ベートーベン(^^)

wktbotさんより
べ?べ!?ベートーベンと僕、誕生日が一緒なんです。笑 12月16日! [2006/10]

すごーい!!慶太クン。
どおりで

制作に励む慶太クン。
11月28日
幾度と様々な事を勉強しても
まだまだ知らない事ばかり。
たった一人の人生では先人の知恵や技術を得る限界が見える。

もっと色々知りたい。
自分が何者なのかも知りたい。
死ぬまでにあと何を学べるだろうか。

きっと私はこの世界の事柄、歴史、ほぼ何も知らずに眠るのでしょう。

11月30日
こういう曲を作りなさいとばかりに
歌詞とメロとコードが頭で急になり始め
作り始めた切ないラブソング。

何かを大切に思えば思うほど
満たされる心と裏腹に
広がる切なさ。
光と陰。
光を浴びる面積が広い程
陰も大きく。

サビのアレンジ完成したから今からAメロ。

同日
11譛・0譌・_convert_20161130222310
コチラ←クリックしたら聴けます

慶太クンの作る曲って、幅広いなーと思う。
「FRAGMENTS」の中でKEITA作の曲
If You Were My Girl
Brand-New Day
Who Is The Gentleman
この3曲も、それぞれ違って、それぞれ良い。
「Backstage」のカップリング
Treasure
これまた、上記の3曲とがらりと違う曲調。
そして、1月リリースの
We Don’t Need To Talk Anymore
これが、また斬新。KEITA作と知らされてなかったら、「外国の人が作ったの?」と思ったかもしれない。

これまで沢山の人からの楽曲提供があったのがw-inds.の強みと思ってたけど、KEITAという制作者が現れ、また一つ強くなったね。
そういえば、慶太クンの数少ない友人の一人であるJUNE君は、そろそろ帰って来るのだろうか?JUNE君もびっくりするんじゃないだろうか。

28日には・・・・
「新曲"We Don't Need To Talk Anymore"MV撮影中。
カッコいい!!」
とのこと。
新曲は、ダンスもすごいんです。
イントロが流れると、慶太クンが「もう、きょう、ここで死ぬのか・・・」と考えてしまうくらい、曲の半ばに激しいダンスがあるの。
自分で作っておきながら、弱音を吐く(笑)
自分を苛めて、慶太クンはSなのか?Mなのか?
リリイベでミニライブをするのも、厳しいご時世なのかなぁ~
ならば、MV公開かつ、ファンクラブライブの映像を公開するのも良いのでは。
カッコイイんだから

その後の慶太クンのツィート
「J-POPサウンドを学ぼうと何度もチャレンジするも根底にあるビート命の魂がいつも邪魔をする。
キックとスネアの鳴り方。
特にサブベースの鳴り。
J-POPサウンドにはそこまで必要ないのだけど拘って鳴らしたくなる。

結果いつも中途半端。笑

自分を捨てるのも勉強ですな。」

うふふ、「ビート命の魂」ってのが、いいね。
何でも製作者には、ぜったいそれぞれの持ち味があるよね。
KEITAらしさがあるって、すごいイイことなんだと思う。
でも「自分を捨てる」のも辞さないって、なかなかやりますな
     

コメント

もう一回こんばんは(^^)/

この「J-popのサウンドを学ぶ」とか「自分を捨てる」とかって。
俗に言う売れ線の曲を作ろうとしているのかなあ。
それは、もしかして、あんまり気が進まないけど世の中の流行りに迎合するってことなのかしら。
慶太くんも色々悩んでいるのかなあ?なんて考えてしまった。

まあ、単に音楽の幅を広げる為の勉強かもしれないけど。
そして、J-popにもいい曲はたくさんあるしね。

いつか、by KEITAで大ヒットをかっ飛ばしてもらいたい。

あんまり売上に貢献してない私がいうのも何だけど(^^;

はっぱさんへ

昨日のリプ祭りで、そこまで頑張る理由は「今いるcrewやスタッフやメンバー皆んなと頂点に立ちたいからしか無いでしょう。 」と答えてるね。
やってくれるでしょう!!
私としたことが、今回の個別握手会に行けなくて残念です。新曲の感想&お誕生祝いを言いたかった。はっぱさん、出来れば行って来てネ

お~!

なんと、慶太クンはベートベンと同じ誕生日だとは!
こ、こ、これは、、、まさに「運命」v-354
音楽に身を捧げる人生を歩むために、この日を選んで生まれてきたのかもね。
ってことは、慶太クンのバックにはベートーベンがついている!?v-8
これはもう、鬼に金棒v-290
私達は安心して彼についていけます。
この先もどんどん才能を開花させ、慶太クンの目指す世界に連れて行ってほしいなv-343

なになに、「自分を捨てる~~~」
色んな思い込みやこだわりを捨てたいけど、これがめっちゃ難しいのよ~。
慶太クン、音楽を通して人間的にもどんどん成長してて頼もしいv-291

miyokiさんへ

ベートーベンとは、こりゃまた、すごいよね(^^)
昔の作曲家達は機械がない中、あんなすごい交響曲の楽譜をよく作ったなーと思うの。様々な楽器を使う曲を・・・。
杉さんとベトナム(だったかな?)に一緒に行った秋川さん、ベンちゃんと呼ばれてたね。髪型からだって(笑)慶太クンも、ベンちゃん(^^)
自分を「捨てる」まではしなくても、意固地にならないのは大事ですよね。捨てなきゃいけないときに捨てず、捨てちゃあかんときに捨てることがあるわ~(^^;

Secre

     
プロフィール

may

Author:may


最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック