映画とかドラマとか

僕のワンダフル・ライフ
サブ1
ベイリーとして犬生を送る前も、犬だった。でも、ほんの子犬の時に野犬狩りに遭って、短い犬生を終える。それから、また犬として生まれ変わり、少年イーサンに出会う。少年イーサンが、可愛い。
0_20171105164601d75.png 
その後、死ぬたびに犬として生まれ変わり、優秀な警察犬として人間に尽くす犬生を送ったり、1_20171105164600c7f.png
可愛い雌犬として幸せな犬生を送ったりする。5_convert_20171105165151.png
ゴールデンレトリバーとして生まれ変わった時は、決して幸せな犬生とは言えず、3_convert_20171105165322.png
どうなることかと思っていたら、なんと初老になったイーサンと再会するのである。
生まれ変わるたびに、違う種類の犬になるのだけど、どれも可愛い。そして、どの飼い主にも無償の愛を注ぐ。その姿が健気でいじらしくて、涙が溢れる。死ぬときには、可哀相で涙、涙。そして、イーサンとの再会に、感涙イーサンが、この犬が生まれ変わったベイリーだと分かった、あのシーンでは、思わず拍手をしそうになった。拍手したかった。
初老のイーサンは、デニス・クエイド。久々に見た。犬の声は、ジョシュ・ギャッド。子犬の時から、おっさん声だから、どうなんだ?と思ったけど、意外に良かったよ。
観て良かったなあ。涼平クンも、公開間もない頃に、観てたのね。
7_20171105170308916.png
ほんとに、久々に涙腺崩壊しました。

ブレードランナー2049
T0021551p.jpg
SF映画の金字塔『ブレードランナー』の続編。前作から30年後の2049年を舞台に、違法レプリカント(人造人間)処分の任務に就く主人公が巨大な陰謀に巻き込まれる様子を活写する。(ネットより)
前作は、なんと1982年公開。話の設定は、2019年だった。
当時のハリソン・フォードの若かったこと!
320_201711051714355b9.jpg
SF映画と言えば娯楽が多い中、この映画は、アートだと思う。全てを解決するヒーローが存在せず、勧善懲悪がはっきりしているのでもない。とても哲学的な内容と、それを表す音楽。映像も美しい。
2019年。映画製作の時は、そんなふうになるかもしれないと思ってたのかな?案外、進んでなくて良かったかも。
しかし、人間って、自分に都合の良い事ばかりするよね。
K、可哀相だった。でも、Kの行動で、私は救われたなあ。
1人で観るには重かった。でも、観賞後、ランチしながら、リトル★ダックさんとラインで感想を語り合って楽しかった。

アフェア 情事の行方
G1WfsetxwzACJhc0QrqDPvFFV7Vc1e2W2d3oXy_0V1ScZ4zqWm0Nwet34zN.jpg
ケーブルTVで視聴中。
第72回ゴールデングローブ賞テレビドラマ部門でドラマ作品賞、ドラマ主演女優賞(ルース・ウィルソン)の2部門を受賞したラブ・サスペンス。各話はパート1・2で構成され、ノアとアリソンそれぞれの視点から過去と現在の物語が語られる。(ネットより)
ノアは、妻と4人の子供が居る教師で、小説家でもある。一家揃ってヘレンの両親(義父は、売れっ子作家)の家で過ごす夏に、レストランで働くアリソンと出会い、愛し合うようになる。不倫である。
アリスンは、幼い息子が溺死した過去を持ち、夫とも、その悲しみや辛さを共有できず慰められない日々を送っていた。
ノアは、思うように小説が認められず、妻にも夫として男として認められていない思いがあり、義父からも精神的圧力を受け、充たされない日々を送っていた。
このドラマ、ただの不倫物だけでなく、事件も起こるので、2人がどう関わっているのかもあって、面白い。
それにしても、不倫をするには、いろいろな理由があるのだろうけど、このドラマでは、「夫や妻では充たされないものが、他者には充たしてもらえるから。」ということかな。
男の場合、妻が子供にばかり愛情を注ぐと、充たされないというか寂しくって、他に求めることがあるように思う。
それと、単に新しいもの、美しいものに惹かれるというのがあるよね。けっこう、この理由が多い?

不倫と言えば、慶太クンの作る曲の設定は、不倫が多い。
一番彼とは、縁がないことだと思うんだけどね。
色々と経験者からリサーチしたみたいよく話してくれたね(~o~)
先日、友人と「なんだ?」「なんだ?」と騒いでたDMDのお仕事風景。
15_2017110518035431f.png
DMD、すみれをプロデュースか!?
hidehikomorinoさんのインスタグラム
hidehikomorinoさんのインスタグラム
hidehikomorinoさんのインスタグラム
11_20171105181031f6b.png12_20171105181030b07.png13_20171105181029bf0.png
砂のような愛で
水のような恋を信じさせていて
いつも待たせていて
ただ夢をみさせて♪
心と体が逆に走って♪

あら?また、報われない恋?

「慶太クンの声を薄くミックスするのはどうか?」とMorinoさん。
Joeさん、「やってみようか」って言ってるみたいだけど、もぐもぐしながらで、「何て言ってるか分からない。」って言われてません?(笑)
面白いなー。
Joeさんに、最近、興味津々な私
14_20171105181028de3.png

KEITAソロを待つ身としては、ちょっと残念だったのだけど、慶太クンが新しい道を進んで行ってるのは、すごく嬉しい。
思いっ切り、応援します

あれ?また、慶太クンで終わっちゃった


コメント

うふふ

いつも思うのだけどmayさんの見てる映画は本当にジャンルが幅広い!
私はドラマでも重たい内容のは見てられなくて途中からチャンネル切り替えちゃう始末でv-356
映画館だとチャンネルを切り替えるわけにもいかず。
なのでmayさんの映画の感想を見てあれこれ空想するわけなんですよv-290
めっちゃお得な体質なので見た気分行った気分になってますv-8

「不倫」に関してはホントに話を聞くだけで充分曲がかけちゃうと思う。
私も1曲くらい書けちゃうかも~~~(笑)
慶太クン、いいお友達もってますね~~~v-8




miyokiさんへ

確かに私は色んなジャンルを観るね。基本的に邦画とアニメは観ないんだけどね。
この「僕のワンダフルライフ」は、今日も、息子にストーリーを教えてあげながら、泣いちゃった。猫派のmiyokiさんにも、観てもらいたいわ。

miyokiさんは、曲と言わず、小説が書けるよ。ずいぶん、聞いてあげたもんねv-388
「事実は、小説よりも奇なり」だよね。
ふられた曲は、慶太クンのお兄ちゃんの経験だとかv-392
慶太クン、恋愛経験、少ないもんね~
Secret

プロフィール

may

Author:may


最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック