輪舞曲 第2回目

今日は、トントン拍子に話が進み、一気に事件解決かと思いきや(な・わけない!)ウェンツ君が自害(?)し、またもや、振り出しに戻ってしまった。
3年間の苦労が水の泡になり、怒る琢己。
帰るつもりで出した手紙が悲しい。手紙を受け取り喜ぶ母を、物陰から見る琢己。どんなに無念であろう。虚しさ・口惜しさ・悲しさ・怒り・母への申し訳なさ・・・いろんな思いを抱えた琢己を見てると、私も胸がつまって泣けてきた。
暗い面持ちでユナの店に行くと、あれほど酷い目に遭ったのに、挫けずに再建に取り組むユナがいた。
「頑張る!」と日本語で言うユナに、「頑張れ」そして「頑張ろう」と言う琢己。元気・勇気を取り戻した琢己が、少しずつ、ユナと心を通わせていく姿に、またまた、じ~ん
ここで流れるイ・ソンチョルの「さよなら」が、GOOD!GOOD!感動を深める。いいね~あの歌
ハラハラ・ドキドキのあとに、じんわり、いい涙を流させてもらい、今回は、とっても良かった。


捜査のシーンで、寒い寒い山の中、冷たい冷たい川の中をジャブジャブ
進む竹野内クン。
これが、前にレポートで読んだシーンだ。竹野内クンは、寒そうな素振りを一切見せず、天晴れな役者魂で撮影に臨んだそうだ。すごい!立派!えらい!よくやった!なんてこと思ってたら、こんなとこでも、涙がツツツツ~
やっぱり、このドラマは家族と共には観れないことを確信した。

コメント

mayさんにとっては一際思い入れの深いドラマになりそうだね!
段々面白くなってきたから、今後に期待してます!v-238

やっと、肩の力を抜いて観れるようになったよv-415
Secret

プロフィール

may

Author:may


最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック