写真集発売記念イベント①

7月3日(日)快晴!めっちゃ暑い日
大阪・福家書店アリオ鳳店でのサイン会に行って来た。
CmWZgk-UkAEDy3d.jpg(これは、2日の新宿)
初めての鳳駅。電車は、JR大阪から和歌山行きの電車。ひょえ~!こういうことでもないと、ぜったい行かない所です。
名古屋からのAさんと待ち合わせして、駅からアリオまで10分ほど歩く。熱い話をしてるもんだから、なおさら暑かった。
DSC_0407.jpg
着いてから、まだ30分近くあったので、涼平クンが撮影したウルトラマンをパチリ。
また、店内の椅子に座って熱き話をしながら、時が来るのを待った。
会場が屋内で良かったねーと言ってたんだけど、先ずは屋外に出されて並ぶ。大体の整理番号順(なのか?)幸い建物の陰だったので、なんとか暑さを凌げた。しばらくして店内に再入場して、サイン会の列に並ぶ。私は、先ず1冊券の列。
ここでは、かなり待った。私の前は(多分)夫婦連れで、後は女の子のペア。なので、話し相手が居なくて、ただ待つのみ。ふと見ると、エスカレーターが閉鎖中で誰も使ってない。周りには人垣。
・・・・と、「キャアーー!」
慶太クンが降りて来た(慶太クンしか見えなかった私の目)白い服だし、大きいし、手を振ってるしで、目立つんだろね。初めは、目をくりくりしてビックリした顔をして、それから、みんなに手を振ってくれた。みんなも、手を振りまくってた
衝立の中に入って行く姿も見ることができた。
やっと抽選の時が来て、女の人が持ってる箱の中に手をつっこみ、ボールを取り出す。
「黄色よ、出ろー」と心の中で唱えて、出すと・・・
後から知ったら、慶太クンはピンク玉
あちゃちゃ
だもんで、神様が黄色に近い緑を、私にお与えくださったのね~
見れば龍一クンが長蛇の列。慶太クンは、その5分の4で、涼平クンが5分の3。玉は、3色×2=6個入ってたのに、どうやら緑玉の元気が良くて、ピョーンと手の中に飛び込んで来てたらしい。青玉は、みんなの手から逃れて逃げてたみたい。不思議な確率の現象だった。
そして、龍一クンの列には、慶太クンに交換希望の人が多数居る模様。
「交換可能」と聞いてたから交換してもらおうと思ってたけど、「こりゃあダミだ~~」と、観念した。
そう、この日、私は富豪^^;で、1冊券2枚&3冊券2枚を持ってたの。だから、ちょっと心の余裕があったわけ。「先ずは、サービス満点の龍一クンにしてもらおう!」
また暫く並んで待って、写真集を受け取り、中へ・・・・
前の人がしてもらってるとき、慶太クンを凝視。
「ワハハハハー」と元気よく笑ってた。
私、ポッ
しかして、行先は龍一クン。
とたんに八方美人(?)になって、「龍一クン、こんにちはー」
「今日もイケメンですね。なんか、最近、ますます男前度上がってますよね?なんかしてるんですか?男前になる秘訣、教えてください。」
おい、おい、なんでそんな調子いいこと言うんだ?!と思われるでしょうが、ほんとに男前なのよ。すごく整った顔立ち。前髪は下ろしてなくて、上に上げてたから、精悍で。鼻の形が美しいね。
龍一クンは、「うわ。ほんとですか?」「そう言ってもらえたら嬉しいなー」「なにも秘訣はないですよー」「ありがとう」てな感じで、私の賛辞を当然の如く受け止めて流してた
最後の辺り、慶太クンの前に人が居なくて、ちょっと八方美人(?)を聞かれてる感じがしたのは、妄想モードの後ろめたさであります
「なんだ、mayちゃん、龍一クンにデレデレしちゃって。この浮気者め!
言うわけないッしょ!聞いてるわけないッしょ!!

次は、第2回戦。
並んでるとき、慶太ファンのHさんと初めて会った人と、ずっと喋ってたので、けっこう待ったけど楽しかった。
初めて会った人は、龍ちゃんか涼ちゃんと言うので、「もし慶ちゃんが出たら換えてね!」と約束した。
しかし、抽選の結果、彼女は
おめでとう~。お達者で~。
Hさん
どんだけ、緑玉の元気がいいんだーーー
しかし、ここは2回目。なんとか頑張ることに。しかも、1回目よりピンク玉交換希望の列が短い。
2分くらいで、Hさんは交渉成立。
私には、一声はおろか一瞥もくれず、慶太列に行ってしまった。
ああ、これがつい数分前まで、なんだかんだと楽しく話してた人だとは・・・・。昨日の友は、今日のライバル?、今日の真っ赤な他人
およよよ~~~~
その上、私の後に来た人が、先にしゃしゃり出て来て、慶太券ゲット。
およよよよ~~~
隣もその隣にもそのまた隣にも、慶太待ちの人が居る。これは無理なんじゃないか?と思ったけど、こうなりゃ、とことん粘ろうと思い、根気強く声をかけていたら、やっと換えてもらえた。「石の上にも3年」そんな諺が、頭をよぎる私だった。
その後も、近辺では慶太クン希望の声が多く、並んでる私にまで、「慶太クンをもらえませんか?」と聞かれた。
やややっ!とんでもない!「慶太ファンです!」と言って、ひしッと券を握りしめる。DSC_0411.jpg

そして、ついに慶太クンとご対めーん
m「慶太クン、こんにちはー。」
k「こんにちはー」
m「やっと来れました。もう、大変だったんです。交換してもらうのに、すごく苦労して。」
k「そうなんですかー?それは、ありがとう。」
さらさらさらっとサイン。腕の毛もさらさら。あれは、脱色?脱毛?減毛?色白の腕に、とっても薄い腕毛が、さらさらっと生えてた。(ぼうぼうでも愛しいのよ。と思いつつ見る。)
m「たくさんサイン書いて、疲れませんか?」
k「ぜーーんぜん、大丈夫ですよ」
m「さすが、筋トレで鍛えただけ、ありますね!」
k「アハハハ。任せてください!」
写真集、授与。
m「ありがとうございます。」
k  きらきらきらきらきらきら

To be continued

     

コメント

待っていました〜^^

昨日から、サイン会の様子が気になって
何度もアップしていないか、mayさんのブログをチェックしていました😅

昨日の龍一くんの髪型は前髪を上げてたのですね?見たかった〜💦
日曜日じゃなければ行っていたのに…
ちょっと後悔しています😅

それにしてもmayさん大富豪で…😁
また続き、楽しみにしていますね〜♡

No title

この前は ありがとうございました!!
グル-プの時の握手会は 大変なんだね~~e-451
私はKEITAの時の大阪での握手会、寒かったけど
あの時の手の感触が。。。いまだに残っているという幸せ者です!!
ふんわり ふんわり なお手手につつまれたのでした~~v-344

それにしても 慶太君のたくましいふさふさは どこえ??
さみしいわ~v-292

Ruuさんへ

Ruuさんも行けば良かったのにーーー。
次回から、万障お繰り合わせのうえ、お出かけくださいねv-392
イケメンハンターの私は、最近の龍一クンに目がハートになってます。
とはいえ、慶太クン一筋には、変わりないけどね!困ったもんです~

きょうは、第2部もUPしたよ。
ぜひ、読んでネ
龍一クンの優しさと寛容さに、ほんと救われるv-290

大富豪なことしてると、ド貧民になっちゃうかも~~~e-350

charoリンさんへ

charoリンさんは、もう長い間、慶太クンにさわってないのね。
でも、まだ感触を忘れてないとは!?」
この!この!この~~~(笑)v-398
CDのときは、けっこう交換が上手く行くよ。またの機会には、一緒に行きましょう。

そうなのよー
ふさふさが、懐かしい。恋しい。
指毛は、どこに行った~v-341

写真集重かったでしょ?

お疲れ様でした。

そうそう。
慶太くんはピンクの玉だったみたいですね。
私も黄色黄色と思っていたから、緑だったのかな?

「昨日の友は~」のくだり、私も全く同じことを感じました。

もっとも、私の場合は、初めてお会いした方だったので、あちらからすればそんな義理はないとおっしゃりたいと思いますが。

それに自分は全然「慶太にかえて」オーラが出せていなかったんだろうなと反省もしました。
慶太列にいらっしゃった美人のお嬢さんのおかげでかえてもらえましたが。
今度詳しく聞いてください。(て、ここまでで既に長い)

今回、ちょっと落ち込んだりして、あっさりサインしてもらって、退散してきてしまったことを後悔したりしましたが、それもこれも、色々考えすぎな自分のせいなんですよね。

何かネガティブなコメントになってしまってすみません。

さあ、上映会もあるし、ライブにむけてテンションあげていかなくちゃd=(^o^)=b

mayちゃんが無事に愛する慶太クンにたどり着けるかドキドキハラハラしながら読み進めると…
やったー(*≧∇≦)ノ
ちゃんと慶太クンにサインしてもらえましたね!
でも、障害があるとナゼか燃えるのよね(//∇//)
簡単に愛する人にたどり着けないからこそ対面した時の喜びもひとしおよね~。
しかし、慶太クンのフサフサはいずこへ?
私はどっちかって言ったらツルツル寄りが好みです(笑)

はっぱさんへ

はっぱさん、どうした?どうした?
何に落ち込んだのかな?
お仕事が控えてて、慌ただしかったせいもあるよね。せっかく楽しい行事に行けたんだし、ちゃんと慶太クンにサインしてもらえたんだから、ニコニコな日だったと思うよ。
ネッ!!
私なんて、けっこう必死で交換交渉したのよ。ピンクが出た人は皆慶太ファンらしく、わき目もふらずにサインの列に進んで行くから、あせっちゃったv-356
さっさと行ってしまったHさん、薄情だけど、それだけ有頂天だったのよね。「結婚以来、熱がさめた」と言ってたのに、嬉しいことですv-392
だけど、いろいろ、思うことあるよね~

miyokiさんへ

そうね、ちょっとくらいの苦労はあった方がいい。
でも、いつものCD握手会より難易度高かったv-3881回戦は、並んで粘るスペースもないくらい交換希望が多かったの。
KEITAソロであったら、苦労無しなのに、握手会も無かったもんね~e-265
ふさふさはね、慶太クン限定で好きなんです。
「好き」というより、「慶太クンは、ふさふさ」なのを全面的に受け止めてた。丸ごと好きだった。
だから、どういえばいいのか、ちょっと寂しい気がするの。
変な話だねv-392
Secret

     
プロフィール

may

Author:may

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック