号泣ソング(T_T)

GyaO 「週末号泣のススメ 2008」
「極上の感涙ソングばかりを集めてみました。
ぜひ、あなたの“泣ける歌”を見つけてください。」

完全無料ブロードバンド放送「GyaO」が、「週末号泣のススメ 2008」を放送中。w-inds.の「EVERYDAY」など5曲を新たにラインナップに加え、特集配信曲総数を109曲とした。

こちらから→GyaO



パチパチ、パチパチ
今回、頑張ってますよネ。これは、3月まで配信されるなんて、嬉しいなぁ。
動画で、慶太クンが「僕らの曲の中で一番泣ける曲です」と言っているのが、「dedicated to you」
これは、私も、前に記事にしたことがある。ココ
本当に、悲しい曲です。
本物の悲しさなので、辛くなる。
失恋で泣くのは、今思うと、そんなに悪くも無いです。そのときは、不幸のどん底だったけどネ


これ打って寝たのが、2時前。
なのに、6時過ぎには目が覚めた。体内時計のせいか?年のせいか?
時間を有効に使えて結構なことだと思おう。
きょうは、もう30日。なんとか、年賀状を済ませてしまおう!

ところで、このニュースも嬉しいけれど、昨日の涼平クンのブログにも、元気をもらえました。
元気というか、清々しくなった。心の綺麗な人に会うと、自分までが浄化されるような気がする。
私が、数週間前に落ち込んだ件です・・・・・
彼は、「そして大晦日には、いつもお世話になっている伍代夏子さん、事務所やレコード会社の先輩方、ベトナムでご一緒した秋川雅史さんの応援をしようかな!」ですって
慶太クンも「ライバルは、多いほど燃える」と言ったり、龍一クンも三浦大知君のことを「日本一」と言ったり、ともかく、彼らは正々堂々としてて潔いなー。
特に、今回、涼平クンのおかげで、すっかり、傷が癒えました。自分自身が悲しいと言うより、彼らのことを思って悔しかったから。その本人が、ああまで、強く明るくいてくれると、すごく心強い。
人を恨まず、羨まず、いじけない、卑屈にならない。これは、人間、大事ですね。
ただただ、自分の理想に向かって努力すること。これが、一番大事なんだと、年の暮れに、改めて考えさせてもらいました。
ありがとう!涼平クン。


コメント

私も!

涼くん、とても素敵だと思いました。
彼は以前からそうだよね。
そう。卑屈にならない。すごいものはきちんとすごいと言う。
簡単そうで人間なかなかできないもんです。
そんな彼がリーダーのw-inds.を好きでいる自分まで誇らしい気持ちにさせてくれます。

ハーさんへ

ありがとう、ハーさん。同じように思ってる友が居て、とても嬉しいです。w-inds.ファンでいて、良かった
涼平クンの強さ、しなやかで見習いたいものです。ほんと、好き…

ええ話やぁ

私達って・・・
知らぬ間に助けられたり元気もらったりしてるんやね
それも世界で1番大好きな人たちに!
そう思ったらホンマにホンマに幸せやね

Vも今年はカウントダウンは蚊帳の外・・・
ウチワ販売もなく(泣)
世代交代といわれればそうなんだけど寂しいよ
でもしっかりついていくよ!
お互い好きな人は違うけど(一緒含む:笑)いつまでも応援していこねーー!

ほのほのさんへ

今ね、この、ほのほのさんのコメント読んで、涙が出ちゃった。
うまく書けないや、この気持ち。
ともかく、私は、ほのほのさんを大事にする!!!
そう思ってるよ。

いつも

コメントありがとうございます(*^.^*)!
mayさんの応援、心強いと思いますよ!(*^.^*)
LOST観ました!昨夜は三話まででした。登場人物沢山ね(笑)まぁ顔はなんとか区別できるかな…?しかし名前がまだ。とりあえず楽しみます!(笑)

あんのんさんへ

おお!ついに着手しましたねv-411
山は高い。道は、遠いですよ。
たっぷりと楽しんでねe-266

今年もお世話になりました

号泣ソング!その時の自分の状態によっても変わりますがEVERYDAYは心にしみますね。
素直に人を応援できる人って、じつは沢山傷ついたり挫折した経験があって、それを乗り越えた上での寛大さだったりするのかも。
涼平君って、優しいけど、とても心の強い人なんでしょうね。
MAYさん、来年も一緒にイケメンを追いかけながら精進しましょう!!

macchiさんへ

今年も、macchiさんとは色々とお世話になったり、一緒に楽しんだりできました。イケメンの取り持つ友情だねv-392
うん、うん、macchiさんの言葉、分かります。
同じ経験でも心が荒んでいく人もいるのよね・・・・・・・。雨や風に打たれても、なおかつ、しゃんとして立ち、花を咲かせるには、よほどの心意気がなくてはならないでしょうね。
macchiさんには、生まれもっての明るさと寛大さを感じます。来年も、よろしくv-238
Secret

プロフィール

may

Author:may


最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック