけど、去年の映画だったんですね
勝手に妄想してました。。。

色んなものに触れて、色んな経験をしてさらに成長していって欲しいね
熊本に行かせてもらったのもすごくいい経験になったと思うお母さんでした

つくる音楽もメッセージがあるものを作りたいと言うように変わってきてるよね
ますます楽しみです!!

pontaさんへ

私も、全くこの映画のことは知らなかったです。けっこう沢山観るのにね。
慶太クンは、映画もドラマもよく観て、エエこっちゃ♪
アウトプットが待たれるね(^^)

ゆったり~

セブンスアベニュー!
このDVDを観ながら何度寝落ちしたことか(笑)
w-inds.ってやっぱり時代を先を行ってたね~。
セブンスは今やっても新鮮かも(^^)d
w-inds.が提供してくれる音楽が最先端過ぎてなんじゃこりゃって、思った時もあったけど( ̄▽ ̄;)
今ならその質の高さがよく分かります。
6月だし、雨の日は家でゆったりお酒を飲みながらw-inds.に浸ろうっと。
今度は飲みながら語り明かしましょうねd=(^o^)=b

miyokiさんへ

セブンス、見応えありましたe-317
TimelessとかBlue Bloodは、けっこうシンプルだったでしょう?セブンスは、凝ってました。代々木でもやったのが、すごいよね。
今のw-inds.が一番だと満足してるけど、過去も色褪せないね。
今年の夏ライブは、どんな作りになるんだろう?
もう、あと1ヶ月よ!ゆったり期も今の内。
8月に会うまでに、また長話、しましょーv-415
Secret

     
プロフィール

may

Author:may

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック