美女と野獣

T0021476p.jpg
ストーリーを知ってるから、面白さは半減だな~と思いながら、観に行った。
ところが、どうしてどうして、とても面白かった。良かった。
野獣が倒れて、薔薇が散って、召使たちが次々に本物の道具になっていくとき、泣いてしまったハッピーエンドだと知ってるのに、なんでやねん~
現代は、ほんとに贅沢。時計や燭台やポットやカップや箪笥などなどが、動いて喋って歌う姿を表すのは、昔はアニメじゃないと無理だった。それが、今や技術の進歩で、めっちゃリアルに映像化してくれる。「ひとりぼっちの晩餐会(Be Our Guest )」の楽しいこと!
変に話を変えたり脚色したりせず、魔法のように実写化してくれたのが嬉しかった。

俳優さんたちの歌が上手いのにも感心する。
主役のエマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス、恋敵のルーク・エヴァンス、召使のユアン・マクレガー、エマ・トンプソン、ググ・バサ=ロー、イアン・マッケラン等々。
私は、ぜったい洋画は字幕派。目と耳で、演じる俳優たちを味わいたい。
「レ・ミゼラブル」のヒュー・ジャックマンの歌も見事だったよね。まさしくエンターティナー。
この動画も面白い。



最後に魔法が解けて、野獣が王子になって振り返るの。
ダン・スティーブンスが、初めて顔を見せる!
そのとき、思った。
もし、振り返った、その顔がブサイクやったら!?
たとえば、私の嫌いなあの人(知ってる人は知ってる)の顔だったら・・・・・
キャ~~~~!!いやァー!野獣の方がエエー!野獣に戻って~~
感動のシーンなのに、私ッたら
でもね、真面目な話。
王子の姿に戻って、めでたしめでたしで、ベルも嬉しそうなんだけど、もう姿なんて、どうでも良くない?ベルは彼が野獣の姿でも、十分愛してるのでは?と思った。
姿は野獣だけど、理知的だし優しいし勇敢だし・・・・逞しい。超マッチョ(笑)そして、目がとっても優しくて可愛いの。
野獣の歌う「Evermore」も良かったー
無題

ワンちゃんやネコちゃんだって、恋人のように愛する人が居るんだから、あの野獣だって、そのまま愛せるんじゃないだろか?なんてことは、イケメンハンターの私が言っても、説得力ないけどね
でも、あの野獣の顔は、決してブサイクじゃなかったからね。
魔女も、どうせ魔法をかけるなら、ブサイクにしなきゃ。あの人みたいに。(またまた、こらこら

やっぱり、薔薇が散って、みんなが道具になるところが、私には一番感動的だったってことね^^;
その後は、こんな風に要らんことばかり考えてた。すんません

「ダウントン・アビー」でメアリーの夫マシュー役だったダン・スティーブンスは、もちろんハンサムなんだけど、野獣が実は、こんなんだったら、ウオーー!!ヤッタァーー!!と、mayベルは歓喜の叫びを上げちゃうよ。
imgrc0070372381.jpg
imgrc0070626984.jpg
ちょっとだけ野獣っぽい腕imgrc0070372348.jpg
(もっと生えてて良いのよ)

コメント

No title

ああ~~手甲毛が懐かしいね~~~v-413

pontaさんへ

ひゃ~~。コメント、そこー!?(笑)
いつからか、脛もつるつるだし。慶太クン、毛深いのがコンプレックスだったのかなぁ。
いいのにネ

美女と野獣が公開されてると言う事で、お菓子のチョコパイの箱が美女と野獣仕様になってますね!!

箱を切り開いて軽く組み立てたら飛び出す絵本になるやつです( ̄∀ ̄)

野獣の正体がそんなだったら、イケメン過ぎますね笑笑

たーくんへ

まあ!チョコパイが!?知らなかったですe-451
たーくん、教えてくれてありがとうございます。これは、楽しいですねー。

野獣が~~(笑)

魔法がとけて野獣がフザイクだったら!?v-11
ぎゃ~~~~v-8
思わず想像しちゃったじゃないですかv-8
うんうん、野獣だろうがブサイクだろうが中身を好きになったならそのまま愛しますよ、ベルちゃんは。
きっと私達も、、、ボランティア精神を発揮すれば出来るはずv-391
えぇーーーーどうせならブサイクに魔法をって(笑)
めっちゃ現実的なお話になるけど見てみたいかも~~~~v-407

この写真の慶太クン、色気があるのに綺麗!
見とれてしまう~~~v-10

miyokiさんへ

イケメン!イケメン!と言ってるけど、私も「中味が大事」なのは重々承知でございます。美男・美女じゃなくても、味のある顔・愛嬌のある顔・安らげる顔等々、いろんな良さがあるもんねv-392
でも、あの顔だけはイヤなんじゃ~~e-350

美しい物は美しい。うっとりするのは、人生の贅沢。
慶太クンのカッコ良さ、色っぽさには、いつもうっとりこんですe-349

映画は、とっても良かったので、またYさんと行ってみてネ
Secret

プロフィール

may

Author:may


最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック