映画&MJTV

昨日は、なんばパークスで色々と楽しんで来た。

まずは、 「あの空をおぼえてる」2回目鑑賞
私みたいに理解力がイマイチな人は、本当は、どんな映画でも2回は観ないといけないね。じっくりと鑑賞できて良かった。
やっぱり、竹野内君演ずる父親は、もっと他者、特に息子を思って、もっと早く強くならなくてはな・・・と思った。そして、1回目は思い出さなかったのだが、私自身の辛かった過去の出来事も思い出して考えてしまった。
20代の頃、私は不幸に見舞われて、どん底に落ちかけていた。でも、駆けつけた夫の顔を見て、自分の悲しみは引っ込めてしまった。きっと、ずっと泣いてやって来たんだろう。紫のレンズのサングラスをかけているのかと思うほど、目の色が変色してた。自分よりも、彼が可哀相でならなかった。
あとは、悲しみを出して甘えられるのは、両親だけど、やっぱり、二人にも出せなかった。両親にとって、娘の不幸は、自分自身の不幸になってしまう。親に、自分の不幸を預けるなんてできない。
夫や両親の「存在」だけを心の支えに、あとは、一人で頑張るしかなかったな。それで良かったと思ってる。これからも、多分そうするんじゃないかな。小さな不幸は分けて持ってもらうだろうけど彼らまで不幸にするようなことは、きっと出きないよ。
映画の雅仁は、とことん、自分の不幸に埋没してたな。私には、できないよ。
そんな話を、初めてほのほのさんにして、ちょっと泣きながら、ランチをした。そう、悲しみは友達に救ってもらうのが一番だと思う。カウセリングもいや。私のことを好きでもない人が、私のことを心配してくれるはずないもん。

気分を変えよう!というところで、ちょうどmipoさんが来て、合流。
なんと、彼女は、キアヌに映画を観に、韓国に行って来たということで、お土産を持って来てくれた。DSC01065.jpg
DSC01066.jpg

これ見て、すっかり、元気になったよ。

その後、なんばパークスでMusic Japan TVの番組収録の見学に行った。
MCは、仙石幸一さん。仙石さん、TVで見るよりも数倍男前だった!ほんとに、イケメン、背も180はあるね?カッコイイのだ。
この日は、2組のア-ティストのライブがあるので、実はそれをめあてに、はるばると難波に行ったのだ。全く知らないアーティストなんだけど、無料だから聴きたい!という「ただ食い精神」。
でも、その貪欲な精神は、正解だった。音楽は、とっても良かった。1組目の「ザッハトルテ」は、アコーディオン・ギター・チェロのトリオ。3つだけの楽器で、あれほどまでに魅了できるとは、すごい。心地よい響きが心に沁みて、ほろほろしたかと思うと、激しくも可笑しい演奏に!手品有り、衝撃の変身ありで、なかなかのエンターティナーだった。
続く「うたまろ」は、ギターを抱えた二人組。一見、なんでもない男の子で、話すときは、とっても初々しくて純朴そのもの。でも、歌い出すと、輝いてた。一生懸命さが伝わってくる。初めて聴く曲なのに、いいなーと思った。
どちらも、CDを買ってもイイナ・・って、思うほどだった。でも、CD買うって、なかなかのことなんだよね。本当に、よほどのよほどの好きさや応援したい気持ちがないと買えないの。私は、w-inds.を応援してるから、ゴメンネ、買えなかったよ。でも、また、ライブがあれば、行ってみたいと思ったよ。
しかし、こうして、世の中には、大勢のアーティストが居るのだよね。上手い人が、一杯一杯居る。TVに出てる人たちなんて、ほんとにほんとに、一握りというか、耳かき一杯くらい?彼らからしたら、「w-inds.がゴールデンタイムに出れないくらい、なにが逆境や!」と言うやろね。自分たちの音楽を知ってもらいたいと頑張る全てのアーティストたちに、TVも他のメディアも色々なチャンスを与えてあげてほしいと思う。
それから言うと、スカパーの音楽番組は、貴重な場だと思う。私自身、w-inds.を知ったのが、スカパーの音楽番組だった。私が、ファンとして出来るのは、まず、「CDを買うこと」。それと、「リクエストすること」。それも、私がハマった同じ経験をしてもらうのが一番だと思い、スカパー音楽番組にリクエストすることにしている。これだと、PVが流れるから、曲だけでなく、ビジュアル的にも効果が有るわけよ。w-inds.は、見てくれでも攻めなくてはネ!全ての武器を使って攻めるのだ
おっと!「全てのアーティスト」と言いながら、やはり、贔屓丸出しになっちゃった
DSC01067.jpg

こんなリーフレットももらったよ。大スクリーンでは、MJTVの番組宣伝が映り、w-inds.の映像(w-inds.TVとGW J-pop祭)も流れた。MJTVさんには、w-inds.を可愛がってもらい、ありがとうごぜェますだMJTV、万歳!!

それから、ケーキセットを食べて、飲み屋にレッツゴー
キアヌ・w-inds.・V6・ハリウッドスター・映画などなど、いろいろな話に花が咲いて、とってもとっても楽しい時間だった。

コメント

「あの空をおぼえてる」って泣ける映画みたいですね。
最近、映画を観に行ってないから観に行ってみようかな。
平井堅の曲がCMとかで流れるだけで、mayさんが頭の中に浮かんでくるんです^_^;
それくらい、mayさんに影響されてます!!笑


あっ!mayさんにお願いしてばっかりなんですけど・・・映画館にもし花男の映画のチラシがあったらもらってきてくれませんか??
えっちゃん、あんまり映画館に行かないもんだから、いつチラシが置かれるかわかんなくって。。。
mayさんが映画を観に行く時に、覚えていたらでいいんで!
お願いします☆

えっちゃんへ

イイヨ、出たら貰っておくネ。昨日は、なかったです。
「あの空をおぼえてる」の男の子は、本当に健気で泣けます私は、あの子みたいに頑張れないだろな…。ぜひ、観てくださいネ

楽しかったね~

昨日はG,Wを満喫した1日だったよー!
映画もやっぱ2回観ると感じることが違って新鮮だしいいね!
mayさんの悲しい想い出も初めて聞いて・・・
一緒に涙が出てその時友達だったら・・側にいてあげられたらどんなに良かったか・・・
って思ったよ・・・

いろんなアーティストさんを聞くと自分の王子の良さや好きさ加減を再確認しちゃって
またまた好きになっちゃうね~(おバカさん)
飲み会も楽しかったよ
いっぱい歩かせてごめんね
友情に感謝感激だよーー!

ほのほのさんへ

ありがとう!今は、ほんまに頼りに思ってるよ。

そうそう、結局、何聞いても見ても、好きな人を思うんだよねーe-266
これが、恋ってもんやねv-415

それにしても、なんばパークスまでの道は厳しかったわ~。お腹弱いのも、気が合うねv-411

うたまろ

考えさせられる映画だったのですね
~mayさんに会ったとき昔辛い事があったなんて考えられない雰囲気でした・・・。

うたまろチョット知られてきたんですか!
わたしの地元県民なので嬉しいです!
娘の大学の学園祭に来てたんですよ~
私はちゃんと聞いてはいないんだけど
w-のCD状況でお店に見に行くと
うたまろの紹介書いてあったりするんで知ったんです。

mayさんは良いお友達がいっぱいいていいですね~v-410
前コメでちょいmayさんのマネしてみたv-413

こんばんは!

あの空をおぼえてる、GWに観に行こうかと企てていたのですが、まだ観られていません!
すみません><;

なかさん

ほんとだ!なかさんと同郷だね。うたまろ、これから頑張って欲しいですもっと聴きたかったよ。

ありがとう。あってはならぬ不幸でした。でも、今ある大切な人を守らなくては…って、本能的に行動出来たんだろうね。大切な人が居れば居るほど、人は強くなれるんかな?
友達、大事にします!なかさんも

あんのんさんへ

あんのんさんには、ぜひ観て貰いたいのよ。エヘヘ~、無理強いはしないよ

「あの空」・・・・。

本当にそのとおりだよね。
mayさんの辛い経験が何だったかはわからないけど、私もきっと親には言えないなあ。
最終的にはやっぱり夫に頼りたい。
だから竹野内君が演じたような男の人とは結婚してもうまくいかないな。
私がお子様だから、やっぱり大人の男性に夫になってもらわねば。
そういう意味では、我が家の「彼」に合格点あげなくては・・・。
普段は憎たらしいけどね(笑
コメントありがとう。TB送ったけどうまく飛んだかな?

ふたたび

ありがとう!恥ずかしいな~v-398
お友達さんのHP覗くかせて貰いました!
切ない映画ですね。
手紙もそうなんだけど私こうゆう感じの現実味のある映画は好きというか~皆何か抱えて生きてる感じがなんかね。。。共感できますね。

hyoutanさんへ

トラバ、ありがとうv-238
>竹野内君が演じたような男の人とは結婚してもうまくいかないな
私も~
でも、「竹野内君が」夫なら、頑張ってみるかも~v-8

なかさんへ

再び、ありがとうv-238
hyoutanさんのレポ、良いでしょう?
切ないけど、暗い映画じゃないのよ。子役が、素晴らしいからv-352
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

もう一度、みんなで手を繋ごう~「あの空をおぼえてる」

『あの空をおぼえてる』 (2008年・日本/115分) 公式サイト 昨日までしっかり繋がれていた小さな手。 一瞬離したその手には、もう二度と触れることが出来ない。 あの日、突然遠い空へと上っていった我が子。 伸ばしても伸ばしても届かない小さなその手?...

プロフィール

may

Author:may


最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック