Seventh Ave. DVD

ちょっとw-inds.に飢えてると言う人も居る今日この頃だけど、なんの、なんの!ライブDVDが、あるではないですか
次の何かがあるまで、じっくりと楽しもう!

12月発売から、もう、何度も観た。
晩ご飯を作りながら、洗い物をしながら、ライブDVD。
自分の部屋でPCしながら、ライブDVD。
集中してしっかり観るのが一番だけど、「ながら」DVDも良い

私が、w-inds.ライブに行ったのは、2006年THANKSが最初だから、2007年JOURNEY、2008年Seventh Ave.と3回目になる。3回とも良かったし、楽しかったし、大好きだけど、やっぱり、2008年ライブが、より良くて進化したと思う。アルバムも、全部大好きだけど、去年の7月発売以降は、もう、Seventh Ave.ばかり聴いている。
「今」が一番好き。これって、幸せだよネ

ライブはアルバムと連動してるけど、曲の流れが違い、違う曲もあり、生バンド(素晴らしい腕前だと思う)で生歌で、お客さんが居て、テンションが全然違うから、面白いよねー。アルバムが出ること。ライブがあること。これに勝る幸せって、ないんじゃない?

22_288_5_1.jpg
「Spinning Around」のオープニング、良いよねー
ユガーミ!ユガーミ!って、のっけから、テンション上がる。エエワ、最高。
「LOVE IS THE GREATEST THING」これって、慶太クンしか歌えない曲と言ったら言い過ぎ?でも、特殊な曲だよね。なんか、ミュージカルの中で歌うみたいな。ライブで聴くと、いっそうドラマチック。
「SHINING STAR」これ、お蔵入りしなくて、良かった。演出、楽しい!前奏のときに、階段にレッドカーペット敷くのって、めっちゃグッドアイデアだよ。ダンサーさんたちがカメラ持ってねェ。そのカメラマンに囲まれながら、花道を進むのがイイ。やっぱり、花道があると面白いことが出来るね。
「New Day」w-inds.の白い衣装とダンサーの黒い衣装が、ダンスに合っててカッコイイ。「オープニングから、ずうっとぶっ飛ばしてパフォーマンスする、そこの勢いが好き」慶太クンと同じ感想デス
「キレイだ」2008ネ年バージョンも好き。顔を見合わせて、ニコニコ楽しそうなんだわ。マルチアングルも、ありがとう。
「十六夜の月」Band Brigeからの流れ、綺麗すぎて「キレイだ」もそうだけど、この「十六夜の月」もいろんなバージョンで聴かせてもらってる。素晴らしい作品だ。
「LOVE」
「Hello」
これらは、テイストが似てると思うんだけど。(「STAY」も。)キレイだし、落ち着くし、「珠玉」の曲たちだと思う。ライブの生歌が、また、いっそう好きなんだよ。慶太クン、確かに確かに、歌がうまくなってると思う。そして、コーラスの涼平クン・龍一クンも上手くなってる。これらの曲が存在できるのは、3人のレベルアップの賜物だよね。歌ってる顔、表情も、すごくいい。

ここまでの衣装は、白色ってのもあって、アイドルぽい。特に、慶太クンのズボンが6分丈なのが可愛くて(笑)上着も小さめ?なんか、ピチピチ感がある。

(Dance コーナー)
三者三様なのが、良いよねー。慶太クンは、今回、サイボーグ人間みたいに出て来る。でっかい3人で出てくるとこ、ちょっと怖いんだなぁ。それに対して、涼平クン登場は、腕を上げて手拍子して、可愛いー!!龍一クンは、松田優作チックで小粋だ。3人の個性が違ってて、すんごい楽しい。
慶太クンのタンク姿も、やっぱ好き。なかなか肌を露出しない清純派ですから、貴重です。一時停止して凝視してみたんだけど、慶太クンのワキ状態よく分からん剃ってるのかしらん?
普通、男のワキがどうであろうと関心なく、むしろキモ~イと思うほうなのに、なんで観察意欲が湧くの?変な私。

ここから先のライブの流れも、好きなのよー
マジックの仕掛けから出てくる慶太クンだけど、タネが分からない。
「I'm a Man」で始まるゾクゾクダンスナンバーコーナーだよ
「I'm a Man」は、けっこう何度も見せてもらってる。いつ見ても、カッコイイ。
「Urban Dance」は、ライブだと生バンドの音が利いてるよね。これも、「RELOADED」も、アルバムで聞くよりも、ライブだと数倍映えるんだ。ダンスありきの曲。アルバムで聴いたときの好き度とライブでの好き度の差が最も大きい2曲だ。
「RELOADED」は、小さな会場よりも大きな会場になってから、ますますカッコ良くなった。3人が、3方に分かれてダンサーさんと2人でパフォーマンスするんだよねー。その掛け合いが、とてもカッコイイ。慶太クン、挑発的だし、マイクスタンド技も有り。

代々木では、ここで、「CAN’T GET BACK」をやってくれたんだ。
震撼したね。一目会った・・じゃなく、一耳聞いた・一目見ただけで、惚れた曲。まさかの両A面で、まさかの公開最少シングル曲になっちゃったけどネ貴重デス

ここまでは、ジャケット着用で、大人な雰囲気。
ここから、ジャケットを脱ぐ。Tシャツ姿の慶太クン、とたんに可愛い感じになる。ハットも無いから。慶太クンのハットは老けます。それにしても、やはり、慶太クンの腕は太い。腕を曲ると自然に力瘤が出来たりする。

22_288_9_1.jpg
「ブギウギ66」これは、絶対、ダレでもノレる曲だよね。実際、私も、神戸で初めて聴いたとき、ノリノリで踊れたもん。韓国でやったときも、レコ大や紅白でやったときも、良かったよねー。慶太クンの声にも合ってる。これは、花道が出来てからの、縦1列のパフォーマンスが新鮮だ。
「まだまだやれるはずなんだー」と歌いながら、花道を戻る慶太クンの後姿のヒップ・・・・好きお尻の綺麗な男が好きです。

「Beauthiful Life」も、ライブの流れで聴くと、より楽しい。これも、ミュージカルの中の歌みたいだから。ダンスが可愛い。

そしてそして、大好きな「アメあと」だ。
2000回くらい聴いてるけど、飽きない。涼平クンと龍一クンのダンスが、好きなんだ。特に、張り切ってる感じがするの。ダンサーさんも居ないし、慶太クンも踊らないからか?
ここでも、慶太クンの美尻リズムとって歩く後姿に、キュン~
代々木では、ここで「STAY」。間奏のピアノが美しく、そこに涼平クンと龍一クンのラップも有りで、不思議な融合。いいよね、この曲も。神奈川でも、歌ってくれたよネ

最後の「TOYKO」
これって、ライブで最高峰に達したと思う。
何故、シングルにしなかったんだろ?マニアックな曲じゃないから、耳にすっと馴染むし、w-inds.の等身大の内容だし。かなり、人々の胸を打つ曲だと思う。その上、ダンスもカッコイイんだよ。聴かせつつ、ダンスを見せる。圧巻だ。

22_288_14_1.jpg
アンコールが、また、楽しいんだ。
アンコールだけ見る時も多い。だって、慶太クンの笑顔満載なんだもん。可愛いんだよォォォー
その可愛さが、爽やかでありつつ、何故かセクシーでもあり。なんなんだー、慶太クンは。
ほんと、3人とも、ともかく楽しんでるように見える。はしゃぎつつ歌う。そして、走る。元気だ。
慶太クンが、途中龍一クンに抱きつくんだけど、龍ちゃん、ポ~だよ。
花道を3人揃って移動するのが、何気に痺れる。一緒に歩いてるだけで、ウワ、ウワ、カッコイイー!
「Don’t give up」は、アルバムでも大好きだったけど、アンコールにぴったりな元気で明るい曲。ライブでも、手拍子したりパラパラしたりで楽しんだけど、DVD見てても、やっちゃうね。メンバーもダンサーも、すごく楽しそうだし。
代々木では、シングルメドレーがあって、これが良かった。1コーラスずつの短いバージョンでいいから、シングルメドレーがあると、ほんとに楽しいね。「約束のカケラ」の輪になって踊るとこ、大好き。この日は、沢山のダンサーが来てて、それぞれの曲で踊ってくれたのが良かったなぁ。
「Winter story」って、葉山さん独特のキラキラ感と切なさが織り込まれた可愛い曲なんだ。子どもの頃の曲だけど、美青年の今、歌うのもすごくイイ。マルチアングル「慶太」、とにもかくにも笑顔だらけ。これ見てる私の顔が、でれでれになってて、ヤバイです。
「蝉時雨」と「Fire Flower」は、武道館。デジャブを引き起こしそうだよ。
そして、代々木では、嬉しいダブルアンコールだったのだけど、これが、まさかまさかの両A面シングルの「EVERYDAY」。初めて聴いたとき、ポカンとしたわ。CDについてるPVと少し違ってる。花道歩いてるときの、涼平クンと龍一クンのタッチが入ってて良かった。


ともかく
ライブDVDを毎日、堪能してます!
最高のライブでした。
w-inds.が居てくれて、歌って踊る姿をライブで観れる。究極、それだけでも、良いんだ。
確かに、私は、2008年に、それを見させてもらった。ライブのときは、少しでも良い席に行きたいと願ってたけど、こうして、DVDにしてくれるなら、ライブのときは、とにかく参加してそのときを楽しんでいたら十分かなと思う。実際に行ったライブの思い出とDVDとが、今、私の中で結ばれた感じがする。
DVDにしてくれて、ありがとう。最高のプレゼント

コメント

あ~

mayさんが熱く語るから
またDVD観たくなってきた~v-398
DVDって腰を落ち着けてじっくり観るもんだと思っていたけれど、なるほど~『ながらDVD』ネv-411
・・・でも、やっぱり見入っちゃうかも(笑)

oka-chan へ

エヘヘ
実は、昨日じっくり観すぎて、満腹状態v-8
やっぱり、好きも、ほどほどかな~
今日からは、違うライブDVDにするかも(笑)

すごい!!

えっちゃんは「ながら〇〇」が苦手なんです。σ(^-^;笑
始めはバランスよく2つのことをやってても、気付いたらどっちか1つに集中しちゃってて…。

それに、今までDVDを何かしながら見たことがないです。笑

mayさんはやっぱ違いますわ!!笑


w-inds.は仕事をしているんだろうけど、メディアで見れないから寂しいですよね。

早く今現在のw-inds.が見たいなぁ~☆

えっちゃんへ

ほんとは、じっくり腰を据えて観るのが一番なんだけ、ただTVつけてるよりは、断然イイよねワークス出たら、交代だネ

わお~!!

mayさん、熱いです~v-42
私も一緒に語りたーい!!

龍ちゃんが慶太くんに抱きつかれるシーンと、名古屋のアメあとの合唱のシーンを何回も私は観ていますv-290

Ruuさんへ

こないだは、DVD鑑賞、あまり出来なかったもんね。ソファに座ってしっかり観つつ、キャアと言ったところで一時停止し感想を述べ、また次に進む…と言うのは、どうでしょう?
エヘヘ~かなり、時間がかかるね
Secret

プロフィール

may

Author:may


最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック